TAG 金融企業

ニュース

アメリカのサスケハナが仮想通貨取引へ参入 BTC(ビットコイン)先物取引から開始することを発表

アメリカの「サスケハナ・インターナショナル・グローバル」が、仮想通貨取引に参入することを発表しました。 まずはビットコイン(BTC)の先物取引から開始するとしています。 サスケハナ・インターナショナル・グローバルとは ペンシルバニア州のベラ・カヌイドに拠点を置き、世界最大の金融企業の一つとして知られており、株式やオプション取引、ETF(上場投資信託)といった金融サービスを手掛けています。 株式非公開のサスケハナは、過去2年に渡って非公開取引における仮想通貨売買のための取引デスクを形成しています。 現在のサスケハナは、顧客数が500という小さなグループに、仮想通貨を提供する計画を立てているようで、将来的にはこのサービスを拡大する方針だそうです。 仮想通貨への信頼 サスケハナの資産グループ責任者を務めるバート・スミス氏によれば、ビットコインをはじめとする仮想通貨には幅広い使用用途があると考えているようで「この流れは永遠になくならない。テクノロジーやアセットクラスといったものたちが、金融サービスの側面を変えていくと信じている」と述べています。 サスケハナは、アメリカの規制当局が有価証券とみなしている仮想通貨の取引を行うため、ブローカーディーラーライセンスを修正し、規制当局に承認されたことを確認しました。 また、サスケハナは仮想通貨を保管する独自のシステムも構築しており、秘密鍵はコンピュータシステムと接続されないオフサイト設備にあるデバイスに保管されるため、ハッカーからの攻撃にもより抵抗力があるとされています。 金融企業の参入相次ぐ また、同国の大手投資会社であるフィデリティ・インベストメントが、パブリックおよびプライベートの仮想通貨取引所の開設のために人材採用に取り組むことを発表しています。 2兆を超える資産を管理するフィデリティの顧客は、金融資産に加えてビットコインを保有することができます。 そして、仮想通貨取引所開設のため社内で求人を出し、DevOpaシステムエンジニアを探していると通知しているようです。 フィデリティは仮想通貨を直接的に扱う金融企業の1つとして、仮想通貨取引所の開設に向けて作業を進めています。 まとめ 仮想通貨取引に参入する金融企業は増えてきており、アメリカの金融企業サスケハナが仮想通貨取引への参入を発表しました。同社はビットコインをはじめとする仮想通貨への信頼性が高く、金融サービスの側面を変えていくと信じているようです。また、同じ金融企業のフィデリティ・インベストメントも、仮想通貨取引所の開設のため人材採用に取り組むことを発表しています。金融業界の今後の動向に、世界から注目が集まります。