TAG GMO

仮想通貨

仮想通貨の「クラウドマイニング」とは?特徴、仕組み、将来性を解説

鉱山から金を「採掘」するイメージになぞらえ、仮想通貨の「マイニング」と呼ばれる作業、またはそれに関連する事業に参入する動きが広まっています。ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の普及に伴い、このマイニングの競争は激化しているといえます。日本をはじめ、電気代が高いとされる国では、大きな利益を生むことは以前に比べ非常に困難になりました。特にマイニング初心者の個人の力では尚更です。 「マイニング」の方法とは、「ソロマイニング」「プールマイニング」「クラウドマイニング」の3種に大きく分けられます。 今回は、その中でも現時点で、報酬を得る可能性が高いとされる「クラウドマイニング」の特徴、メリット・デメリット、注意点と将来性についてまとめました。 「クラウドマイニング」とは 仮想通貨のマイニング方法のひとつ、「クラウドマイニング」とは、マイニングを行っている企業または団体にお金を払うことで、マイニングによる報酬を手にするというものです。株式投資でいうところの「配当」を受け取れるイメージに近いといえます。 通常、マイニングを個人で行って利益を得るには、専門的な知識は当然のこと、高性能なPCや設備などが必須となりますが、クラウドマイニングであればこれらは不要です。つまり、実際にマイニングを行うのは企業や団体のため、初心者の方でも手軽にマイニングに携われるということです。 「クラウドマイニング」のメリット・デメリット クラウドマイニングのメリット ・ 専門的な知識、PC、設備が不要 マイニングを行うには、膨大な計算作業が必要になるため、ハイスペックなPCを大量に駆使しないと対応できません。そして、マイニング自体は業者が行うため、マイニングの調整や日々やらなくてはならない作業も必要ありません。 ・電気代などのランニングコストがかからない 仮に24時間稼働させているとすると、電気代の負担が相当なものになります。日本を含め、電気代が高いとされる場所では、利益を出すのが困難です。現在、世界的にもマイニングが原因の「電力不足」が懸念されています。 ・投資先(業社)から報酬を受け取れる これがクラウドマイニングの最大のメリットではないでしょうか。代行しているマイニング業社が利益を発生させる毎に、全てのユーザーに報酬として分配されます。お金さえ払えば「何もせずに」マイニングによる恩恵が受けられます。 クラウドマイニングのデメリット ・詐欺案件が多発している 「クラウドマイニング事業を行う」と謳い、資金の集めた後にそのサイトが消滅する、資金を調達したものの実際にマイニングを行なわない、といった事例が相次いでいます。このことからも、クラウドマイニングは「業者選定」が一番重要になります。 ・マイニング業社の倒産によるリスク こちらは「詐欺」ではありませんが、やはりマイニング業界の競争は激化しているため、投資した先の業者が競合に敗れ、倒産する可能性があります。そうなると投資した金額にかかわらず、お金が戻ってこないというリスクがあります。 ・利益率が低い 「ソロマイニング」であれば、マイニングによる報酬は全てが自分のものになりますが、一方のクラウドマイニングは企業が代行するため、マイニングに成功する確率は高いといえますが、その報酬は、企業の取り分や他のマイナーへ「分配」されるので利益率は下がります。 「クラウドマイニング」の注意点と将来性 クラウドマイニングの注意点 現在、マイニング自体の難易度が上がっていると言えます。投資の世界では「絶対に儲かる」は「絶対」にありません。 仮想通貨ブームに便乗し、甘い話を持ちかける人や、そもそも詐欺が目的の業者も存在するので、十分に注意が必要です。特に高配当を謳っている業者は警戒したほうがよいでしょう。 クラウドマイニングを始めるにあたって、専門的な知識は不要と前述しましたが、取り扱うのは、法定通貨だけではなく「仮想通貨」が関わってくため、仮想通貨の最低限の知識を蓄えるべきです。そうすることで、クラウドマイニングによる報酬を得る成功率を上げることができるでしょう。 クラウドマイニングの将来性 クラウドマイニングは海外の業者が中心となって行われてきましたが、日本の大手企業もクラウドマイニング事業に続々と参入を果たしています。「GMO」「DMM」「SBI」という名だたる企業が動き始めています。 仮想通貨のマイニングに関しては、中国が先駆けて行っていました。日本企業は後発組といえますが、インターネット関連の金融企業として大きな規模を誇っています。このことからも、日本のクラウドマイニング市場は明るいものとなるでしょう。初心者の方は、日本企業のクラウドマイニングサービスに参加してみてはいかがでしょうか。 まとめ クラウドマイニングに参加する場合は、さまざまなメリットとデメリットを比較し、正しい情報を集めて自身で検討し、決定することが大切になります。日本の大手「GMO」「DMM」「SBI」がこぞってクラウドマイニング事業に参入しているということは、仮想通貨によっては「利益を出せる」算段が企業にはあるということです。まだまだ利益を出していける可能性を秘めている投資だと言っていいでしょう。 しかし、投資には「100%」はないので、リスク分散も兼ねて、あくまでも「余剰資金」の一部を使ってクラウドマイニングに投資してみるのも手かもしれません。成長著しい仮想通貨市場に今後も注目が集まります。

ニュース

GMOインターネットが提供する「CryptoChips(クリプトチップス)」報酬に仮想通貨を配布

インターネット関連のサービスを提供する「GMOインターネット株式会社」は、ゲームアプリ内で、仮想通貨の元祖・ビットコイ(BTC)を報酬として配布することが出来るサービス「CryptoChips(クリプトチップス) byGMO」を開発したことを発表しました。今年の夏季に提供される予定だといいます。 「CryptoChips(クリプトチップス)」とは 「CryptoChips(クリプトチップス)」は、実装されたゲームアプリ内のプレイヤーは、ゲーム内の条件に応じて、ランキング、ミッションを達成した時、アイテムの獲得時など、ゲーム内の「報酬」として配布することが出来るシステムです。この「報酬」となる仮想通貨はユーザーが、あらかじめ登録をしたウォレット(仮想通貨口座)へ配布されます。「秘密のおこづかい」のように、仮想通貨を受け取ることが可能になります。 GMOインターネット株式会社は、「仮想通貨をより身近に感じてもらう取り組み」のひとつとして、「CryptoChips(クリプトチップス)」を開発しました。対応タイトルの第1弾に、2018年8月に提供するゲーム「ウィムジカル ウォー(Whimsical War)」に実装するとしています。 GMOインターネットが提供する「GMOマイナー」 GMOインターネット株式会社は、仮想通貨関連の事業に注力しています。最近では、仮想通貨を採掘するマイニングマシン「GMOマイナー」の販売開始すると発表をしています。マイニング(採掘)をする際には膨大な量の電力が必要になり、かねてより問題視されています。 しかし、「GMOマイナー」は「一般的な現行機種を上回る電力性能を実現した」(GMOインターネット社)と述べています。これにより、マイニングにおける収益性が高まるといいます。 また、同社の従業員の給与の一部を、仮想通貨「ビットコイン」で受け取れる制度を導入するなどして、社内外で、仮想通貨を利用する様々なことに取り組んでいます。 まとめ GMOインターネット株式会社は今回の「ウィムジカル ウォー」への実装を皮切りに、同社のグループが提供する、別のゲームアプリと他社ゲームタイトルにも「CryptoChips(クリプトチップス)」を実装していくそうです。仮想通貨事業に積極的な姿勢をみせる同社は、今後日本の仮想通貨市場に大きな影響をもたらすことでしょう。今後もGMOインターネットの動向に注目が集まります。