TAG ビットコイン

ニュース

「キムチプレミアム 」韓国の若者が仮想通貨に熱狂する3つの理由とは

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれ、その熱は加速し全世界で盛り上がりをみせました。そんな中昨年末時点で、その取引の3分の1は韓国勢によるものだっといいます。 仮想通貨は数多く存在しますが、韓国では特に仮想通貨の元祖ビットコイン(BTC)の人気が高いそうです。 狂乱の韓国仮想通貨市場「キムチプレミアム」 なぜ韓国ではそこまでの熱狂ぶりをみせたのでしょうか。それはいわゆる「キムチプレミアム」とよばれ、その価格が他の国と比較すると高値に設定されることで、これは「韓国特有」の価格設定なのです。 そして仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」以外の主要アルトコインの人気もあり、2017年12月にはなんと「イーサリアム(Etherum/ETH)」の17%にものぼる取引量は韓国勢が占めていたといいます。 ではなぜ韓国では仮想通貨取引に人気が集まっているのでしょうか。Investopediaによると、それには大別して3つの理由があるといいます。 1.韓国の揺れる経済状況 2.最新技術に長けている 3.不安定な政情 1.韓国の揺れる経済状況 このような状況に、若者は、仮想通貨投資することで一攫千金いわゆる「億り人」を狙う機会を伺っているといいます。このような背景には、韓国では失業率の高さが深刻な問題となっています。 2.最新技術に長けている 韓国は最新の技術を早期に導入した国のひとつだといいます。多岐にわたるインターネットにおけるサービスや技術を応用することにも長け、仮想通貨取引にも熱が加わったと推察されます。 3.不安定な政情 韓国に隣接国、北朝鮮では近年、核開発に関する問題で政治的な緊張が高まっています。仮想通貨、ビットコインの国境を超えた立ち位置は、北朝鮮を問題視する韓国の投資家にとって魅力的に映るとされています。 まとめ 韓国における、他国市場より高値になる「キムチプレミアム 」はまさに狂乱とも言え、多くの若者の人気を集めました。しかし2018年2月には仮想通貨市場全体が冷え込み、1月高値の3分の1にまで暴落しました。現在、韓国では厳しい規制を敷くなどして落ち着きをみせているようです。今後も韓国の仮想通貨に対する動向に世界から注目されます。

ニュース

アメリカによる経済制裁 イラン政府、独自の仮想通貨発行を準備か

イランのメディアによると、イランがアメリカによる経済制裁を回避するため、イラン国家が発行元となる「国家独自の仮想通貨」の開発を進め、近いうちにも発行する可能性があることが明らかになりました。 着々と進むイラン政府発行の仮想通貨 イランの国営放送局PressTVによれば、国家独自の仮想通貨開発計画が現在、科学技術省において議題としてあがっているといいます。同省の投資および運営の補佐官であるアリレザ・ダリリ氏は、イラン中央銀行と協力することで、このプロジェクトを進めていると語っています。 この仮想通貨が同国の法廷通貨「リヤル」を支援する形となり、見事「トークン」になれば、来月に発動されるアメリカ大統領トランプ氏の制裁に先立って、イラン国内外を問わず取引をスムーズに進めることができる狙いがあるといいます。 アリレザ・ダリリ氏は 「我々は、イラン国内で国産のデジタル通貨を使用する準備を整えようとしている」 と、地元ニュースメディアに語っています。 来月にもアメリカによる経済制裁を受けるイラン アメリカは2018年5月、イランとの核合意を離脱していて、8月6日以降はイランから「USD(米ドル)」へのアクセスを再び制限するという、経済制裁を発表しています。 これらの背景には、イランが自国での独自仮想通貨を発行するという話は数ヵ月前から持ち上がっていました。来月アメリカによる制裁が近づいてきたことにより、それに先んじて対策をしていくべきだ、という声が高まっていることがありました。 まとめ イラン当局はかねてより、ビットコインなどの一般的な仮想通貨に対して非常に消極的な姿勢を見せています。そして4月には銀行は仮想通貨自体の取り扱いを禁止しています。その一方でイラン国民は、仮想通貨に対して積極的に取り入れているそうです。イランは来月にも米国による制裁が発動するため、同国政府発行の仮想通貨はどのような影響を与えるのでしょうか。今後もイランの動向に注目が集まります。

ニュース

「Uber」の元CTOが投資する企業、仮想通貨の取引手数料無料のモバイルアプリを発表

自動車配車サービスの先駆けである、アメリカ「Uber(ウーバー)」の共同設立者によって支援を受けた、スタートアップである「Voyager(ボイジャー)」が仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」をはじめとする15銘柄以上を取り扱うモバイルアプリを提供する計画を明らかにしました。 「Voyager(ボイジャー)」が提供予定のトレーディングプラットフォーム 「Voyager(ボイジャー)」が提供予定となるトレーディングプラットフォームは、手数料が掛からず取引を可能にしたモバイルアプリで、「ビットコイン(Bitcoin)」をはじめ「イーサリアム(ETH)」など15種類以上の仮想通貨を取り扱うといい、今年中には公開される予定となっています。 株式の取引手数料を無料にして注目を集めた「Robinhood(ロビンフッド)」は、先日「ライトコイン(Litecoin/LTC)」と「ビットコインキャッシュ(Bitcoincash/BCH)」の取り扱いを開始し、すでに5種の仮想通貨を取り扱っていて、ロビンフッドと今回発表されたモバイルアプリと競合になると意識されているそうです。 Uberの元CTO(最高技術責任者)で、今回のプロジェクトに投資をしたOscar Salazar(オスカー・サラザール)氏は 「私たちの目標は、信頼できるエージェントになり、仮想通貨という新しい世界へユーザーを導くことです。シンプルで直感的なユーザーインターフェイスを提供するために完全にスケーラブルなオープンアーキテクチャプラットフォームを構築しました。」 と話しています。 配車サービス「Uber(ウーバー)」 日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、「Uber(ウーバー)」は2009年3月に設立された配車サービスで、「身分登録」をすれば一般の方でもドライバーになれる点が特徴的です。 特に海外では利用者が増加傾向にあり、今後ますます普及していくとされています。 まとめ 現時点で「Voyager(ボイジャー)」のモバイルアプリアプリはベータテストの段階だといいます。今年中に、カリフォルニア州やモンタナ州など、居住者向けに公開される予定となっています。ロビンフッドがそうだったように、今回の発表はビットコインなどの仮想通貨の利用者の普及への大きな一歩となることでしょう。今後もボイジャーへの期待が高まります。

ニュース

ビットコインマイニング企業のビットメイン マイニングに関する新たな方針を明かす

マイニングハードウェアを製造する大手企業であり、ビットコイン(BTC)マイニング企業でもあるビットメインが、マイニングに関する新たな方針を明らかにしました。 ビットメインの新ポリシーは、マイニングハードウェアの出荷とマイニング事業について、仮想通貨エコシステムの透明性と公平性へのコミットメントだとしています。 ビットメインの製品出荷について4つの新たな方針 ビットメインは製品の出荷について、注文する数の制限、はじめに支払った人に出荷する体制の確率、保留の撲滅、出荷状況に関する月次報告書の発行といった4つの新たな方針を明かしました。 ビットメインはブログで、マイニングしているアルゴリズムやハードウェアの各ハッシュレートを、アルゴリズムごとに情報をまとめて30日ごとに公開していくとしています。また、アントマイナーの公式SNSで、定期的に出荷状況について情報を公開するようです。 ビットメインは、※シークレット・マイニングについて改めて許容しない方針を表明しています。同社は、長期的にゼロトレランス方針をとっているとし、シークレット・マイニングについて否定的な立場であることを主張しています。 まとめ ビットコインマイニング企業ビットメインの、マイニングに関する新たな方針が発表されました。マイニングハードウェアの出荷とマイニング事業について、新ポリシーは仮想通貨エコシステムの透明性と公平性へのコミットメントだとしています。ビットメインの今後の活動から目が離せません。

ニュース

スイス 仮想通貨プロジェクトの国外流出を防止する対策を強化

スイスの規制当局は、ビットコインなどの仮想通貨に関連する取引を行う、現在では数少ない銀行のうち2つが2017年に同取引を停止しました。これを受け「仮想通貨プロジェクト」の国外流出を防ぐ対策を強化を始めているといいます。 今後のスイスの仮想通貨市場の動向は スイスの銀行で仮想通貨に関する取引が停止したという事実は、業界関係者は危惧しているといいます。ジブラルタルやケイマン諸島など、ビットコインなどの仮想通貨に対して積極的な姿勢をみせる国外のライバルたちに、「ビジネスチャンス」を奪われかねないことを意味するというのです。 スイスでは、仮想通貨に関連する取引は、従来の銀行業と比べればまだ小さいものです。その一方で、急成長しているため数百人に上る雇用を抱えているといいます。 また、仮想通貨を歓迎する人たちは、仮想通貨については世界金融の未来を創るための大切な革新であると考えているといいます。 「仮想通貨の谷」スイス・ツーク州 例えば、スイスのなかで「裕福」であるツーク州は「クリプトバレー(仮想通貨の谷)」と呼ばれています。その所以とは近年で仮想通貨に関連する企業が200〜300もの企業が設立されているのです。 もしスイス政府が、銀行システムへアクセスを許可しないとなると、さまざまな仮想通貨企業は衰退していってしまうのでは、とツーク州の財務責任者で・テンラー氏は指摘をしています。また、2017年はビットコインなどの仮想通貨は急騰し「仮想通貨元年」と言われたものの、今年の市場は現在も軟調が続いています。このような相場に対して、スイスの研究者らはさらに下落傾向にあるとの声もあがっています。 まとめ スイスは、ヨーロッパ諸国において「仮想通貨先進国」として呼ばれていました。そして現在、スイス当局は、仮想通貨における詐欺などの犯罪を排除し、競争力を維持するための環境の構築を目論んでいるようです。世界で規制が進むなか、スイスはどのような動きをみせるのでしょうか。今後も「永世中立国」の動向に注目が集まります。

ニュース

インド準備銀行の法律顧問が最高裁にビットコインをはじめとする仮想通貨を規制するよう要請

インド準備銀行が仮想通貨を規制するよう最高裁に要請したことが明らかになりました。 インド準備銀行は2018年春に、リスクが高いのを理由に仮想通貨を銀行で取り扱う企業や個人へのサービスを提示することを発表しています。現地の仮想通貨企業はこれに対して反発し、最高裁で法廷闘争に発展しています。 仮想通貨が違法な取引を促す? 最高裁に対し、インド準備銀行の法律顧問を務めるシャーム・ディバン氏は、ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨を規制する必要性を訴えています。この理由として、特定の手段が違法な取引を促し、国際的な資金の流れに影響を及ぼすというのを挙げています。 2018年7月19日、インド準備銀行の仮想通貨を禁止にするかどうかの最終審問を、従来は20日に予定していたようですが、最高裁は9月11日に延期するとしています。 仮想通貨コミュニティからの大きな反発 インド準備銀行による仮想通貨の禁止措置はインドの仮想通貨コミュニティから、オンライン上で禁止を取り消すための署名が集められたほか、インド準備銀行の決定に異議の申し立てをする訴訟に発展するなど、大きな反発を受けました。 また、最高裁は11社の仮想通貨関連業社が求めていた禁止令の借り差し止め命令を認めない判決を下しています。インド準備銀行が設定していた3ヶ月間の猶予期間が過ぎ、禁止が7月5日から完全に発効している状況です。 まとめ インド準備銀行が、ビットコインをはじめとする仮想通貨に規制制度を与える必要があると、最高裁に訴えていることが発表されました。これらは、違法な取引を促して国際的な資金の流れに影響を及ぼすという理由のようです。仮想通貨禁止に関する最終審問は延期となって9月11日に決まるようです。仮想通貨は禁止となってしまうのかどうか、目が離せません。

ニュース

インド 仮想通貨に関連する事業を事実上の「違法化」へ

銀行など金融機関に、ビットコインなどの仮想通貨の取り扱いを禁止とする「インド中央銀行」の命令を巡る裁判では、インド最高裁判所は事実上、インドで仮想通貨に関する事業を「違法化」とする決定を下したことが明らかになりました。 仮想通貨関連事業を事実上「違法化」としたインド インドでは、かねてより仮想通貨関連事業に対して多くの議論を呼んでいました。そんな中、インド中央銀行は今年4月の通知書で、銀行などの金融機関同中銀の規制を受ける機関に対して、仮想通貨に関連するものであれば、サービス提供も禁止になると伝え3カ月以内に仮想通貨関連の事業から撤退するように指示を出しています。このような最高裁の決定により、この命令は有効となりました。 インド政府の懸念に対応するように、すでにインドにある仮想通貨企業は、政府の調査に対して、応じる意向を示しているといいます。また、多くの企業のは「マネーロンダリング(資金洗浄)」対策に関するガイドラインが制定されていて、さまざまなアドバイスも受け入れる意思表明をしています。 仮想通貨に消極的な姿勢をみせるインド 既存の国内法では、「コイン」は金属製かつ物理的な形状を持ち、さらに政府からの刻印があるものと定められています。仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」は通貨としてみなせないと主張しています。 現時点でインド財務省は「正式な禁止」にとする最終決定をまだ下していません。 財務相は、2017年12月にも、仮想通貨ビットコインを「出資金詐欺」などと一蹴し、今年になってからというもの、インドにある大手銀行複数が、不正に決済されるリスクを理由として仮想取引口座を制限や一時的に凍結しています。 まとめ 事実上インドでは仮想通貨に関する事業を違法としました。このような規制はインドは他国より一歩先へ進んだのでしょうか。世界でもさまざまな規制や法整備がなされるなか、インドは仮想通貨に関して消極的な姿勢を貫いています。今後インドでは仮想通貨に少しでも関わる様なことがあれば罰せられてしまうこともあるのでしょうか。今後もインド政府の動向に注目が集まります。

ニュース

ビットコインのエンジニアがスケーラビリティ問題に取り組むビットコイン・オプテックの立ち上げ

ビットコイン(BTC)のエンジニアチームが、ビットコイン・オペレーションズ・テクノロジー・グループ(ビットコイン・オプテック)の立ち上げを発表しました。 ビットコインのスケーラビリティ問題に取り組むとしています。 ビットコイン・オプテックとは ビットコイン・オプテックは、ペイパル社の取締役を務めるウェンセス・カサーレス氏、コールバーク・クラビスロバーツ株式会社の幹部であるジョン・プフェッフアー氏、仮想通貨の研究開発団体のチェーンコード・ラブスといった、業界の主要プレーヤーが支援する非営利団体です。 現在、企業が急速に発展する技術を統合するのに役立つセグウィットの利用や取引のバッチ処理、手数料の見積もり、コインの選定などを、ビットコイン・オプテックは重点的に取り組んでいるようです。 ビットコイン・オプテックは、ビットコインネットワークを協力する企業によって派遣されたエンジニアやオープンソース開発者と協力しながら、エンジニアのためのワークショップの開催、テクニカルスケーリング問題に関するオンラインフォームを主催など、全面的にスケーラビリティ問題に取り組もうとしています。 スケーラビリティ問題に対するLN ネットワーク上の取引数増加がもたらすビットコインのスケーラビリティ問題に対して、提案された解決策の1つにLN(ライトニングネットワーク)があります。これは、メインブロックチェーン上のレイヤーに存在する決済オプションであり、オフチェーンで取引を可能とするものです。 LNの送金時のルーティング機能は、最近の調査で当初考えられていたほどの効果を持たないと示唆し、LNの共同創業者やビットコインの開発者らが、まだLNはテスト段階にあると指摘しているようです。 まとめ ビットコインのエンジニアチームが、新たなビットコイン・オプテックの立ち上げを発表したことが明らかになりました。ビットコイン・オプテックは、業界の主要プレーヤーによって支援されている非営利団体です。ビットコイン・オプテックに世界から注目が集まります。

ニュース

大手取引所「BitMex(ビットメックス )」CEOによる仮想通貨市場の見解とは

サンフランシスコと香港にオフィスを置く、大手仮想通貨取引所「BitMex(ビットメックス )」のCEO(最高経営責任者)である「アーサー・ヘイズ(Arthur Hayes)氏」は、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」はまだ底に到達していない、という見解を述べたことが明らかになりました。 「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」はまだ底に到達していない 仮想通貨取引所「BitMex(ビットメックス )」のCEOアーサー・ヘイズ氏は、2018年の年末までに仮想通貨ビットコインが、およそ5500万相当にあたる5万ドルに達する、との予測をし話題を呼びました。 同氏は海外番組にて以下のように発言をしました。 「ビットコインは再び下落する前に、8000ドル、9000ドル、それから1万ドル付近には達するだろう」 ビットメックス CEOヘイズ氏は、現在のラリーに関して1万ドル前後には達すると予測する一方で、その後は5000ドルを試すと述べています。そこで価格を維持することが出来れば、今年の年末までに5万ドルになるとし、以前からの予想と同様の「5万ドル」の予想を維持することになりました。 また、多くの投資家らは、夏季には休暇を取るため、仮想通貨市場が再び活気をみせるようになるのは第3、4四半期になると補足しています。 BitMex(ビットメックス )」CEOアーサー・ヘイズ氏とは 2008年に大学を卒業してよりアーサー・ヘイズ氏はおよそ5年間にわたり、ドイツ銀行とシティバンクでマーケットメーカー、およびアジア市場を中心として「ETF(上場投資信託)」に携わってきた経歴を持つ実力者です。その2014年に仮想通貨取引所「BitMex(ビットメックス )」を設立し現在CEOを務めています。 まとめ 仮想通貨は値動きが激しい市場として知られています。現在軟調といえる市場ですが、世界でも有数の取引高を誇る仮想通貨取引所「BitMex(ビットメックス )」のCEOアーサー・ヘイズ氏は、今年の年末には5500万相当にあたる5万ドルに達すると予想しています。様々な意見が入り乱れる仮想通貨市場は昨年のような活気を見せるのでしょうか。今度も動向に注目が集まります。

ニュース

カナダの仮想通貨投資ファンドが91%の法定通貨と9%のビットコインを保有

カナダの仮想通貨投資ファンドの「リブモント・クリプト・ファンド」が、資産230万ドルのうち、91%の法定通貨を保有し残りの9%はビットコイン(BTC)で保有している事が明らかになりました。 また、いつ仮想通貨を売却したのか、今後の相場についても前向きな見方を示しました。 仮想通貨市場を楽観視できる理由 リブモント・クリプト・ファンドが注目したのは、30日間の移動平均で、長期トレンドを確認するためには有用だとしています。2018年7月4日時点で30日間の移動平均線を超えたため、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に半分以上の資産をつぎ込んだそうです。 仮想通貨市場を楽観的にみれる大きな理由として、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスの、2018年の純利益が最大で10億ドル(日本円で約1,100億円)に達する見込みである事を挙げています。付け加えるように、この数字はどの一流銀行よりも高いとしています。 2017年に設立されたリブモント・クリプト・ファンドは、リブモント・インベストメンツがポートフォリオを運用します。カナダで仮想通貨を背極的に運用する唯一のファンドだそうです。 ICO投資への興味 カナダのオンタリオ州、アルバータ州、ブリティッシュコロンビア州のSEC(証券取引員会)に登録しており、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、イーサリアムクラシック(ETC)など、その他の仮想通貨のトレードを許可されているといいます。将来的には、ネオ(NEO)やダッシュ(DASH)、ICOへの投資といったものへの興味を示しているようです。 まとめ カナダの仮想通貨投資ファンドであるリブモント・クリプト・ファンドが、資産230万ドルのうち、91%を法定通貨で残りの9%をビットコインで保有していると明かしました。また、仮想通貨をいつ売却したのか、今後の相場に対して前向きな見方を示しています。カナダの仮想通貨に対する動向に目が離せません。