TAG ナスダック

ニュース

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月31日

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月31日 【7月24日】 ブロックチェーン技術のさらなる発展に向けて中国の南京が投資ファンドを設立 ブロックチェーン技術の発展のため、中国の南京が日本円で約1,640億円の投資ファンドを設立したことが明らかになりました。政府はブロックチェーン技術に関して積極的な動きを見せています。 【7月25日】 カナダのメッセージアプリKikがKinトークン関連のプロダクトKinitのベータ版をリリース KinトークンによるICOで1億ドルを集めた「Kik」が、Kinトークン関連のプロダクト「Kinit」の最初のベータ版をリリースしたことが明らかになりました。 【7月26日】 仮想通貨「ビリオネア」メロン氏の伝記映画にジョニー・デップ氏が主演か ジョニー・デップ(Johnny Depp)氏が、リップルで1100億円を稼いだとされる、故マシュー・メロン氏の伝記映画に主演に抜擢される可能性があることが明らかになりました。 【7月27日】 ベネズエラ政府発行の仮想通貨「ペトロ」を裏付けにした新通貨を8月に流通開始 南米・ベネズエラの大統領であるNicolás Maduro(ニコラス・マドゥロ)氏は、仮想通貨に裏付けられたベネズエラの「新通貨ボリバル・ソベラノ」を来月20日に流通が開始することを発表した。 【7月28日】 「Uber」の元CTOが投資する企業、仮想通貨の取引手数料無料のモバイルアプリを発表 配車サービス「Uber(ウーバー)」の共同設立者によって支援を受けた、スタートアップである「Voyager(ボイジャー)」が仮想通貨ビットコインなど15銘柄以上を取り扱うモバイルアプリを提供する計画を明らかにしました。 【7月29日】 ナスダック「仮想通貨関連の合法化」に向けて非公開の会合を開く 株式市場「NASDAQ(ナスダック)」が、シカゴで仮想通貨関連事業の「合法化」に向けた議題を話し合うための会合を開催したことが明らかになりました。 【7月30日】 Google「Android(アンドロイド)」端末の仮想通貨マイニングアプリを禁止を発表 「Google(グーグル)」はGoogle Playデベロッパープログラムポリシーの更新において、仮想通貨におけるマイニングに対する変更点を発表し、仮想通貨の「マイニング(採掘)アプリ」を禁止にしました。 まとめ 先週から今週にかけてのニュースは、中国の南京が投資ファンドを設立、ベネズエラが新通貨を8月に流通開始、ナスダックが非公開の会合を開く、と世界各国で仮想通貨に対する見方はさまざまな事が分かります。今後はどのような法整備や規制がなされていくのでしょうか。仮想通貨市場の動向に今後も注目していきます。 以上、週刊コインディアでした。来週もお楽しみに!

ニュース

ナスダック「仮想通貨関連の合法化」に向けて非公開の会合を開く

ブルームバーグが報じたところによると、アメリカにおけるベンチャー企業向けの株式市場「NASDAQ(ナスダック)」が、シカゴで仮想通貨関連事業の「合法化」に向けた議題を話し合うための会合を開催したことが明らかになりました。この会合は「非公開」だったといいます。 仮想通貨の合法化を目指す「NASDAQ(ナスダック)」が開いた非公開の会合 「NASDAQ(ナスダック)」が開いた非公開の会合の参加者には、金融・仮想通貨界の出身の関係者が六名ほどが参加していたとみられています。また、その中には、世界最大の仮想通貨ビットコインの所有者と呼ばれる「ウィンクルボス兄弟」が運営をする、仮想通貨取引所「Geminiジェミニ」のメンバーが参加していたそうです。 今回の会合の目的は「仮想通貨業界を合法化するため」の段取りを話し合うことだといいます。 今回報じたブルームバーグによれば、ナスダックは会合を開いたことは認めているようです。しかし、それ以上のことは控え、詳しい内容については明らかになっていません。 関係者によると、このようなナスダックの会合は「全ての始まり」に過ぎない、と述べています。 会合参加者に「Gemini(ジェミニ)」のメンバー 先日、ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所には「Gemini(ジェミニ)」は、ニューヨーク証券取引所の幹部をロバート・コーニッシュ氏を、ジェミニにおいて初となる最高技術責任者(CTO)に就任することが明らかになりました。また、最先端技術を取り入れることや、ナスダック)のマーケット関し技術「SMARTS」の運用なども任されることになるといいます。 まとめ 「NASDAQ(ナスダック)」のCEOであるアデナ・フリードマン(Adena Friedman)氏は6月、ビットコインなどの仮想通貨について前向きと捉えられるとなる発言をしています。そして今回の非公開の会合について、詳細は明らかになっていませんが、仮想通貨市場にとって好材料になるものだったのでしょうか。大きな影響力をもつナスダックの言動に世界から注目が集まります。

ニュース

ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所「Gemini(ジェミニ)」に入る新たな人材

世界最大の仮想通貨ビットコインの所有者と呼ばれる「ウィンクルボス兄弟(Winklevoss twins)」が運営を行う、仮想通貨取引所「Gemini(ジェミニ)」が6日に、ニューヨーク証券取引所の最高情報責任者であるロバート・コーニッシュ氏を、ジェミニに迎えることが明らかになりました。 コーニッシュ氏ウィンクルボス兄弟の取引所「Gemini(ジェミニ)」へ 最近、IT業界などから仮想通貨に関連する業界や、その仮想通貨の中核を担う技術・ブロックチェーン業界に優秀な人材が移動するという流れがあるといいます。 そんな中、世界最大の仮想通貨ビットコインの所有者であるウィンクルボス兄弟の取引所「Gemini(ジェミニ)」は、ニューヨーク証券取引所というビッグネームの幹部を獲得することに成功したといえます。 ロバート・コーニッシュ氏は、ジェミニにおいて初となる最高技術責任者(CTO)に就任することが明らかになり、コインテレグラフによると、最先端技術を取り入れることや、「NASDAQ(ナスダック)」のマーケット関し技術「SMARTS」の運用なども任されることになるといいます。 ジェミエのCEOタイラー・ウィンクルボス氏は 「(コーニッシュ氏は)ジェミニが利用者に最高のプラットフォーム体験を提供し、仮想通貨業界全体のスタンダードを作ることを保証する」 と述べ歓迎している様子がわかります。 「NASDAQ(ナスダック)」と「Gemini(ジェミニ)」が市場の鍵を握る 「NASDAQ(ナスダック)」は世界最大のベンチャー企業向け株式市場で、ナスダックCEOであるアデナ・フリードマン氏は「ナスダックがいずれ取引所開設を検討する」と語り、今年4月にナスダックは、仮想通貨取引所ジェミニと協業することを発表しています。双方の言動は今後も大きな影響を与えるでしょう。 まとめ ウィンクルボス兄弟は、世界最大級のSNS「facebook」のアイデアが盗用されたとして、facebook創業者マーク・ザッカーバーグ氏と争い勝訴した双子の兄弟です。また、仮想通貨に投資を開始してから現在に至るまで、一度もビットコインを売却していないことで有名です。取引所「Gemini(ジェミニ)」を運営し、仮想通貨市場で手腕を振るうウィンクルボス兄弟の動向に注目が集まります。

ニュース

ナスダックのCEOが語る 「ハイプ・サイクルの頂点にある仮想通貨は今後もっと進歩する」

「※ハイプ・サイクルの頂点にある仮想通貨には、インターネットにおける経済的構成要素の可能性が十分にある」と語ったのは、アメリカの株式市場ナスダックのCEOであるアデナ・フリードマン氏です。 ハイプ・サイクルの頂点にある仮想通貨 フリードマン氏は、仮想通貨の破壊的な技術について「ナスダックは仮想通貨への参入を希望する時期や、その是非については研究志向のアプローチを取ってきている」と語りました。 また「ナスダックにとって、仮想通貨の構成要素は理解できる物になりつつある。そして、インターネットにおける経済的構成要素となるポテンシャルを持っていると考えている」と述べています。 仮想通貨はいずれ実用的に フリードマン氏は、仮想通貨を「国際商取引の観点における基盤や、目的のような物を通常持っていない投機的な資産」としています。仮想通貨が今以上に浸透すれば、よりシームレスな商取引の方法が生まれることになると考えているようです。 さらに「どの仮想通貨がその機会を作るかについては定かではなく、仮想通貨はいずれ実用的な物になる」と付け加えています。 ブロックチェーンにも言及 さらに「ブロックチェーン技術には十分拡張性があるが、自社の莫大な量の取引を支えるのに拡張させることができないのが現状だ」と、ブロックチェーン技術についてもフリードマン氏は言及しています。 しかし、この技術は一部の市場の補助として使うのは可能だと語っており、フリードマン氏は「私募証券などでは自動化が成されておらず、物事が凄まじく非効率的になっているため、我々はブロックチェーン技術を私募市場に導入しなければならない」と述べています。 ブロックチェーンに適した大いなるチャンスを予想しているフリードマン氏は「ブロックチェーン技術は、今後も素晴らしいものであり続けると考えている。実用化は難しいが、いずれ弊社の事業の力になるかもしれない」と、語っています。 ナスダックのシステムを使った仮想通貨取引所 ナスダックといえば、同社のシステムを使った仮想通貨取引所が開設予定となっています。 ナスダックのインフラを使用した初めての取引所であり、仮想通貨と法定通貨の交換やウォレットサービスを提供する総合金融機関となる計画のようです。 初めは、BTC(ビットコイン)を含む6種類の仮想通貨を取り扱うようで、取引手数料を無料としています。 まとめ アメリカの株式市場ナスダックのCEOであるアデナ・フリードマン氏が、仮想通貨はハイプ・サイクルの頂点にあり今後発展していくと言及しています。また、ブロックチェーンにも同様に言及しており、今後も素晴らしいものであり続けるとしています。仮想通貨とブロックチェーン技術の今後の発展に、注目が集まります。

ニュース

アメリカの株式市場「ナスダック」が仮想通貨取引所「ジェミニ」と提携

アメリカの株式市場ナスダックが、同国で最大手となる仮想通貨取引所「ジェミニ」と提携することがわかりました。 ジェミニは、ナスダックの「※サーベイランステクノロジー」にアクセスすることで、規則に基づいた価格を提供しているかどうかを監視することが可能になることを、ジェミニのCEOであるタイラー・ウィンクルボス氏が述べていました。 ナスダックのCEOのアデナ・フリードマン氏は「※CNBC」とのインタビューで、ナスダックが仮想通貨取引所になるということに、オープンであることを示しているそうです。 規制に関わる問題が無くなって環境が整えば、いずれ仮想通貨の取り扱いを検討すると前向きな姿勢を見せていたようです。しかし、現状は既存の仮想通貨取引所を支えていく方針を公表していました。 仮想通貨に対して前向きなフリードマン氏ですが、ICOに関しては強い警戒心を見せています。ICOは証券とみなされるべきで規制が必要だと訴えているそうです。 ナスダックについて ナスダック(NASDAQ)とは、「National Association of Securities Dealers Automated Quotations」の略です。「National Association of Securities」は全米証券協会のことを表し、「Dealers」は取引業者のことです。「Automated」は自動化されたという意味で、Quotationsは価格表となります。これらをまとめると、「全米証券協会が運営する取引業者のための価格表」となります。 何を意味しているかというと、全米証券協会がネットワークを使って各証券会社が取り扱っている銘柄の、気配値を顧客に提示できる仕組みを「自動の価格表」と言います。このシステムを使うことで、投資家は証券会社に売買注文を出せるようになったのです。 ナスダックはアメリカ合衆国の株式市場の1つで、ハイテク産業の株式を主に取り扱い、約2900社が上場しています。もともと、ナスダックは株価の自動通知システムを意味していて、このシステムを用いて取引が行われる店頭株式市場をナスダック市場と呼ぶのが正確でしょう。 ジェミニが新しい機能を追加 世界で最もビットコインを所有していると知られるウィンクルボス兄弟。彼らが運営している仮想通貨取引所ジェミニが、大量のビットコインを売買した時に起こる影響を軽減できるようにと、新たな機能を追加すること明かしました。 本来、大量の仮想通貨の売買を直接取引で行うと起こる価格変動を、今回の新しい機能「ブロックトレード」によって価格に影響しないことが可能となったそうです。 このプラットフォームを使うことで、ユーザーはブロック注文を「※マーケット・メイカー」のみに公表される形で注文を出すことができるようです。この時、参加者全員が情報にアクセスできるのは10分後出だそうで、このシステムによってビットコイン等の大口取引による影響を軽減できると言われています。 まとめ アメリカの株式市場であるナスダックが、同国で最大級とされる仮想通貨取引所ジェミニとの提携を発表しました。ナスダックの技術を用いて、市場での取引をリアルタイムで監視することができるため、異常な取引パターンを察知してフラグを立てる等に応用されます。また、セキュリティも万全になっているので、ジェミニを利用するユーザーが増えることでしょう。