TAG 中国

ニュース

CAICTの何宝宏氏が語る「8%のブロックチェーンプロジェクトが生き残っている」

CAICT(中国情報通信研究院)の何宝宏氏が、中国の貴州省で行われた「中国国際ビックデータ産業エキスポ2018」に出席しました。 8%のプロジェクトが生き残る イベントで何氏は、立ち上がったブロックチェーンプロジェクトの中で8%が今も生き残っていると述べました。 中国政府は仮想通貨取引に対して厳しい姿勢を見せていますが、26種類の主要な仮想通貨による格付けの発表や、ブロックチェーンを新しい資産として組み込むためのスキームを拡大しようとする研究を進めているようです。 CAICTは、データと資産の流れが統合することでの深化とデジタル資産の成長ペースの加速が続くことを推測しているようですが、ブロックチェーンベースの取り組みについて何氏は「良い時もあれば悪い時もあることには変わりない」と述べています。 何氏は「このような状況において、ブロックチェーンを生活に適応するのを支援するために、各国政府は統一基準の策定を急いでいる」と述べています。 独自のブロックチェーンに楽観的 何氏は、中国が独自のブロックチェーンを提供することにも楽観的な見通しを示しており「検証可能なブロックチェーンプログラムを立ち上げ、約200の民間企業が参加することを表明している」と述べました。 そして「このプログラムはブロックチェーン技術と産業が、より透明かつオープンになることの手助けになる」としています。 工業団地が補助金提供 そんな中国の杭州市にあるブロックチェーン工業団地が、数百万ドル規模のスタートアップ向けの補助金を発表しました。 スタートアップも、維持費またはプロジェクト単位の財政的支援を受けることができ、2018年4月同工業団地のオープニングの際、16億ドルのブロックチェーンイノベーションファンドが発表され、このうち地元政府から全体の30%受けているようです。 速度が増す業界 中国では、ブロックチェーン業界の勢いはここ数ヶ月で速度を増しているといいます。 2018年2月に中国銀行がブロックチェーンテクノロジーシステムをスケールするためのソリューションに対して特許を出願しています。 また、3月には国際ブロックチェーンセンターの設立の計画が流出などが明らかになりました。 さらに、北京に拠点を置く京東商城が、独自のAIカタパルト・ブロックチェーン・インキュベーションプログラムに選ばれた4つのスタートアップを明かしました。 まとめ CAICT(中国情報通信研究院)の何宝宏氏が中国で開催されたイベントに、ブロックチェーン産業のトレンドに関するレポートの一部を披露する形で出席しました。何氏は、ブロックチェーンプロジェクトの中で、今でも8%が生き残っていると述べています。仮想通貨取引に厳しい姿勢が続く中国政府ですが、仮想通貨の格付けやブロックチェーンと仮想通貨の研究を進めています。今後の中国政府から目が離せません。

ニュース

世界最大の仮想通貨取引所バイナンス 日本を拠点にしない理由をCEOが語る

世界最大の仮想通貨取引所と言われる「バイナンス」に興味を示す方は多いことでしょう。アジアで仮想通貨を語るには「CZ」と呼ばれる、バイナンスのCEOジャオ・チャンポン氏を忘れてはいけません。 世界最大の取引所 バイナンスは2017年7月中国に設立されました。比較的新しめの取引所ですが、設立してわずか半年で登録者数が600万人を超え、今では「世界最大の取引所」と呼ばれるほど有名になりました。 拠点が海外のため日本人には敬遠されがちですが、世界最大と言われだけあって利用者は多いです。世界的に見ると利用が少ないのは日本人くらいかもしれません。 しかし、中国政府が仮想通貨に対する規制をかけたことにより、バイナンスは移転しケイマン諸島とマルタで会社登録されています。マルタといえば、仮想通貨関連の法整備が整っており、所得税が超低税率に加えてキャピタルゲインが非課税、そして相続税・贈与税がなく、究極のタックスヘイブンと言われています。 ジャオ氏「地球がホーム」 バイナンスの話になればCEOであるジャオ・チャンポン氏に触れないわけにはいきません。ジャオ氏に対して世間は「尊敬」「羨望」「疑心」を抱いているようです。そして「どこにいるのか?」というのを誰もが知りたがっています。 この疑問に対してジャオ氏は「誰がどこにいるのか気にしすぎている」「会社や組織というのは概念にすぎない」と述べており「地球がホーム」と、しています。 ジャオ氏は、バイナンスが国から国へと逃亡していると勘違いしている人に対して「リスクを軽減させるために様々な国へ多角化している」と述べています。 拡大しつつあるバイナンス バイナンスは仮想通貨の交換所であり、ジャオ氏がドルやユーロ、人民元などの法定紙幣に手を出さなかった事で、バイナンスは地理的な柔軟性を手に入れました。 ジャオ氏曰く、バイナンスのビジネスは徐々に拡大しているようで、日本でもよく知られる存在となり、2018年3月に金融庁が同社へ出した警告が大きく注目されました。 それは「日本在住ユーザーへの業務をどう停止するか、解決策の提案」というものです。 バイナンスは、ID確認や犯歴のチェック、大口取引の報告といった厳重なKYC(顧客確認)を行っているようですが、日本ではKYCをどう扱うかが問題となります。 ジャオ氏は、日本から追放されそうになっている見方に反論しており 「日本でオフィスを借りたが、使わなかった。日本について学んだが、仮想通貨取引所に関する規制はちょっと厳しいから私たちのビジネスは難しいと考えた」 と述べています。 拠点にしない理由 比較的明快な日本において、規制が厳しいとはいえバイナンスのやり方に困惑する可能性もあるかもしれません。現在日本には、16社の認可された仮想通貨取引所が設立されていて、これら全て日本の規制の下で運営しています。 しかし、ジャオ氏は日本の仮想通貨取引所になるつもりはなく「新しい仮想通貨を1日おきに追加し、何百という通貨を扱っている」としています。 バイナンスが日本での仮想通貨取引所を目指すのであれば、国際的なライバルである仮想通貨取引所が、頻繁に新しい仮想通貨を追加しているとなると不利になる可能性が出てきます。 これにより、ジャオ氏は「だからこそ日本を拠点にしたくない。多くの報道が私たちを否定的に報じているが、それは私たちのビジネスを彼らが理解していないからだ」と述べています。 まとめ 世界最大の仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるジャオ・チャンポン氏が、日本を拠点にしない理由について語りました。ジャオ氏は「多くの者が私たちを否定的に報道しているのは、私たちを理解していないからだ。」と述べています。バイナンスは、様々な国へ渡ることでリスクを軽減し、多角化していると発言しているジャオ・チャンポン氏の言動に、今後も目が離せません。

ニュース

辞任したばかりの「OKEx」の元CEOが、競合取引所「Huobi」へ衝撃の移籍!

世界最大級の中国の仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)のCEOである李書沸(リー・シュウフェイ)氏が、Huobi(フォビ)の要職に就いたことが明らかになりました。 中国の3大仮想通貨取引所と呼ばれているのが「OKEx(オーケーイーエックス)」「Huobi(フォビ)」「Binance(バイナンス)」です。つまり、リー氏は「競合」に移籍する形となりました。 仮想通貨取引所「OKEx」の元CEO 李書沸(リー・シュウフェイ)氏は、香港を拠点とする、仮想通貨取引所「OKEx」のCEOを務めていましたが今月の14日に 「OKExのCEO、OKCグループのCFO、当グループのすべての子会社の取締役の座席、および直ちに有効な機能を今日正式に辞任した」 という内容の辞表を提出し、話題になっていました。 しかし、この突然の辞任に関する詳細は現段階では明かされていません。「個人的な理由」というのが表向きの理由となっているそうです。 そして現在、リー氏の移籍先であるHuobiが発行するトークン「HT」は今回のニュースを受けおよそ14%もの上昇をみせました。 まとめ 現在中国の仮想通貨市場では「3大仮想通貨取引所」はまさに三つ巴の戦いとなっています。取引ベースでみると、OKEx、Binance、Huobiという順番になっています。今回のリー氏の「電撃移籍」は仮想通貨業界に多大な影響を与えることでしょう。今後も中国の「勢力図」に目が離せません。

ニュース

中国が主要仮想通貨28種の格付けを発表 最も評価が高いのはETH(イーサリアム)

中国の工業情報化省が、ビットコインをはじめとする主要仮想通貨の格付けを発表しました。 3つの基準で格付け 「国内の優秀な専門家と学者」が参加し「技術」「アプリケーション」「イノベーション」の3つの基準をもとに格付けを行い、28の仮想通貨の中から1位をETH(イーサリアム)としています。また、BTC(ビットコイン)は13位に位置しました。 上位トップ5の仮想通貨は、1位にETH(イーサリアム)、次にSTEEM(スチーム)、Lisk(リスク)、NEO(ネオ)、KMD(コモド)と続いています。 主要な仮想通貨28種類の格付けを皮切りに、中国の当局はパブリック型のブロックチェーンプロジェクトやほかの暗号資産などにも取り組みを拡大しようとしています。 評価が高いETH(イーサリアム) イーサリアムは3つの基準すべてにおいて、非常に高い評価を得ています。これは2018年1月に行われた、アメリカの格付け会社ワイスレーティングの仮想通貨格付けと同様の結果です。 反対に「イノベーション」の分野で一番高い評価を得ているビットコインは「技術」と「アプリケーション」で点数が下がっています。 中国の地元メディアCENによると「第2世代ブロックチェーン技術の代表例がイーサリアムであることを示している」としています。 仮想通貨コミュニティの中では、中国のロジックを理解できないといった声が聞かれており、以前ワイス社がビットコインを「C+」と評価したときと同じ気分のようです。 まとめ 中国でビットコインをはじめとする主要仮想通貨28種の格付けが発表されました。3つの基準を元に、1位に選ばれたのはETH(イーサリアム)でした。すべてにおいて高い評価を得ています。このランキンが公開されたことで、仮想通貨市場に変化はあるのでしょうか。

ニュース

仮想通貨の知名度を上げる驚くべき行動 中国のCCIDが仮想通貨28種を格付け 

北京で行われた会議で、中国政府が仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトの「独立した格付け」を、今後毎月発表していくことを発表しました。 中国にあるCCID(中国電子情報産業発展研究院)が、BTC(ビットコイン)やLTC(ライトコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)など計28種の仮想通貨の分析を行うようです。 中国の驚くべき取り組み 「グローバル・パブリックチェーン・アセスメント・インデックス」と名付けられた同プロジェクトは、仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトに対する完全に孤立した評価、分析がないことから創設されました。 CCIDによると「プロジェクトの技術力やアプリの実用性、革新性および発展レベルを評価し、ブロックチェーンテクノロジーイノベーションのトレンドを深く理解する」というのが、インデックスの目的のようです。 現在も、仮想通貨取引が禁止されている中国ですが、今回の取り組みは仮想通貨の知名度を上げる驚くべき行動と言えるでしょう。CCIDのリリースでは、政府の見方について「この独立した分析は中国政府の信頼を示すもので、企業や研究機関への指針として機能する。」と述べています。 大手企業ファーウェイがBTCウォレットをスマートフォンで利用可能に さらに中国政府は、専任の委員会が全国的なブロックチェーンスタンダードを、2019年末までに確立すると明かしています。 民間部門では、通信テクノロジーの大手企業であるファーウェイが同社が作るスマートフォンで、BTC(ビットコイン)ウォレットのダウンロードを可能としました。 ファーウェイは、ブロックチェーン・サービスを発表するなど、ブロックチェーンの研究に前向きな姿勢を見せています。 このウォレットは同社初となる仮想通貨アプリで、今後発売されるスマートフォンにプレインストールされるほか、古い端末にも展開していくそうです。 まとめ 中国は、世界でBTCの保有率が90%を誇っていたこともあるほど、存在感は大きなものでした。現在は規制が厳しくなり、仮想通貨取引やマイニングが制限されているのが現状です。しかし、中国では新総裁を迎えたことで、規制が緩和の方向に進む可能性があると言われています。一般人の市場参入が自由になれば、市場の盛り上がりが期待できるでしょう。今後の中国に、注目が集まります。

ニュース

仮想通貨規制が厳しい中国 仮想通貨取引所OKExが違法取引か

現在、中国では仮想通貨による取引が全面的に禁止になっています。しかし、国内の取引所である「OKEx(オーケーイーエックス)」が「顧客に違法でサービスを提供している」と、中国の国営ラジオであるCNRが明かしました。 ※コインマーケットキャップによると、OKExは1日あたりの仮想通貨の取引量が世界3位の大型取引所です。 仮想通貨取引所OKExが違法行為? 事の発端は、OKExが以前から行っている「契約取引」という取引手法が違法ではないか、という指摘から始まりました。これまで、OKExは一般的に「先物取引」と呼ばれる手法について「契約取引」というネーミングをつけて運営を行ってきたようです。 OKExは「契約取引という名前であれば法律が定める契約とは異なるものである」という言い分を主張しています。 そもそも、中国では国内での仮想通貨と法定通貨の交換は禁止されていますが、OKExは「ポイント交換制」のシステムを導入し、交換を可能としていたそうです。 これにより両通貨の直接交換を避け、法律の抜け穴を突くことができたのでしょう。今回改めて捜査の手が加わっていますが、OKExの実態が徐々に明るみに出てきているも、現時点では違法かどうか明らかになっていません。 中国政府がマイニング用PC600台を没収 中国では2018年のはじめに仮想通貨のマイニングに使用する電気を制限し、マイナーを撤退させるという中国政府の計画が明らかになりました。それ以降、仮想通貨に対する取り締まりは厳しくなる一方で、中国でマイニングを行っていた業者たちは日本や香港、シンガポールへと移りました。 そんな中、地下に隠れてマイニングをしている組織がいたそうですが、当局によって取り押さえられたことが中国のメディアで報道されました。この現場は高額な使用料金を回避しようと電気メーターが短絡されていたそうで、マイニング用のPC600台と強力扇風機8台が見つかり没収されました。 なぜ、地下でマイニングしているということが外に漏れてしまったのでしょうか。それは、地元の電力会社の電力損失が28%にまで達していたことから、電力消費量の大幅な増加を疑ったのがきっかけです。この出来事に警察は「近年最大規模の電気泥棒」と表していました。 まとめ 中国といえば、仮想通貨による取引が国全体で禁止されています。取引を行えば違法とみなされる状況の中で、世界的に有名な仮想通貨取引所のOKExが活動していたことに衝撃を受けます。もしも、OKExが中国国内で違法行為を行っていたとすれば、今後どうなってしまうのでしょうか。世界からの注目が集まります。

ニュース

仮想通貨への厳しい姿勢が続く中国 仮想通貨取引所の活気は戻るのか

全ては2017年の1月に、中国人民銀行の上海と北京本部の職員が大手の仮想通貨取引所である事業拠点に、数ヵ所立ち入り検査を行ったことが始まりでした。そして2017年の9月にICOの禁止、仮想通貨取引所が全面閉鎖となり、国内の仮想通貨市場を震撼させました。仮想通貨取引所に対する政府のアプローチは未だ厳しいのが現状です。 仮想通貨市場の投機によって、国内市場の安定性が脅かされる懸念から、規制機関は仮想通貨取引に対してより徹底した監視を行うことになるだろうと、中国人民銀行の総裁は仮想通貨を批判しているそうです。 中国の仮想通貨事情 中国といえば、世界中で人気を集めている仮想通貨取引所のバイナンス。登録者が500万人を突破し、香港を拠点としていたのですが中国の規制が厳しくなったことで、ケイマン諸島という場所に移転する予定となっているそうです。2017年の7月に設立されてから1年も経っていないのに関わらず、登録者は現在も増え続けているらしく、マイナーな仮想通貨も含めて80種類もの仮想通貨を取り扱っているのが、人気の理由とされています。 仮想通貨の取引を規制すると発表してから中国は、はじめに手数料が無料で行える取引を禁止とし、ICOを凍結、取引所を全面閉鎖へと追い込みました。この取り組みが、仮想通貨の価格を大暴落させたのでしょう。取引市場で9割を占めていた中国が規制をすれば当然、暴落は免れない結果です。 中国の規制強化について 中国は、ICOの禁止や仮想通貨取引所の全面閉鎖だけでなく、マイニング監視の強化にも乗り出しているようです。中国は電気代が安い上、寒い環境であるためマイニングするのに適していると言われています。 過去30日間、世界でマイニングに使用された演算能力のうち、約8割が中国で行われたというデータも確認されています。しかし、中国に規制がかけられたため、現在はほとんどのマイニング業者は中国から海外へと拠点を移してしまったようです。 規制の理由はトランプ大統領? また、中国の仮想通貨取引を規制する理由が、アメリカのトランプ大統領の当選とされています。トランプ氏の当選を受けたことでドル高元安が進行し、リスクから逃れるため中国では元でビットコインを購入する方が増えたそうです。ここで、中国政府はこのままビットコインを介して、元からドルに流れて元安が加速することを恐れ、仮想通貨規制に乗り出したそうです。 中国の仮想通貨取引所が規制を受けたことにより、バイナンスをはじめとする取引所は、事業環境が整ったアジア近隣へ営業拠点を広げていくそうで、中国以外での活動に力を入れていくとされています。中国で最大手であるOKコインとフオビの2社は、規制されて以降も国内での活動ができるように、様々な方法を試みているそうです。 注目を集めている中華系仮想通貨 中国で誕生し、今後も注目を集めるであろう仮想通貨をご紹介します。 TRON(トロン) 中国が発端の仮想通貨です。2018年に入ってから時価総額6位にランクインするなど、現在注目を集めている中華系仮想通貨です。トロンはブロックチェーンを用いて、管理者無しで世界中にエンターテインメントコンテンツを無料配信することを目的とされています。 NEO(ネオ) ネオは、イーサリアムのスマートコントラクトを基にしていることから、中国のイーサリアムと呼ばれています。取引の早さが特徴的で、1秒間に1,000件の取引が可能とされています。 まとめ 2017年に仮想通貨が人気を博した中国ですが、政府によって取引の規制がかかり仮想通貨の参入は難しいものとなりました。世界最大と言われた取引所バイナンスも移転することとなりましたが、今後もしも仮想通貨取引の規制が和らぎ、中国が仮想通貨市場に再び参入となれば、仮想通貨市場は大きい変動があることは間違いないでしょう。