TAG bitFlyer

ニュース

仮想通貨取引所「ビットフライヤー」を含む5社以上に業務改善命令

日本経済新聞によると、金融庁が「仮想通貨交換業者」の国内最大手である「ビットフライヤー(bitFlyer)」を含む「QUOINE(コインエクスチェンジ)」などに対して「資金洗浄(マネーロンダリング)対策」など、内部管理体制に不備がみられたとして、業務改善命令を今週中に下す方針を固めたと明らかにしました。 「bitFlyer(ビットフライヤー)」を含む5社以上に業務改善命令 今回、金融庁が下す業務改善命令の対象になる仮想通貨交換業社は、「bitFlyer(ビットフライヤー)」「QUOINE(コインエクスチェンジ )」「bitbank(ビットバンク)」など、5社以上にも上るといいます。 このような金融庁の決定の背景には「預かり資産」が急速に拡大しているため、国内の仮想通貨交換業社に対して厳しい姿勢をみせていく方針だそうです。また、既に3月に業務改善命令が下されている「テックビューロ(Tech bureau Corp)」「GMOコイン」に対しても、2度目となる処分を視野に入れていると報じらています。 日本経済新聞が報じた内容によれば、金融庁が登録業者に対して行なっている検査の結果、「マネーロンダリング対策」をなどの管理体制が不十分であったと判断し、業務改善命令に至ったとの事です。 まとめ 国内最大手「ビットフライヤー(bitFlyer)」や「QUOINE(コインエクスチェンジ)」に対して金融庁が、業務改善命令を今週中に下す方針を固めたことが明らかになり、仮想通貨市場には大きな衝撃を与えたことでしょう。 先日も「みなし業者」である仮想通貨交換業者に登録申請中だった「FSHO(エフショウ)」に対して拒否をしました。この時も金融庁が「みなし業者」の登録を拒否したのは初めてでした。規制を急務とする仮想通貨市場ですが、今回の金融庁の決定は、これからさらに堅固な法規制を定めていく、という姿勢の表れかもしれません。今後も金融庁の動向に注目が集まります。

ニュース

仮想通貨取引所「Bitpoint(ビットポイント)」次々と海外へ展開

株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所「ビットポイント(BITPoint)」は、セキュリティ面の充実に加えやユーザーの利便性を重視したサービスが多いことが特徴で、すでに「仮想通貨交換業者」として金融庁からの登録済みとなっています。 そんな取引所「ビットポイント(BITPoint)」が、海外への展開を加速させているといいます。 「ビットポイント(BITPoint)」海外展開に積極的な姿勢 仮想通貨取引所「ビットポイント(BITPoint)」が先月、マレーシアで仮想通貨の交換所を開始させています。日本以外ではマレーシアの他、中国、韓国、台湾、香港、に進出を果たしています。そして今月はシンガポール、今夏にはタイでの開設を予定しているといいます。もしこれが実現したとすれば、国外での拠点は合計7カ所にも上ります。現在、ビットポイントは日本にある仮想通貨取引所の中で最も海外展開に関して積極的な姿勢を見せています。 ビットポイントは着々と海外展開を進めていますが、ビットポイントジャパンの18年3月期の営業利益は37億円となり、前期のほぼゼロであった状態から激しく躍進しました。しかし、同時期の取引所「コインチェック(Coincheck)」は537億円にも上りました。そして国内最大手である「ビットフライヤー(bitFlye)r」はユーザー数を200万人を超えていることを公称しています。果たしてこの差はどのようにして埋めていくのでしょうか。 ビットポイントジャパン社長の小田玄紀氏は 「今期は交換所に力を入れ、ビットフライヤーやコインチェックの規模感まで持っていこうと思います」 と今後の展望について語っています。 「ビットポイント(BITPoint)」国内規模の拡大も さらに、今後は、年間数十億円規模を投じるとして、コマーシャルなどの宣伝にも注力するほか、データーベースやコールセンターなどの「管理態勢」の強化を図っていくといいます。このように、認知度の向上そしてユーザー満足度の高めていくことに務めることで、現在の日本国内における大手規模まで展開することを計画しています。 まとめ 仮想通貨取引所「ビットポイント(BITPoint)」は、日本国内でもその規模を広げていく方針だということがわかりました。「bitFlyer(ビットフライヤー)」や「Coincheck(コインチェック)」などの国内大手の取引所より海外展開が進んでいるビットポイントは、既にトップ水準であると言えます。大手取引所の影に隠れているように思われますが、そのポテンシャルはすでに国内一と言ってもいいのかもしれません。今後もビットポイントに注目が集まります。

ニュース

厳しすぎる「ビットライセンス」は仮想通貨市場の発展の障壁?

「Digital Currency Group(デジタル・カレンシー・グループ)」の子会社でアメリカを拠点とする「Genesis Global Trading(ジェネシス・グローバル・トレーディング)」社が最近、「ビットライセンス」の承認を受けました。これにより、金融都市・NY州と仮想通貨業界にどの様な影響を与えるのでしょうか。 厳しすぎる?「ビットライセンス」 ニューヨークは、古くより企業が活動しやすい「ビジネスセンター」と言われています。しかし、NYDFS(ニューヨーク金融サービス局)が「ビットライセンス」を介して実施する規制要件は、3年前から施行されてからというもの、業界内では賛否両論の声が挙がっていました。 関係者らは、NYDFSの定める規制が大企業ではない企業にとっては過度の負担になっているといい、発展の妨げになっているとの指摘がかねてよりありました。 2015年に「ビットライセンス」が初めて施行されました。それ以前より、MITメディアラボのブライアン・フォード氏は、この厳しい規制に則って運営出来るのは大企業のみである、として現在の事態をすでに示唆していました。 「ビットライセンス」とは そもそも「ビットライセンス(Bit License)」とは、米ニューヨーク州で2014年7月に発表され翌年8月に施行されたビットコインや、アルトコインの「仮想通貨事業」に関する法律です。 世界的な金融中心地、米ニューヨーク州の「NYDFS」が発行するライセンスのことを指します。つまりニューヨーク州で仮想通貨に関する事業を行うには、このビットライセンスが必要になります。 ビットライセンスによる規制は改善されるか 日本では、2017年に仮想通貨事業者免許が施行されましたが、その内容はビットライセンスに似ていると言えます。やはりその審査は厳しく、現在でも多くの企業がライセンスを取得しようと動いていますが、なかなか承認されない、という現状といいます。 現時点で、ビットライセンスの承認を受けている代表的な企業は「Circle(サークル)」「Ripple(リップル)」「Coinbase(コインベース) 」「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。 世界的な金融中心地であるニューヨーク州が、ビットライセンスにより規制を定めたことで批判する声が相次ぎましたが、日本の金融庁のように、有識者が議論できる場を設けるのと似た事例が出てきています。 そのためビットライセンスは規制の緩和や改善をしていく可能性もあると言えます。 まとめ 現在、仮想通貨市場は法整備が整っていないと言えます。そのため、金融取引の秩序を守るためにビットライセンスは必要不可欠な存在です。しかし、厳しすぎる規制は仮想通貨市場の発展の障壁になりかねません。先日も、ビットライセンスを「Genesis(ジェネシス)」は取得しましたが、これでニューヨーク州史上「5社目」となりました。世界的な金融中心地のため、同州の決定は世界に大きな影響を及ぼします。今後もビットライセンスに注目が集まります。