TAG LTC

ニュース

トランスファー・ゴー社が仮想通貨の取引を開始 送金業者としては世界初

ブルームバーグが報じたところによると、イギリスを拠点とする送金業者「トランスファー・ゴー(Transfer Go)社」がビットコインなどの仮想通貨による取引を開始したことが明らかになりました。送金業者としては世界初となります。 トランスファー・ゴー社が仮想通貨の取り扱いを開始 「トランスファー・ゴー(Transfer Go)社」は、送金業者としては世界初となる仮想通貨の取引を開始しました。 現時点で、取り扱いの対象となっている仮想通貨は「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」「イーサリアム(Ethereum/ETH)」「リップル(Ripple/XRP)」「ライトコイン(LiteCoin/LTC)」「ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)」の5種類となります。 2012年に創業したトランスファー・ゴー社は、国際送金のソリューションを提供し現在、60万人を超えるユーザーが登録済みで、自己資金は20億円ほどの企業です。提携する銀行の数は30行あり、世界中の国際送金をスムーズに進めています。 トランスファー・ゴー社のCEO(最高経営責任者)で創業者であるダウマンタス・ドビリンスカス(Daumantas Dvilinskas)氏は 「サービス開始後の数時間で、4000人以上のユーザーが登録した。簡素で信頼できる投資や取引のソリューションを求める市場の需要はとても高い」 と述べています。 ウェスタンユニオンでは 世界中で送金サービスを提供するウェスタンユニオンは2月、「Ripple(リップル)」のブロックチェーンをベースにした決済システムをテスト運用していることを認めています。しかし先月、仮想通貨送金ソリューションを業務に追加する計画が当面ないことを表明しました。 まとめ イギリスの大手送金業者「トランスファー・ゴー(Transfer Go)社」は、主要の仮想通貨5種類を対象とした取引を開始しました。これは送金業者としては世界初となる試みとなりました。これにより、「早く、安全に」という決済手段としての地位の確立への第一歩になったかもしれません。今後もトランスファー・ゴーに注目が集まります。

ニュース

マルタ島 仮想通貨と現金の両替を可能にした「ビットコインATM」設置

イタリアの南側、地中海の中央位置する島国「マルタ共和国」はブロックチェーンの先進国とも呼ばれ、世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」がマルタ島に拠点を移し、注目を集めました。そんなマルタに仮想通貨と現金の両替を実現した世界初の「ビットコイン(Bitcoin)ATM」が設置されたことが明らかになりました。 仮想通貨と現金の両替を可能にした世界初の「ビットコインATM」 マルタでは仮想通貨に関する事業が盛んに行われています。そして14日、ATM製造会社「MoonZebra社」がマルタ島に、仮想通貨と現金の両替を実現した世界初となる「ビットコインATM」をローンチしました。 今回MoonZebra社がマルタ島に設置した「ビットコインATM」は以前から海外で存在しています。これは気軽に仮想通貨「ビットコイン」の売買を行うことができる手段のひとつとして大きな反響を呼びました。 MoonZebra社のLeon Siegmund氏は ビットコインATMはブロックチェーン技術でもたらされる興味深い技術革新ではないかもしれませんが、これは一般の人々の興味やビットコイン利用を増やす重要な方法の一つです。 と述べています。 まとめ 今回MoonZebra社がマルタ島にローンチした「ビットコインATM」は、現時点で取り扱いの対象になっている仮想通貨はビットコインのみだといいます。今後はアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の売買も実現していくそうです。米国や欧州でもビットコインATMの普及が進んでいるなか、仮想通貨とブロックチェーンに積極的な姿勢をみせる「先進国」マルタ島に今後も注目が集まります。

ニュース

ドイツで2番目の証券取引所 仮想通貨取引アプリ「バイソン」のリリースを発表

ドイツで2番目の規模を誇る証券取引所「ベールゼ・シュトゥットガルト」が、2018年の秋に手数料無料の仮想通貨取引アプリをリリースすることを発表しました。 手数料無料アプリ「バイソン」 ベールゼ・シュトゥットガルト取引所は、1,000億ドルの取引高を持つと言われています。 フィンテック・スタートアップの「ゾーワ・ラブス」との共同開発で誕生したアプリは「バイソン」と呼ばれ、リリース時にはBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)の4種類の仮想通貨が取引に対応しています。 さらにバイソンのプラットフォームは、ユーザーに人工知能データ分析ツール「クリプトレーダー」を提供します。クリプトレーダーは、日々25万件以上の仮想通貨に関するツイートを分析し、コミュニティのセンチメント状況をリアルタイムで提供します。 世界初の仮想通貨アプリ 2018年5月17日、バイソンのプロトタイプが「インベスト・イン・シュトゥットガルト」で公開されました。 ゾーワ・ラブスの取締役であるウーリ・スパンコウスキー氏は、バイソンについて「従来型の証券取引所によって運営される世界初の仮想通貨アプリだ」と述べています。 ゾーワ・ラブスは、1000人以上の参加者を対象にしたベールゼ・シュトゥットガルトの調査が、投資家の大多数が仮想通貨市場への「より容易な」アクセスを望んでいることを主張しています。 機関投資家へ向けたサービス また、ドイツにある銀行「VPE Bank」が、機関投資家へ向けた仮想通貨取引サービスを開始しています。 このサービスは、デジタルバンキング・プラットフォームを作る技術会社「solarisBank」との提携によって開発されました。 VPE Bankのように仮想通貨のサービスを積極的に行うことで、ドイツだけでなく世界的に良い流れができることが期待されるでしょう。 まとめ ブロックチェーン技術を活用したアプリが数多く誕生し、仮想通貨アプリも新しく作られています。いまでは様々な業界で活躍している仮想通貨ですが、国民全員が良いように思っているわけではありません。過去の事件が染み付いて、未だにネガティブなイメージを持っている方もいます。その状況で、次はどのような業界とつながるのか、今後の仮想通貨の動きに注目が集まります。

ニュース

アジアで仮想通貨取引所が次々と開設 仮想通貨の取り扱いも多数

現在、世界では新たな仮想通貨取引所が設立されています。アジア圏でも新しい仮想通貨取引所が続々と開設を発表し、注目を集めています。 タイ「Jibex」 タイでは、国内の150店舗でハードウェアやIT製品の販売代理店業をおこなうJ.I.Bコンピューターの資本提携により、「Jibex」という仮想通貨取引所が開設されました。 Jibexでは、BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)の5つの仮想通貨がリストされています。 そんなタイでは、財務省が仮想通貨で得た利益から15%の資本利得税を徴収することを計画しています。しかし、税の徴収であるため仮想通貨に対する制限や禁止にする計画はないそうです。 韓国「Coinbit」 韓国のゲーム製作会社Axia Softが「Coinbit」という仮想通貨取引所を開設しました。Coinbitは、オープンした記念に2018年5月末まで取引手数料を無料にするキャンペーンを行っているようです。 現在、BTC(ビットコイン)をはじめとする仮想通貨50種類をリストしており、年末までには100種類以上を取り扱うようです。 韓国では、中国のアプローチと同様に2017年後半にICOが違法となりましたが、将来的にはこの規制は緩和され、SECと同様の投資仮想通貨保護政策が適用される可能性があると言われています。 ベトナム「Kenniex」 ベトナムでは、ホーチミンに本社を置く仮想通貨取引所「Kenniex」が開設されました。 Kenniexはベトナム初の仮想通貨取引所であり「効果的な投資援助を受けることができる」としています。 ここでは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)の2種類を取り扱っており、今後もDASH(ダッシュコイン)、ZEC(ジーキャッシュ)、USDT(テザー)が取り扱い開始になるとされています。 まとめ 世界各国で仮想通貨取引所が開設されていますが、アジアでも波に乗るように開設を発表し注目を集めています。韓国に関してはICOが違法となりましたが、将来的に規制が緩和していくとされています。勢いがすごい仮想通貨産業から、目が離せません。

ニュース

大手銀行を顧客に持つKxシステムズ 仮想通貨トレード機能の追加を発表

2018年5月14日ソフトウェア開発会社のKx システムズが、仮想通貨トレード機能を追加したことを発表しました。 仮想通貨取引はKx システムズのホワイトレーベルFX取引プラットフォームであるKxフォー・フローが行うようです。 Kx システムズとは Kx システムズは実績あるソフトウェア会社で、アメリカに拠点を置いています。顧客にはゴールドマンサックスやGSAキャピタル、モルガン・スタンレーなどが名を並べています。 Kxフォー・フローは※HTML5によって設計されたFX取引用のプラットフォームです。先物取引やレアメタル、CFDなどの取引を行っていましたが、同プラットフォームはこれらに新しく5種類の仮想通貨が加わったことになります。 新たに5種の通貨を追加 Kxフォー・フローの顧客は、BTC(ビットコイン)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、ETH (イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)の5種類の通貨の取引を行うことができます。 Kx システムズのトップに位置するリッチ・キール氏によると、今回の仮想通貨取引の開始について「主に顧客獲得を目的としたもので、仮想通貨への問い合わせが殺到している」と述べています。 まとめ 世界的に普及している仮想通貨は、生活の一部として仮想通貨を利用している方がいるでしょう。そのためか、仮想通貨取引を始める企業が多くなってきました。Kxシステムズも仮想通貨による取引を開始したことを発表しました。様々な業界に参入している仮想通貨に、注目が集まります。

ニュース

GMOコインの貸仮想通貨サービス 新たに4種類の通貨を取り入れる

GMOコインは2018年の4月より「貸仮想通貨」というサービスを行っています。当初は、BTC(ビットコイン)のみが対象通貨となっていましたが、5月から4種の仮想通貨を取り入れることを発表しました。 貸仮想通貨サービスとは? ユーザーが保有している仮想通貨をGMOコインに貸し出すことによって、貸し出した仮想通貨の数量に応じた賃借料を受け取ることができるサービスです。このサービスを利用している間は、預けているBTC(ビットコイン)の売買を行うことはできません。 今回BTC(ビットコイン)の他に、新たにBCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)の4種の仮想通貨が加えられました。 マイニングに力を入れるGMOコイン 2017年の5月末に取引を開始した仮想通貨販売所です。GMOコイン株式会社が運営しており、仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大で10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。 GMOコインはマイニング事業にも力を入れているようで、月次報告によると2018年3月のビットコインのマイニング量は295BTCで、4月は373BTCとなっています。ハッシュレートも3月は129PH/s、4月には241PH/sとすごい勢いで増えています。 今後の仮想通貨事業に注力 また、GMOフィナンシャルホールディングス株式会社は決算説明会の中で、今後仮想通貨事業に力を入れていくことを明らかにしました。 GMOといえば、2018年の1月〜3月にかけて仮想通貨市場全体が急落したことで、GMOコイン株式会社は収益を下げました。 しかし、GMOは今後も大きく成長していくと判断し、貸仮想通貨サービスや交換取引所の設置、そして金融庁による業務改善命令の対応を行なっていくと方針だそうです。 まとめ GMOコインが行なっているサービス「貸仮想通貨」で、BTCの他に4種類の仮想通貨の取り扱いも開始しました。仮想通貨を貸して数量に応じて賃借料を受け取るという新しいシステムですが、どれほどのユーザーが利用するのでしょうか。7億6200万円の赤字を発表していましたが、今後力を入れていく方針というGMOに注目が集まります。

ライトコイン

仮想通貨「ライトコイン」とは?初心者のために解説

昨年の2017年は、仮想通貨がメインストリームになった一年でした。仮想通貨の代名詞である「ビットコイン」は1000ドルを切っていましたが、一時は2万ドル近くまで高騰しました。それと同時に、仮想通貨市場に対する不確実性や不安性などの懸念材料が増えてきているのも事実です。 もし仮想通貨の購入を考えている人なら、ビットコインだけでなく、その他の仮想通貨(アルトコイン)についても理解を深める必要があります。 中でも「ライトコイン(Litecoin)」は初期から存在し、人気があるアルトコインのひとつです。ビットコインを「金」とするならば、ライトコインは「銀」を目指すというコンセプトで始まったコインが「ライトコイン」です。そこで今回は、遅咲きながら「アルトコインの先駆け」と呼び声が高いライトコイン(LTC)について、初心者の方でも分かりやすく解説していきます。 ライトコインの歴史 ライトコインはアルトコインの中でも歴史は古く、ビットコインの次に古い仮想通貨です。ビットコインの開発者は「サトシナカモト 」という現在も謎の人物ですが、ライトコインはきちんと開発者が存在します。元GoogleのエンジニアCharlie Lee(チャーリー・リー)氏により開発され、ビットコインが公開されたおよそ2年9ヶ月後の2011年に公開されました。 ちなみにチャーリー氏の兄であるボビー・リー氏は「中国三大取引所」とされている「BTCC」のCEOです。そんなライトコインの開発者のチャーリー氏は、以前より仮想通貨が身近にあった環境だったと言えます。 仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは ライトコインは仮想通貨のひとつで「アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)」です。単位は「LTC」。ライトコインはビットコインのプログラムを基盤としていて、ビットコインの性質を保ち、さらに流通を潤滑にする通貨を目指して開発されました。 ライトコインの「ビットコインは金・ライトコインは銀」と表現されるのは、ビットコインの欠点を、ライトコインが補うということをコンセプトとしているためです。 ビットコインの欠点のひとつに、約10分も送金に時間がかかり「承認時間が遅い」という点が挙げられます。一方のライトコインの承認時間は約2.5分で、ビットコインのおよそ4分の1になります。承認時間が早く行われるということは「二重送金」が起こりにくくなり、多くの取引を処理できます。このようなメリットはビットコインの問題点を解消していると言えます。 ライトコインの特徴 ライトコインの特徴は大きく分けて3つあります。 1.決済や送金に最適 2.承認時間が速い 3.LitePay(ライトペイ) 特徴-1 決済や送金に最適 ビットコインの発行上限料は2100万枚ですが、一方のライトコインは4倍にあたる8400万枚です。また、ブロック処理速度が4倍のため、通貨のインフレ率が同等となるように設計されています。埋蔵量からしてもビットコインよりライトコインの方が多く流通しますが、ビットコインに比べると通貨の価格は高くありません。 しかし、多くのニーズに対応できるため、日常生活においての決済や送金などには適していると言われています。また、円やドルや他の仮想通貨をとも換えることも可能で、取引手数料もかかりません。さらに、この取引手数料については、金融機関の送金はもちろんのこと、他のアルトコインと比べても安価に設定されています。 特徴-2 承認時間が速い ライトコインは国際間送金もスピーディに行うことを実現させました。さらに「ブロックチェーン」により、やり取りの証明もすることが可能です。そんなライトコインは、連日数千万ドルもの売買取引が取引所で行われていて、見事な安定性を保ちながら売買市場が成り立っているのです。 その一方で「取引承認時間が速まる」ということは、メリットだけではなく「安全性」の面でデメリットがあります。ブロックが生成される時間が、約2.5分に短縮されるということは「マイニングの難易度がより低い」ということです。これによりマイニング(採掘)を行う「マイナー」が報酬を得やすくなります。 特徴-3 LitePay(ライトペイ) ライトペイ(Lite Pay)とは、ライトコイン専用の支払い端末です。ビットコインが決済に使用できるビットペイ(BitPay)は既に普及していますが、ライトペイはビットペイと比べ「高速で低コスト」を実現しました。このライトペイのシステムを店舗が導入している場合、客が店舗に支払った時点での価格を保証します。 つまり、店舗側が懸念する「価格が変動するリスク」はライトペイが担うのです。また、通常クレジットカードでの決済は、およそ3%の手数料がかかりますが、ライトペイは1%という低コストで、ライトコイン支払いをする事が可能となりました。 2017年にライトコインが高騰した理由は「セグウィット」? 昨年、ライトコインは急騰しましたが、その要因のひとつに「segwit(セグウィット)の導入が深く関わっている」という声があります。セグウィットを語るには「ブロックチェーン」について理解する必要があります。簡単に解説すると、取引データをひとつにまとめ(ブロック)て暗号化し、その暗号を第三者が解くと取引が承認されます。さらにまた次の取引データへと繋げていく、というのが「ブロックチェーン」基本の考え方です。 この「ブロック」に収められる容量は限られているので、取引量が少量であれば問題ありませんが、取引量が増えると“処理待ち”になる取引データも現れ、承認がなかなかされない、という事態になってしまいます。 そこで「入れ物の大きさ」を変えることが出来ないのならば、中身を圧縮して小さくしてしまいましょう、というのが「セグウィット」の基本的な考え方です。 ライトコインは「マイナー」にこの「セグウィット」の導入するあたって、賛否を問う投票を敢行したところ、実に約75%が賛同し、スムーズに導入が決まったと言われています。 まとめ ライトコイン(LTC)はビットコインから派生した仮想通貨というだけあって、ビットコインと比較されることが往々にしてあります。仮想通貨の代名詞・ビットコインは絶大な人気を誇っていますが、利便性を鑑みると、ビットコインよりライトコインのほうが優れている点は多く存在します。 特にライトコインは、ビットコインよりも日常的に利用するのに適していると言われています。仮想通貨は徐々に「投機利用」から「日常利用」に変化しつつありますが、それが進むにつれ、ライトコインが再びスポットライトが当てられる可能性が高いでしょう。現にカナダでは、ライトコインで決済が可能なATMが導入されています。これは今後ライトコインなどの仮想通貨が「決済手段の主流になる日」を示唆しているに違いありません。