TAG 中国

ニュース

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月31日

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月31日 【7月24日】 ブロックチェーン技術のさらなる発展に向けて中国の南京が投資ファンドを設立 ブロックチェーン技術の発展のため、中国の南京が日本円で約1,640億円の投資ファンドを設立したことが明らかになりました。政府はブロックチェーン技術に関して積極的な動きを見せています。 【7月25日】 カナダのメッセージアプリKikがKinトークン関連のプロダクトKinitのベータ版をリリース KinトークンによるICOで1億ドルを集めた「Kik」が、Kinトークン関連のプロダクト「Kinit」の最初のベータ版をリリースしたことが明らかになりました。 【7月26日】 仮想通貨「ビリオネア」メロン氏の伝記映画にジョニー・デップ氏が主演か ジョニー・デップ(Johnny Depp)氏が、リップルで1100億円を稼いだとされる、故マシュー・メロン氏の伝記映画に主演に抜擢される可能性があることが明らかになりました。 【7月27日】 ベネズエラ政府発行の仮想通貨「ペトロ」を裏付けにした新通貨を8月に流通開始 南米・ベネズエラの大統領であるNicolás Maduro(ニコラス・マドゥロ)氏は、仮想通貨に裏付けられたベネズエラの「新通貨ボリバル・ソベラノ」を来月20日に流通が開始することを発表した。 【7月28日】 「Uber」の元CTOが投資する企業、仮想通貨の取引手数料無料のモバイルアプリを発表 配車サービス「Uber(ウーバー)」の共同設立者によって支援を受けた、スタートアップである「Voyager(ボイジャー)」が仮想通貨ビットコインなど15銘柄以上を取り扱うモバイルアプリを提供する計画を明らかにしました。 【7月29日】 ナスダック「仮想通貨関連の合法化」に向けて非公開の会合を開く 株式市場「NASDAQ(ナスダック)」が、シカゴで仮想通貨関連事業の「合法化」に向けた議題を話し合うための会合を開催したことが明らかになりました。 【7月30日】 Google「Android(アンドロイド)」端末の仮想通貨マイニングアプリを禁止を発表 「Google(グーグル)」はGoogle Playデベロッパープログラムポリシーの更新において、仮想通貨におけるマイニングに対する変更点を発表し、仮想通貨の「マイニング(採掘)アプリ」を禁止にしました。 まとめ 先週から今週にかけてのニュースは、中国の南京が投資ファンドを設立、ベネズエラが新通貨を8月に流通開始、ナスダックが非公開の会合を開く、と世界各国で仮想通貨に対する見方はさまざまな事が分かります。今後はどのような法整備や規制がなされていくのでしょうか。仮想通貨市場の動向に今後も注目していきます。 以上、週刊コインディアでした。来週もお楽しみに!

ニュース

中国のソーシャルネットワーク「天涯社区」がブロックチェーンベースの独自トークンを検討

中国のソーシャルネットワークサイト「天涯社区(Tianya Club)」が、サイト内のブロックチェーンをベースとした独自トークンの発行を検討していることが明らかになりました。 しかし、中国では規制が厳しいため取引が可能なアルトコインにあることは難しいでしょう。 仮想通貨とは異なる天涯ダイアモンドトークン 天涯は一種のリワードシステムとして900億枚の天涯トークン(TYT)を機能し、仮想通貨とは異なって既存の天涯ダイアモンドトークンと並行して運用されるとしています。 ユーザーが天涯ダイアモンドを、ある基準を満たす量を所持していれば、天涯トークンを受け取ることが可能となります。会員に供給される計80%の天涯トークンが分配され、残りの20%は必要な運営費に使われるようです。 同プラットフォームでは半年という時間を消費して調査と設計を行い、ユーザーとの意見交換を幾度も重ねた結果、ブロックチェーンを基盤とした天涯サブシステムが形になり、一般向けに8月8日にリリースされると発表しています。 リリースは中国で行われる 天涯トークンは、同プラットフォームが天涯コミュニティーのエコシステムを再構築するために、ブロックチェーン技術に基づいたブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズム、共同構築、分散化といった精神を忠実に守った結果だとしています。 天涯トークンの技術的な仕様について公開はされていませんが、今回のリリースではICOの禁止が続く中国で行われます。そのため、天涯トークンはある種のステータスとして使われる以外に、取引が可能なアルトコインとして機能することはないとされています。 まとめ 中国で上位25のウェブサイトの1つであるソーシャルネットワークの天涯社区が、サイト内で利用できるブロックチェーンベースの独自トークンを検討していることが発表されました。900億枚の天涯トークンは一種のリワードシステムとして機能するようで、天涯ダイアモンドトークンとして運用されます。規制が厳しい中国となると、取引可能なアルトコインにあることは難しそうですが、今後どうなるのでしょうか。

ニュース

ブロックチェーン事業のハブにするべく中国の雄安新区がコンセンシスと提携

イーサリアム(ETH)プロジェクトの開発スタジオ「コンセンシス」と、中国の雄安新区(シンガン・ニュー・エリア)が提携したことが明らかになりました。 雄安新区をブロックチェーン事業のハブにすることを狙いとしているようです。 ブロックチェーンの革新ハブを設立するための提携 雄安新区を次世代のスマートシティにし、ブロックチェーンの主導的な革新ハブを設立するために覚書を結んでいます。同地区は、国家主席の習近平氏が主導しており、正式に2017年に発表されたビジネス地区であり、中央政府機関の核ではない機関や、北京拠点の研究機関を移管する計画が進められているようです。 コンセンシスとの提携は、初めて海外の開発スタジオから雄安新区が協力を得た案件になります。同地区が主導的なテクノロジーセンターになることに必要な最先端技術の1つとして、政府はブロックチェーンを上げています。また、これまでに国内のテック企業と提携し、同地区内の公共、民間サービスの双方向けにブロックチェーン開発を手がけています。 コンセンシスのコンサルティングは過去にも 今回、政府が関わるブロックチェーン事業をコンセンシスがコンサルティングするのは初めてではないようで、2017年にドバイのブロックチェーンアドバイザーに指名されています。スマートドバイ事業は、ブロックチェーンプラットフォームに文書やトランザクションの記録を、2020年までに移行するというものです。 最近では、サウジアラビアの通信情報技術省と提携し、3日間に渡るブロックチェーン・ブートキャンプを開催しました。他にも、南アフリカの中央銀行とも提携しており、イーサリアム基盤の企業へ向けたブロックチェーンのクォーラムを用いて、卸売決済の処理についての概念実証に取り組む銀行のアシスタントをしています。 まとめ ブロックチェーン事業のハブにする狙いから、中国の雄安新区が、イーサリアムプロジェクトの開発スタジオであるコンセンシスと提携したことが発表されました。ブロックチェーンに対して、国を挙げて積極的な中国から目が離せません。

ニュース

ブロックチェーン技術のさらなる発展に向けて中国の南京が投資ファンドを設立

ブロックチェーン技術の発展のため、中国の南京が100億元(日本円で約1,640億円)の投資ファンドを設立したことが明らかになりました。 仮想通貨資産に消極的な政府ですが、ブロックチェーン技術に関しては積極的で好意的な動きを見せています。 南京が投資ファンドを設立 南京は、ブロックチェーン企業に対して拠点を置くことを推奨しているようです。ブロックチェーンの資産管理を手掛けるUDAPファウンデーションが、最初のファンドの受け手になるといいます。産業パブリック・チェーン・サミットで、北京に本拠地を置く官民共同の研究機関、中関村ブロックチェーン産業アライアンスと共にこのファンドを明らかにしています。 また、中国共産党の幹部や、韓国政府から支援を受けているグローバル・ファイナンス・ソサイエティの会長も参加していたようで、両国間の提携について議論をしたといいます。 中国政府によるブロックチェーン促進の流れは加速しており、杭州ブロックチェーン工業団地の開所式中に、日本円で約1,700億円規模のブロックチェーン・イノベーション・ファンドの創設を発表しています。 ブロックチェーンに好意的な中国 ブロックチェーン技術を習近平国家主席が支持して以来、中国ではブロックチェーンに対して好意的な動きを見せています。 中国工業情報化部の副部長が、新たなデジタル経済のコア技術としてブロックチェーンを発展させるべく、総力を挙げて取り組むよう政府に要請しています。 また、中国人民銀行のデジタル通貨研究所が、同行の利用者が自身の取引履歴を確認できるようになるデジタルウォレットに関する新たな特許を出願しています。 まとめ 中国では仮想通貨よりもブロックチェーンに積極的で、社名にブロックチェーンという字を入れる会社が増えるほど好意的です。さらに、国家主席の習近平氏がブロックチェーンを支持して以降、中国という国がブロックチェーン技術を用いてあらゆる取り組みを行っています。今回も、同国の南京がブロックチェーン技術をさらに発展させるために、投資ファンドを設立しています。中国のブロックチェーンに対する取り組みに、世界から注目が集まります。

ニュース

中国で「ブロックチェーン」を社名に入れている企業数が急増 前年比が約6倍

あらゆる可能性をもたらすと言われているブロックチェーンは、様々な企業が導入しています。中国では、社名に「ブロックチェーン」を入れて登録する企業数が急増しているようです。 2017年と比較すると、約6倍になることが明らかになっています。 過去半年間で約6倍に 現在、中国には4,000を超えるブロックチェーン関連の企業が存在するようです。ブロックチェーンを意味する「块链」が入った社名を持つ企業は、2017年の時点で555社だったそうですが、過去半年間で3,078社にまでのぼったといいます。 ブロックチェーンを事業内容に含んでいる企業は、過去1年間で1万6,600社が設立されています。このうち、登録資本金が150万ドルを上回っている企業は3,800を超えています。中国で、2017年の第1四半期に資金調達をしたスタートアップ企業の中で、約41%がブロックチェーンに関する企業だったようです。 また、中国では企業が出願したブロックチェーンに関する特許の申請数が225件という世界全体の半数以上にのぼっています。中国以外でブロックチェーンの表記を社名に持つ企業は、アメリカでは817社でイギリスでは335社だそうです。 政府を挙げてブロックチェーンを導入する中国 中国といえば仮想通貨に対して厳しい姿勢であり続けていますが、反対にブロックチェーンに関しては政府を挙げて技術の導入を進めています。MIIT(中国工業情報化部)で副部長を務めるシン・グオビン氏が、ブロックチェーン開発に対して強い支持を表明しています。 シン氏は、ブロックチェーンを新たなデジタル経済のコア技術として発展させるべく、政府に対して総力を挙げて取り組むよう要求しています。付け加えて、ブロックチェーン本来の役割を戦略的視点から理解するべきだとしています。 まとめ 中国では仮想通貨が全面的に禁止となって以降、ブロックチェーン技術には政府を挙げてあらゆる取り組みが進められています。同国では、ブロックチェーンを社名に入れて登録している企業が増えているようで、1年で6倍にまで膨らんでいると言います。ブロックチェーンに対して積極的な姿勢を見せている中国ですが、ブロックチェーン大国となる可能性はあるのでしょうか。

ニュース

中国でブロックチェーンを新たなコア技術として発展させるべくMITTが総力をあげて取り組むよう政府に要請

中国政府に対して、MIIT(工業情報化部)の副部長はブロックチェーンを新たなデジタル経済のコア技術として発展させようと、総力を挙げて取り組むよう要請したことが明らかになりました。 MIITの副部長を務めるシン・グオビン氏は「2018国家製造強国専門家会合」の中で、重要な役割を持つブロックチェーンを、戦略的視点から理解するべきだとしています。 ブロックチェーン利用に必要な計画 シン氏は、国家製造強国建設指導グループの責任者を務めており、ブロックチェーンを用いて中国を産業規模で開拓し、経済や社会といった分野においてブロックチェーンの導入を加速させなければならないとしています。 産業規模での、ブロックチェーンの利用における問題を確実に解決するという中核目標を達成するためには、ブロックチェーン技術利用に前向きな規制や制度を整える環境整備に向けた計画が必要だとしています。 この目標に向けてブロックチェーン分野を促進するため、政策方針の強化や制度的制約の緩和といった、環境の最適化が必要だと主張しています。 国家主席もブロックチェーンを絶賛 依然として仮想通貨に厳しい姿勢を取り続けている中国政府ですが、明らかに国内の仮想通貨取引はマイナスの影響を受けています。しかし、ここ数ヶ月で中国のブロックチェーン分野は勢いを増しており、政府上層部が支持しているというのが、この状況に拍車をかけているといいます。 中国の国家主席に習近平氏は、ブロックチェーンについて「国家の命運や国民の生活に深く影響を与える」と述べています。また、付け加えるように「新世代の技術」と絶賛しています。 同国の中央銀行は長期的ビジョンを追求し、ブロックチェーンを統合しようとしています。仮想通貨ウォレットに関する特許を出願したほか、小切手をブロックチェーンを用いてトークン化するという新たなシステムの開発を行っていることを発表しています。 まとめ 中国のMITTが政府に対して、ブロックチェーンを新たなデジタル経済のコア技術として発展させるために、総力をあげて取り組むよう要請をしたことがわかりました。中国といえば、仮想通貨に対して厳しい姿勢を取り続けていますが、ブロックチェーン分野はここ数ヶ月で勢いを増し、国家主席の習近平氏が支持していることがこの状況に拍車をかけています。中国のブロックチェーンに対する動向に、今後も目が離せません。

ニュース

中国「OKCoin」アメリカで仮想通貨取引所立ち上げへ

中国に拠点とし「OKEx社」が運営を行う仮想通貨取引所「OKCoin(オーケーコイン)」は、法定通貨と、ビットコインなどの仮想通貨での交換を可能とする仮想通貨取引所をアメリカにて開設することが明らかになりました。 中国の仮想通貨取引所海外進出に積極的 中国「OKCoin(オーケーコイン)」と同様に、世界大手仮想通貨取引所「Huobi(フォビ)」もアメリカにおいて仮想通貨取引のサービスをスタートさせています。このように中国の取引所の「海外進出」が活発化しています。また、コインデスクによれば、OKCoinはすでにアメリカでサービスを開始しています。 米ドル(USD)の入出金をはじめ、仮想通貨「ビットコイン(BTC)」と「イーサリアム(ETH)」 「ビットコインキャッシュ(BTC)」「ライトコイン(LTC)」「イーサリアム ・クラシック(ETC)」の交換を実現しているといいます。 しかし、現時点で、取引ができるのは、本社を置くカリフォルニア州jの居住者のみとなっています。 世界でもトップクラスの「OKCoin」 OKCoin(オーケーコイン)は「中国3大取引所」のひとつに数えられます。ユーザー数も多く、取引高も世界でトップクラスの仮想通貨取引所です。取引量が多いということは、仮想通貨の流動性が高いと言えます。 つまり、取引自体が成立しやすいという特徴があります。日本からは目立った評判はないものの、世界でも4位の取引金額となっている点がすべての評判を物語っているのでしょう。 まとめ 中国では昨年の9月以降に、ビットコインなどの仮想通貨取引やICO(イニシャル・コイン・おオファリング)が禁止となっています。しかし現在でも「OKCoin(オーケーコイン)」存続しています。世界中にユーザーがいることから今後も問題なく運営されていくでしょう。海外展開に積極的なOKCoinの今後に注目が集まります。

ニュース

仮想通貨やICOに対して批判的な中国 中国人民銀行の副総裁がICOを試みる事業に警告

ICOに対して、過去の発言を超える批判的な言葉を投げかけた中国人民銀行の副総裁が、中国人を対象としたICOを試みる事業を全滅させるという警告をしたことが明らかになりました。 中国人民銀行の副総裁による警告 中国人民銀行による通告、そしてそれに続く中国メディアの「第一財産」によると、同行の副総裁を務めるパン・ゴンジャン氏が、ICO禁止令に関する立場と規制を維持する必要性について、改めて強調しています。 パン氏は、中国人民銀行のインターネット金融調整作業部会の会議中に、我々はICOに対して引き続き警戒する必要があると述べています。 インターネット上の新たな金融商品と取引形式の出現を考慮した上で、ICOや、ビットコイン(BTC)、現金ローンといった商品が既存の法的枠組みと政策的枠組みに合致しない場合、状況に応じて中国人民銀行は行動し、パン氏はそのような商品を提供する事業を「壊滅させる」と付け加えています。 仮想通貨取引とICOが禁止の中国 2017年9月に中国では仮想通貨取引とICOが全面禁止となりました。中国政府は、2018年に入ってからも仮想通貨やICOに対する規制を維持していますが、反対にブロックチェーンに対しては積極的で前向きな姿勢を示しています。さらに、政府が行う仮想通貨の格付けなども発表しており、今後ブロックチェーンプロジェクトの格付けも行われる予定だそうです。 依然として、仮想通貨取引も中国政府から厳しい視線が向けられています。規模縮小の圧力に晒されながらも、同国のマイニングセクターは現在も機能し続けています。 かつて、中国の仮想通貨市場は世界一の取引量を誇っていました。しかし、中国人民銀行によると、現在は世界中のビットコイン取引に用いられている通貨の中で、人民元が占める割合は1%にも満たないようです。 取引所BTCCがネイティブトークン発行計画 そんな中国は、以前BTCチャイナとして知られていた仮想通貨取引所BTCCが、ネイティブトークンを発行する計画を発表しています。2011年に開設されたBTCチャイナは、かつて中国でトップ3に入る仮想通貨取引所でしたが、政府が仮想通貨取引やICOを禁止にするという噂を聞き、2017年の9月に閉鎖しています。 新サイトはポイント基盤のシステムを発表しており、ユーザーがサイトの登録や資金の預け入れや取引によって稼いだポイントは、ネイティブトークンであるBTCCトークンと交換することが可能となっていますが、発行日については明らかになっていません。 2018年にBTCCは、取引プラットフォームのほか、マイニングプールやモビウォレットのソフトウェアにも注力してきました。同社は同年1月に、香港に拠点を置くブロックチェーン投資ファンドに買収され、ブランド再考と拡大を推進させる見込みです。 まとめ 中国では2017年9月から、仮想通貨取引やICOを全面禁止となっています。ICOに対してこれまで以上に批判的な言葉を中国人民銀行の副総裁が投げかけ、中国人を対象としたICOを試みる事業に警告しています。仮想通貨やICOに対して、引き続き否定的な様子を見せる中国から目が離せません。

ニュース

世界で相次ぐ「異常気象」 仮想通貨のマイニングに影響を与える?

平成に入って以降、最悪の豪雨災害となってしまった西日本は甚大な被害となり、現在でも復旧作業が続いています。日本以外でも、ヨーロッパの熱波、中国四川省での大洪水など相次いで世界中で「異常気象」が起きています。このような異常気象が仮想通貨の「マイニングのハッシュレート(採掘速度)」を低下させているといいます。 異常気象が「マイニングのハッシュレート(採掘速度)」を低下させている? アメリカ「Morgan Stanley(モルガン・スタンレー)」のアナリストによると、6月に起きた中国四川省での大洪水が、仮想通貨のマイニング(採掘)活動の10%前後の影響を与えたとしています。 「中国のマイナーは世界のビットコインやその他主要仮想通貨の50~70%を生成していることを考えると、今回の件でマイニング業界の脆弱性が露呈しただろう」 と、マイニング大国と呼ばれる中国に、マイニング業者が集中しているリスクを指摘しています。 四川省で起きた「洪水災害」が仮想通貨マイニングに影響か このように、数万台ものマイニングマシンが修復不可能となった、中国四川省で起きた「洪水災害」が原因で、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のハッシュレート(採掘速度)が低下した、という見方が広がっています。 しかし原因はそれだけではないという声も挙がっています。 分散型アプリケーション「DApp(Decentralized Applications)」のプラットフォームを運営するCentralityの創設者のひとりマクドナルド氏は、複数の要因が重なったからだと主張しています。 「四川省での洪水に加え、1週間続いたヨーロッパでの熱波やマイナーの利益を損ねたビットコイン価格の低下が組み合わさったため、マイニングのハッシュレートが低下した」 と推測しています。 まとめ 寒冷な気温かつ安価な電気代を活かしマイニング企業が集中する中国の首都・北京では、マイニングにより消費する膨大な電力に悩まされているといいます。2018年末にはビットコインのマイニングに使われる「世界の消費量の0.5%を占める可能性がある」という指摘もあるほどです。さらに世界中で相次いでいる異常気象。今後仮想通貨マイニング、ひいては市場全体に大きな影響を与えるのでしょうか。

ニュース

ブロックチェーンベースのID認証システムを中国政府が明確化へ

世界中の12を超える国が、公共サービスをブロックチェーンで向上させる方法を模索し、試験的に実施しています。 それらの国々の中に中国も含まれています。地位を掴もうとする新興技術の中での取り組みは実行中のプロジェクトであり、2016年の「第13次五ヵ年計画」のなかに、ブロックチェーンは記されています。 土台に焦点を当てる中国人民銀行 中国は、2017年にブロックチェーンの特許数で世界一を誇っており、中央銀行である中国人民銀行がリストのトップに位置していました。中国市民のバーチャルなIDを作ることは、多くの応用を作る土台であり最も焦点を当てているようです。 政府のデータを「E-BaoNet」という企業の下で、商業化することが専門のブロックチェーンスタートアップ 「THEKEY」 は、ブロックチェーン上に社会保険を置こうとしています。それを実現するために、強固なID認証システムを確保するということが第一歩でありますが、健康に関する情報を含んでいることを考えれば、そのタスクはより重要なものとなります。 厳重な規則で守られている中国政府のデータ あらゆるブロックチェーンIDアプリケーションにとって、政府のデータは基礎、あるいは鍵となるものです。それがないアプリケーションは役に立ちませんが、このデータを集めるのは簡単なことではありません。THEKEYの会長兼CEOを務めるキャサリン・リー氏氏によると「中心的なデータベースがないことが問題」だとしています。 また、このデータは厳重な規則の下で使わなくてはなりません。THEKEYによれば、権限のない人間の目に触れたり、ダウンロードされたりすることがあってはならず、第三者の手に渡ることも、政府の目の届かないところに行くことも許されないとしています。 初期のID認証システムを中国の66の都市で実行 THEKEY の根底とも言えるBDMIという技術は、基礎に生体データを使用しており、これも政府が大きく投資している分野だそうです。中国で、医者に診てもらうために順番を待つことや事務手続きが多かったりするのですが、こういった面倒をBDMIは簡略化してくれます。 このプロジェクトは進行中ではありますが、すでにTHEKEYのプロジェクトチームは、中国の66の都市でブロックチェーンをベースとしない初期のID認証システムを実行しているようで、2億1,000万人をカバーしているといいます。さらに、THEKEYは東南アジアという海外市場も視野に入れているようです まとめ ブロックチェーンに対して前向きで積極的な中国は、政府がブロックチェーンをベースとしたID認証システムを明確化しようとしています。公共サービスをブロックチェーンで向上させようと、あらゆる方法を模索し試験的に実施していますが、その中に中国も含まれています。未だ進行中のこのプロジェクトから目が離せません。