TAG 大学

ニュース

イギリスの大学LSEが仮想通貨やブロックチェーンを学べるオンラインコースを提供する計画

2018年8月より、イギリスのロンドンにある大学LSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)が、仮想通貨やブロックチェーンに関するオンラインコースを提供する計画を立てていることが明らかになりました。 実践的なスキルを学べるオンラインコース LSEによれば、今回発表した新しいコースは「仮想通貨投資と創造的破壊(Cryptocurrency Investment and Disruption)」という名称です。このコースを選択すると、仮想通貨ウォレットの使用方法からICOの分析方法など、仮想通貨取引所での実践的なスキルを学ぶことができるといいます。 ノーベル受賞者18人が席を置くLSEは、世界でも名の知れた大学です。新たに仮想通貨のコースを導入したことによって、政府や規制当局、企業、個人投資家、金融機関などが、破壊的な影響力を持つ仮想通貨の理解するのをサポートするようです。 関心が高まる仮想通貨とブロックチェーン技術 仮想通貨の指数関数的な成長とボラティリティーおよび、それらを支えるブロックチェーンの分散型台帳技術によって、暗号資産やICO、デジタル資産への世界的な関心が高まっているとしています。 LSEの情報システムとイノベーションを専門とする准教授のカルステン・ソレンセン氏が、オンラインコースを担当します。計60時間のコースは6つのモジュールで構成され、受講するには費用として1,800ユーロ(日本円で23万円)がかかるようです。 マルタやオーストラリアの大学でも 仮想通貨やブロックチェーンを学べるコースを開設する大学が広まってきています。ブロックチェーン・アイランドを目指すマルタでは、ある大学が2018年10月にブロックチェーン の学位を設けることを発表しています。 さらにオーストラリアのRMIT(ロイヤルメルボルン工科)大学が、ブロックチェーン技術に関するコースを同年2月から開始しています。ブロックチェーン戦略の開発とされる8週間にも渡るコースは、理論的なブロックチェーンの側面に加え、実践的なブロックチェーン技術のスキルも学べるようです。 仮想通貨とブロックチェーンを学べる「edx」 また、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)とハーバード大学が設立したオンラインプラットフォームの「edx」の中で、仮想通貨とブロックチェーンについて学べるコースがあります。 edxとは、世界中の大学のオンライン講座が集まっているサイトです。1,000 万人を超える人々が登録しており、世界的に有名なカリフォルニア大学バークレー校や、ボストン大学、北京大学、オックスフォード大学なども講座を提供しています。 このedxは、世界中の学生に無償で学問を提供するというコンセプトで設立されたため、受講料が無料となっています。期間については、どちらか片方を受講する場合、週に3〜5時間×1ヶ月半となっており両方を受講するのであれば、期間は3ヶ月半と伸びます。仮想通貨やブロックチェーンに関する知識は短期間で学べる分野ではないため、妥当な時間と言えます。 まとめ 仮想通貨やブロックチェーンについて学べる環境は、これらの普及と共に増えてきています。日本でも仮想通貨のセミナーが大阪や福岡で行われています。大学という学問の機関が提供するサービスなだけあって、肝心な内容はしっかりしているものでしょう。これがきっかけで、仮想通貨のユーザーやブロックチェーンを導入する企業はさらに増えていくかもしれません。

ニュース

Ripple社が世界の有力大学と提携し共同研究 UBRIを通じて55億円を支援

世界各国の様々な銀行や企業との提携が相次ぐRipple(リップル)社は存在感を増しています。  そんなRipple社は、ブロックチェーンと仮想通貨関連の教育支援に乗り出しています。 55億円の寄付 Ripple社は、マサチューセッツ工科大学やノースカロライナ大学などを含んだ計17の有力大学と提携し、UBRI(ユニバーシティ・ブロックチェーン・リサーチ・イニシアチブ)と呼ばれるプロジェクトを通じて、5,000万ドル(約55億円)の寄付を行うとしています。 この寄付は、仮想通貨ではなくドルで行われるようです。 UBRIでは、技術の提供や専門家の派遣をRipple社が行い、大学と提携しブロックチェーンの研究や仮想通貨関連のカリキュラムを組むことを目標としています。 Ripple社の事業運営エリック・ヴァン・ミルテンブルグ氏は「グローバル化が進むにつれ、世界で最も困難とされている財政問題を解決するための技術的解決策や、才能に対する需要も高まってきています。」と述べています。 UBRIの第一ラウンド 今回は、アメリカから7校、インドから2校、カナダ・イギリス・オランダ・ルクセンブルク・キプロス・韓国・オーストラリア・ブラジルから各1校が提携先として選ばれています。 それぞれの大学には、研究テーマ選ぶ裁量が与えられています。Ripple社によれば、これらの大学は「学問分野の多様性」「地理的な広がり」と異なる市場の代表例だそうで、UBRIプロジェクトの第一ラウンドとして選定されたものとしています。 Ripple社は、この取り組みについて仕事の需要のために部分的に開始されたと述べています。 4,500を超える求人数 さらに、2018年は世界最大級のビジネス特化型SNSのLinkedinに、ブロックチェーンや仮想通貨関連の求人案件数が4,500以上も掲載されており、2017年と比較すると150%増加していることを説明しています。 ブロックチェーンはビットコインをはじめとする仮想通貨を支えるテクノロジーであり、その技術の無数の用途があります。 Ripple社は、人々が根本的変化をもたらす可能性を秘めた分散台帳技術の潜在力に気づき始めたことから、ブロックチェーンに対する興味は高まっていく一方です。 大手金融機関とも提携 また、Ripple社はイスラム圏を代表するKuwait Finance Houseやクウェート国立銀行といった世界的に有名な金融機関とも提携しています。 Rippleの国際送金ネットワーク「RippleNet」の規模を拡大しているようです。 まとめ この度、Ripple社が世界の17の大学と提携し、UBRIというプロジェクトを通じて約55億円の寄付を行うとしています。今回の共同プロジェクトは、まさに大きな変革期にある社会を支え、発展させて行くために欠かせない役割を果たすものであると言えるでしょう。