TAG タイ

仮想通貨

タイ最大の映画館チェーン「Cineplex(シネプレックス)」仮想通貨決済を導入へ

タイ最大の映画館チェーン「Cineplex(シネプレックス)」が、映画のチケット、飲食品などを仮想通貨によって購入をできるように、「仮想通貨決済」を導入の検討を進めていることが明らかになりました。 「Cineplex(シネプレックス)」は仮想通貨決済の導入を検討 最近タイでは、仮想通貨関連の事業に規制を始めています。つい先日でも、「タイ証券取引委員会(SEC)」は、仮想通貨に関連する業者からライセンスの申請を受け入れを開始しています。タイ大手映画館チェーン「Cineplex(シネプレックス)」は仮想通貨決済の受け入れるようですが、現時点では、どの仮想通貨が受け入れられるかは明らかになっていません。 決済ウォレットアプリ「Rapidzpay」では、iOSとAndroidのアプリでサポートされている仮想通貨には現在、「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」「ビットコイキャッシュ(BitcoinCash/BCH)」「ライトコイン(LiteCoin/LTC」が含まれています。 タイで進む仮想通貨の発展と規制 タイ政府は今月4日、「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」の規制を16日から施行すること発表しました。これによって、同国において資金調達手段にICOを活用することができるようになりました。また「タイ証券取引委員会(SEC)」はICOの運用方法についての詳細を固めているといいます。 タイは、完全に規制がなされている環境で、ICOが実施されるという、世界でも少ない事例のひとつとなりました。同じアジアでは、韓国の国会議員らがICOの法制化に向けて検討を進めている現状があります。 まとめ 現在世界各国で、さまざまな分野で仮想通貨決済を受け入れています。日本でも、家電量販店で既に導入がされていて、コジマ、ソフマップでは一部店舗、ビックカメラに関しては全店でビットコインでの支払いが可能となっています。今回の発表のように、タイの映画館で仮想通貨決済を可能となれば、タイの仮想通貨市場はさらに賑わうことになるでしょう。今後も「微笑みの国」の仮想通貨事情に注目が集まります。

ニュース

ブロックチェーンの導入を検討している事をタイ中央銀行の総裁が表明

ブロックチェーンを国内の銀行の業務にあらゆる形で取り入れる事を検討していることを、タイ中央銀行のウィラタイ・サンティプラポップ総裁総裁が明らかにしました。 総裁は、ブロックチェーンを国際送金やサプライチェーンファイナンス業務、文書の認証作業への導入を特に検討しているようです。 ブロックチェーンを導入するメリット ブロックチェーンを国際送金に導入する事で、東南アジア子地域において金融面でのコネクティビティが向上し、国境を超えてよりスムーズな金融サービスが促進されるだろうと、ウィラタイ総裁が述べています。 さらに、ブロックチェーンが詐欺を防ぎ金融情報を保護するという重要な役割を果たすとされています。また、タイ銀行で進められている新しい内規の策定が、競争力の向上とイノベーションを促進するとしています。 仮想通貨関連でのタイの動き 最近、タイでは仮想通貨規制に関する2つの大きな動きがありました。1つめは、同国の財務大臣が仮想通貨の新たな課税の枠組みを明らかにした事です。2つ目は、タイのSEC(証券取引員会)がICOに関する新たな規制が、2018年7月16日から発行した事です。 今回、タイ銀行は初めてブロックチェーン技術の採用に踏み出したわけではないとしており、すでにウィラタイ総裁は銀行間での送金時の円滑化のため、中央銀行が発行するデジタル通貨「CBDC」を導入する見解も表明しているようです。 まとめ タイ中央銀行の総裁が、ブロックチェーンの導入を検討する事を明らかにしました。国際送金やサプライチェーンファイナンス業務、文書の認証作業への導入を考えているようで、国境をこえてよりスムーズな金融サービスが促進されるだろうとされています。どのような結果になるのか、目が離せません。

ニュース

タイが仮想通貨に関する新たな法案「デジタル資産業法」を成立

仮想通貨と聞くと、常に有価証券かどうかという問題が頭を悩ませています。 有価証券性も兼ね備えているという意見も聞かれていますが、当然ながら有価証券とみなされれば、ホルダーは保護され厳しい規制によってブレーキがかかる可能性も考えられます。誰もが歓迎するというわけにはいきません。 タイが新たな法案を成立 日本だけでなく世界中の規制当局が取り組んでいるデジタル資産のカテゴライズという討論を通り越して、仮想通貨とデジタルトークンを定義する「デジタル資産業法」を成立し、税法も改正するなど新しい産業から税収を得ることもできるようにしました。 タイの証券取引員会(SEC)でディレクターを務めるアーチェリー・サマーロッジ氏によると、SECは仮想通貨を悪いものと捉える人とギャンブルに使う人とのバランスを取ろうとしているようです。あまりにも規制が厳しすぎた場合、資産は海外へと流れますが、規制により合法性や正当性を与えることで普及をもたらすとしています。 タイの新しい法律で今回の最も興味深い点は、全てのICOや取引をビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、ステラ(XLM)と指定された7種類の通貨とペアにする必要があることでしょう。 タイがリーダーシップとなるか 仮想通貨のハブを目指す幾多の国家から、一歩抜きん出るほどの変革まではいきませんが、新しい提案でリーダーシップを発揮していく国にこそチャンスは巡ってくるのかもしれません。 日本では、仮想通貨は改正資金決済法が適用されており、金融商品取引法への移行を金融庁が検討しているとされています。もしも、これが事実であった場合、交換業者の管理体制、投資家保護の強化などを含めた市場の健全化に繋がることでしょう。 タイの証券会社協会が仮想通貨取引所の開設を計画 そんなタイでは、証券会社協会が共同で仮想通貨取引所の開設を計画しているようです。コストの削減と技術の共有を目的に、複数の証券会社が一緒に仮想通貨取引所のライセンスの取得を申請するようです。 証券事業免許があれば、デジタル資産ブローカーやディーラー業、デジタルトークンウォレットなどの運営が可能となり、それと同時に会社と投資家の資産の分別管理が求められます。 まとめ 仮想通貨は有価証券かどうかという問題は今でも悩まされている問題であり、一時期イーサリアムやリップルが有価証券としての可能性が高いと言われて時もありました。そんな中タイが一石を投じ、デジタル資産業法を成立し税法も改正しています。仮想通貨に対して積極的な動きを見せているタイから目が離せません。

ニュース

タイ証券会社協会 複数の証券会社が共同して仮想通貨取引所を開設する計画

ASCO(タイ証券会社協会)がコストの削減と技術の共有を目的に、仮想通貨取引所の開設を計画していることが明らかになりました。 仮想通貨取引所のライセンス取得を、複数の証券会社が一斉に申請するようです。 仮想通貨取引所を運営のために免許の申請 ASCO(タイ証券会社協会)の会長を務めるパテラ氏は、国内の証券会社複数が仮想通貨取引所を共同で運営するために、SEC(タイ証券取引委員会)に対して免許の申請を行うとしています。 それと同時に、会社と投資家の資産の分別管理が求められるといいます。長期的に取引所業を証券会社は行っているため、仮想通貨の取引や証券会社の取引に投資家らは興味を示すだろうとパテラ氏は述べ、証券会社の安全なシステムを強調しています。 タイでは、国王令によって2018年5月に仮想通貨は「デジタル資産」「デジタルトークン」として定められています。国内の取引所やICO、ディーラー、トークン発行体など、同年5月14日からSECに90日以内に登録することが求められています。 海外企業が仮想通貨取引所を運営するには また、デジタル資産事業運営の承認を財務省から得る必要があるとしており、デジタル資産の取引は、キャピタルゲインに対して15%の源泉徴収税が課されるようです。 タイは、デジタル資産に関する基本法の策定が最終局面に入っていると、SECの副事務総長は述べています。ICOポータルや取引所を海外企業が運営する際は、免許取得のためにタイに拠点を構えるか、地元のパートナーと手を組む必要があります。 タイで仮想通貨資産を学べるセミナー そんなタイでは、フィンテック協会がICORA社と共同してCryptoasset Revolution(仮想通貨資産について学べる)のコースを運営しています。 このコースを選ぶと、仮想通貨投資に対する万全な知識やICOへの投資について学ぶことができます。第1回のコースは2018年6月12日から始まっており、8月14日までバンコクのグランド・ハイアット・エラワンホテルで行われます。受講を受けるにあたっての価格は、5,755ドル(約63万円)とされています。 フィンテック協会の会長を務めるKorn Chatkavanij氏は、このコースについて理論的な内容からいずれ投資家として参入していくことを見据えて、マーケットの理解や分析等の実践的な内容も盛り込んでいくとしています。 まとめ タイの証券会社がコストの削減や技術を共有することを目的に、共同で仮想通貨取引所の開設の計画を立てていることが明らかになりました。証券会社の会長曰く、投資家は仮想通貨の取引や証券会社との取引に興味を示すだろうとしています。タイ証券会社協会の今後の動向から目が離せません。

ニュース

独自通貨を検討しているタイではSECが50のICOのうち5つを検討

タイのSEC(証券取引員会)が新しいICOの規制の枠組みにおいて、5つのICOを検討していることが明らかになりました。 SECが50のうちの5つのICOを検討 タイでは50のICOの申請があり、その中で5つのICOが基準を満たし準備ができているとのことです。SECのコーポレートファイナンスディレクターの担当者は、今回承認された5つのICOについての詳細に関して、口を開いていなようです。 ICOでは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETC(イーサリアムクラシック)、LTC(ライトコイン)、XLM(ステラー)の7種類の仮想通貨が許可されるとしています。 タイでは、仮想通貨を「デジタルアセットおよびデジタルトークン」と定義されており、SECに登録しなければ、ICOは行うことができないという規制に従うことが義務付けられています。 SECが公開しているICOが承認されやすい条件 ICOが承認されやすいような条件を一部公開しているSECですが「審査は簡単に行うことができ、プロジェクトが商業的な特性を持っていれば資金調達へと進むことが検討される。」と、同担当者は述べています。 国内の市場からICOに対する需要増加に備え、ICOの登録や審査を担当する部署の拡大について、タイのSECは検討している最中だそうです。これは、タイで仮想通貨関連の法改正が2018年5月14日から施行されているためその影響によるものと言われています。 タイの「ICO発行体」「取引所」「ブローカー」「ディーラー」を含む仮想通貨関連の全ての団体は、SECへの登録を事実上施行された5月14日から90日以内に行わなければなりません。 さらにICOを行う際、投資上限額が30万タイパーツ(約9,323ドル)となっており、発行されたICOトークン全体の70%を超えることを禁止とされているようです。 タイの中央銀行が独自通貨の発行を検討 そんなタイでは、中央銀行が独自の仮想通貨の発行を検討していることも明らかになっています。中央銀行が発行するCBDCを用いて、銀行間での新しい取引の在り方を構築する計画を立てているようです。 CBDCを活用すれば、決済にかかる時間とコストの削減にも繋がると期待が寄せられています。 これに対して、中央銀行総裁のウィラタイ・サンティプラポップ氏は「技術的な可能性について研究している。」と述べています。金融機関は、イノベーションのファシリテーターの一方で、金融の安定を守る規制官としています。 また、同氏は「CBDCを早期に採用するのが目的ではなく、事務業務での可能性について模索している。」と述べています。 まとめ タイでは、SECが5つのICOが基準を満たし準備できているため承認の見通しがあるとしています。しかし、そのICOに関する詳細は明かされていません。また、同国では中央銀行が独自の仮想通貨を検討している最中でもあります。CBDCの存在が、時間短縮やコストの削減に繋がるとされています。タイのSECと中央銀行の今後の動向から目が離せません。

ニュース

アジアで仮想通貨取引所が次々と開設 仮想通貨の取り扱いも多数

現在、世界では新たな仮想通貨取引所が設立されています。アジア圏でも新しい仮想通貨取引所が続々と開設を発表し、注目を集めています。 タイ「Jibex」 タイでは、国内の150店舗でハードウェアやIT製品の販売代理店業をおこなうJ.I.Bコンピューターの資本提携により、「Jibex」という仮想通貨取引所が開設されました。 Jibexでは、BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)の5つの仮想通貨がリストされています。 そんなタイでは、財務省が仮想通貨で得た利益から15%の資本利得税を徴収することを計画しています。しかし、税の徴収であるため仮想通貨に対する制限や禁止にする計画はないそうです。 韓国「Coinbit」 韓国のゲーム製作会社Axia Softが「Coinbit」という仮想通貨取引所を開設しました。Coinbitは、オープンした記念に2018年5月末まで取引手数料を無料にするキャンペーンを行っているようです。 現在、BTC(ビットコイン)をはじめとする仮想通貨50種類をリストしており、年末までには100種類以上を取り扱うようです。 韓国では、中国のアプローチと同様に2017年後半にICOが違法となりましたが、将来的にはこの規制は緩和され、SECと同様の投資仮想通貨保護政策が適用される可能性があると言われています。 ベトナム「Kenniex」 ベトナムでは、ホーチミンに本社を置く仮想通貨取引所「Kenniex」が開設されました。 Kenniexはベトナム初の仮想通貨取引所であり「効果的な投資援助を受けることができる」としています。 ここでは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)の2種類を取り扱っており、今後もDASH(ダッシュコイン)、ZEC(ジーキャッシュ)、USDT(テザー)が取り扱い開始になるとされています。 まとめ 世界各国で仮想通貨取引所が開設されていますが、アジアでも波に乗るように開設を発表し注目を集めています。韓国に関してはICOが違法となりましたが、将来的に規制が緩和していくとされています。勢いがすごい仮想通貨産業から、目が離せません。

ニュース

タイで国王令により仮想通貨に対する法制度が施行

タイでは、国王の令により仮想通貨に対する法制度が施行されました。 国政府官報が公表した法律では、仮想通貨は「デジタルアセット及びデジタルトークン」と定義され、タイのSEC(証券取引委員会)の管轄権におかれます。 これに、アピサック・タンティボラウォン財務大臣は「これは仮想通貨やICOの禁止を目的としたものではない」と、述べています。 登録を怠ると罰金または懲役刑 90日以内にSECに登録しなければ、デジタルアセットまたはデジタルトークンを販売することはできません。もしも登録を怠れば、取引で得た金額の最大2倍、最低でも500万バーツ(約1717万円)の罰金が発生します。 さらに、これに従わない場合は最高で2年の懲役刑を科される可能性もあります。 そこでアピサック財務大臣とSECは、国内全ての仮想通貨取引所や独立ブローカー、独立ディーラーに対して、機関へ登録するよう求める方針だそうです。 国内銀行で仮想通貨の売買・投資禁止 2018年3月に草案が提出されて以来、この国王令は数回に渡り改訂されています。規制についての問題が解決されていないという不透明性により、タイの中央銀行は国内銀行による仮想通貨の売買、投資を禁止としました。 さらに、TDAX(タイ・デジタル・アセット・エクスチェンジ)によるICOの取引や登録も一時的に停止としました。 仮想通貨の利益から税を徴収する計画 また、タイでは仮想通貨による利益から、最大15%の資本利得税を徴収する計画を財務省が強調しています。 この法案は、決済とICOのガイドラインに関するものであり、仮想通貨業者が金融当局への登録するよう求めるとしています。 まとめ 国王令により、仮想通貨に対する法制度が施行されました。デジタルアセットやデジタルトークンの販売にはSECへの登録が必要で、これを怠ると罰金または懲役刑が課せられます。国内の銀行での仮想通貨の売買や投資も禁止としています。TDAXも一時的に停止となりましたが、タイの仮想通貨に対する姿勢に今後も注目が集まります。