TAG ベネズエラ

ニュース

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月31日

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月31日 【7月24日】 ブロックチェーン技術のさらなる発展に向けて中国の南京が投資ファンドを設立 ブロックチェーン技術の発展のため、中国の南京が日本円で約1,640億円の投資ファンドを設立したことが明らかになりました。政府はブロックチェーン技術に関して積極的な動きを見せています。 【7月25日】 カナダのメッセージアプリKikがKinトークン関連のプロダクトKinitのベータ版をリリース KinトークンによるICOで1億ドルを集めた「Kik」が、Kinトークン関連のプロダクト「Kinit」の最初のベータ版をリリースしたことが明らかになりました。 【7月26日】 仮想通貨「ビリオネア」メロン氏の伝記映画にジョニー・デップ氏が主演か ジョニー・デップ(Johnny Depp)氏が、リップルで1100億円を稼いだとされる、故マシュー・メロン氏の伝記映画に主演に抜擢される可能性があることが明らかになりました。 【7月27日】 ベネズエラ政府発行の仮想通貨「ペトロ」を裏付けにした新通貨を8月に流通開始 南米・ベネズエラの大統領であるNicolás Maduro(ニコラス・マドゥロ)氏は、仮想通貨に裏付けられたベネズエラの「新通貨ボリバル・ソベラノ」を来月20日に流通が開始することを発表した。 【7月28日】 「Uber」の元CTOが投資する企業、仮想通貨の取引手数料無料のモバイルアプリを発表 配車サービス「Uber(ウーバー)」の共同設立者によって支援を受けた、スタートアップである「Voyager(ボイジャー)」が仮想通貨ビットコインなど15銘柄以上を取り扱うモバイルアプリを提供する計画を明らかにしました。 【7月29日】 ナスダック「仮想通貨関連の合法化」に向けて非公開の会合を開く 株式市場「NASDAQ(ナスダック)」が、シカゴで仮想通貨関連事業の「合法化」に向けた議題を話し合うための会合を開催したことが明らかになりました。 【7月30日】 Google「Android(アンドロイド)」端末の仮想通貨マイニングアプリを禁止を発表 「Google(グーグル)」はGoogle Playデベロッパープログラムポリシーの更新において、仮想通貨におけるマイニングに対する変更点を発表し、仮想通貨の「マイニング(採掘)アプリ」を禁止にしました。 まとめ 先週から今週にかけてのニュースは、中国の南京が投資ファンドを設立、ベネズエラが新通貨を8月に流通開始、ナスダックが非公開の会合を開く、と世界各国で仮想通貨に対する見方はさまざまな事が分かります。今後はどのような法整備や規制がなされていくのでしょうか。仮想通貨市場の動向に今後も注目していきます。 以上、週刊コインディアでした。来週もお楽しみに!

ニュース

ベネズエラ政府発行の仮想通貨「ペトロ」を裏付けにした新通貨を8月に流通開始

現地の国営報道機関・Telesurが報じたところによると、南米・ベネズエラの大統領であるNicolás Maduro(ニコラス・マドゥロ)氏は、仮想通貨に裏付けられたベネズエラの「新通貨」を来月20日に流通が開始することを発表しました。 ベネズエラの新通貨「ボリバル・ソベラノ」 現地紙Telesurによると、ベネズエラの新通貨とは「ボリバル・ソベラノ」と呼ばれ、現行の通貨「ボリバル・フエルテ(VEF)」から5桁切り下るとして、同国発行の仮想通貨の「ペトロ(PTR)」に関連づけられるといいます。「100,00ボリバル」を新通貨「1ボリバル・ソベラノ」に切り替えるとしています。この「通貨単位の切り下げ」はハイパーインフレ下では度々用いられます。 このような背景には、ベネズエラは国内情勢や外交などが起因で大規模なハイパーインフレーションの影響を受けていることがあげられます。 また、新通貨の流通により、インフレや現金不足を解決するのに一役買うといい、ベネズエラ人にとって日常になりつつあるATMに見る、長蛇の列を緩和できるといいます。 「通貨単位の切り下げ」を敢行 現在、ベネズエラでは、政府が紙幣の印刷を海外に委託する手法をとっています。しかし外貨不足やインフレの加速により、紙幣の供給が追いついていない現状があります。 ベネズエラ国民は、現金をほとんど使っていません。そのため、今回の通貨単位の切り下げも金融システム上で、新通貨「ボリバル・ソベラノ」と「ボリバル・フエルテ」の交換レートを操作するだけで済むとされています。 まとめ そして「IME(国際通貨基金)」が現在のベネズエラの実情が似ていると評する、ジンバブエは、2009年に1兆ジンバブエドルを12ケタ切り下げ、1ジンバブエドルに切り替えています。しかし、通貨のゼロを減らすだけではインフレの脱却にはならない、という専門家の声もあがっています。来月から流通するベネズエラの新通貨は、同国経済にどのような影響をもたらすのでしょうか。

ニュース

ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」 経済の改善にほとんど役に立たず

ハイパーインフレや外資不足などで困窮するベネズエラは、独自の仮想通貨「ペトロ」を発行し経済危機からの脱出を試みていました。 しかし、ペトロを発行するも状況は全く良くならず、経済の改善にほとんど役に立たなかったと言います。 経済危機に悩むベネズエラ 2017年末、ベネズエラ政府は経済危機脱出のための奇策を発表し、2018年2月20日にペトロを発行しました。 この時、8,240万枚発行され、これによって約7億ドル(約770億円)を調達したと言われていますが、結果、経済を改善するには至りませんでした。 経済を改善できない理由 ベネズエラは、石油埋蔵量に支えられた独自の仮想通貨を持つ最初の国となりました。そんなベネズエラは、2014年頃から深刻な経済危機に陥っており、原因として「原油安」とされていました。 しかし、2017年から原油価格は回復しているにも関わらず、ベネズエラの経済が変わる気配はありません。ベネズエラの経済危機の本当の原因は、原油安ではなく「マドゥロ政権の経済失政」など別のところにあったようです。 インフレや既存通貨ボリバルの下落は止まらず、インフレ率はついに年間10,000%を超えてしまいました。マドゥロ政権に対して、国民による抗議デモは頻繁に行われてきましたが、マドゥロ大統領はデモや野党の活動を弾圧し独裁色を強めているため、マドゥロ政権の打倒は成功していません。 ペトロの発行が経済を改善できなかった理由として2つ挙げられます。1つは「もともとペトロに改善できる見込みがなかった」、もう1つは大統領が「独裁色を強めたこと」です。マドゥロ政権に対してアメリカが敵視し、国内外の投資家にペトロの購入をしないよう要求していたようです。 まとめ ベネズエラはハイパーインフレのほか、既存通貨の価値もなくなってきており経済危機に追われています。自国の仮想通貨ペトロを発行するも、経済の改善にはほとんど役に立たなかったようです。改善できなかった理由として、大統領が独裁色を強めたことにあるようです。危機的状況に追われているベネズエラから目が離せません。

ニュース

仮想通貨ペトロ(Petro)が鍵!経済難ベネズエラの「奇策」とは

昨年末をピークとすると、仮想通貨の熱は落ち着きをみせていて、世界各国では国際的な規制が強まろうとしています。 そんな中、南米のベネズエラ・ボリバル共和国(通称ベネズエラ) が動きをみせています。ベネズエラ政府が発行する仮想通貨「Petro(ペトロ)」を資産にした銀行を開設する方針ということを発表しました。 若者や学生を援助が目的の銀行 ベネズエラのマドロ大統領は、政府が発行元の12億ドル相当のペトロを元手に、銀行を立ち上げることをテレスール紙に提言したそうです。 その銀行とは「若者や学生を援助が目的の銀行」といい、マドロ大統領はベネズエラの革新的な成長を促すことが目的だと述べています。これは、仮想通貨銀行を立ち上げることで、多くの人にペトロを利用してもらい、通貨そのものの流動性を高めることが最大の狙いということが分かります。 経済制裁が課されているベネズエラ 現在ベネズエラは、マドロ大統領による事実上の「独裁政権」を手にしています。アメリカをはじめとする世界各国から、経済制裁が課されハイパーインフレに陥り、紙幣が不足している状況となっています。近年ベネズエラでは、急速に電子マネーが普及しています。自身の生活を守るため、「庶民」は電子マネーに移行しているといいます。 そんな中、マドロ政権は、今年2月この財政破綻の危機に「奇策」を用います。それはペトロを「政府発行」するという事でした。 このペトロを発行するに際して、マドロ大統領は「ベネズエラの繁栄のために大成功を収めようとしている」と述べた上で、アメリカやトルコなどの裕福な国の投資家から強い関心を集めている、という強気な発言もみられました。 アメリカではペトロ(Petro)の取引が禁止に しかし、仮想通貨という流行りに便乗した安易な経済政策として、多くのメディアが警鐘を鳴らし続けてきました。 さらに米トランプ大統領は、アメリカ市民がペトロの取引をすることを禁止しました。この大統領令により、大半のアメリカ人投資家を失うことになり、ベネズエラにとっては前途多難な状況となりました。 まとめ ベネズエラは世界最大量の石油埋蔵量を誇るも、目下ハイパーインフレにより、苦境に喘いでいます。懐疑的な見方が多い仮想通貨ペトロという、官製の仮想通貨を発行し銀行を立ち上げることが失敗した場合、さらに仮想通貨の信頼を失うことになりかねません。 最近、世界有数の国際金融グループのゴールドマン・サックスは「大半の仮想通貨は価値が無くなる」と、予言をしています。このように現状では、仮想通貨市場に対して様々な意見が入り乱れています。果たしてベネズエラの経済は、仮想通貨が起爆剤となり好転するのでしょうか。それを判断するにはもう少し動向を見守る必要があります。