TAG クリプトジャック

ニュース

バルブ・コーポレーションのSteam クリプトジャックの疑いと不正行為でインディーズゲームを削除

バルブ・コーポレーションが運営するゲームのマーケットプレイスである「Steam」から、あるゲームが削除されたことが明らかになりました。 削除された理由として、ユーザーのコンピューターを乗っ取り、仮想通貨のマイニングをさせているという疑いが浮上したからだそうです。 Steamがインディーズゲームを削除 Steamは不正行為とクリプトジャックの疑いで、インディーズゲームの「アブストラクティズム」を削除し、プラットフォーム上でディベロッパーのアカウントを停止したとしています。 今回の措置は、ユーザーからセットアップファイルの中に「トロイの木馬」やマルウェアが含まれているという苦情を受けてのものだとしています。マルウェアは、steam.exeプロセスやランチャーとして偽装されていたといいます。 このゲームの開発者であるオカロ・ユニオンとパブリッシャーであるdead.teamは、Steamでアブストラクティズムをリリースしています。ゲームでは、プレイヤーには知らされていないプロセスを実行する可能性のある警告サインがあったとしています。 詐欺行為に1人のユーザーが告発 ある1人のユーザーがゲーム内でのアイテムの詐欺行為について告発しています。Team Fortress2と同じ名前とデザインを流用したアイテムは、不注意なプレイヤーが勘違いするようにしたものだとみられています。 ユーチューバーや他のユーザーが検証したところ、比較的規模が小さいゲームのアブストラクティズムを実行すると、多くのシステムリソースが使用され、マルウェアのアラートを引き起こすことが発覚しました。 しかし、クリプトジャックの疑いについてオカロ・ユニオンは否定しています。CPUやGPUのリソース増加は、プレイヤー側によるグラフィック設定が原因だと主張しています。 まとめ ゲームを通じてクリプトジャックの疑いがあることから、バルブ・コーポレーションが運営するゲームのマーケットプレイスのSteamから、アブストラクティズムというゲームが削除されました。不正行為とクリプトジャックの疑いで削除され、プラットフォーム上でディベロッパーのアカウントを停止したようです。ゲームを通じた今回の出来事に、世界から注目が集まります。

ニュース

マルウェアバイト・ラボのレポート 「クリプトジャック」仮想通貨市場の動向に比例し減少傾向

昨年のピークに比較すると、ビットコインをはじめ仮想通貨自体の価格が下がったことに比例するように、サイバー犯罪者らも「クリプトジャック」への関心が薄れている可能性が出てきていることが明らかになりました。 「マルウェアバイト・ラボ」がリリースしたレポートとは 「クリプトジャック」とは、所有者に無断で、もしくは所有者に知らせずに、PCの処理能力を利用しビットコインなどの仮想通貨をマイニング(採掘)をする行為のことを指します。 「マルウェアバイト・ラボ」がリリースしたレポートによると、「クリプトジャック」は依然として横行しています。しかしその一方で、全体的にみると検出数が減少している傾向があり、このような動きが衰退を始めている可能性があるといいます。 また、サイバー犯罪者にとって、その「見返り」が期待はずれになったため、クリプトジャックの脅威が減少してきているそうです。クリプトジャックは、仮想通貨市場の価格変動に応じて「安定」をみせるのではないか、と付け加えています。 「クリプトジャック」は減少傾向か それでも「クリプトジャック」の手口は、多様化・巧妙化しているとも述べています。仮想通貨マイニングを行うプログラム「コインハイブ」に関連する活動が多く発見され続けています。日本でもこのコインハブ を無断で利用者に設置したとして、逮捕者が出て話題になりました。また、「クリプトルーツ」というブラウザ上に埋め込まれた他のプログラムが以前より広まっているといいます。 まとめ クリプトジャックの脅威は減少の傾向にあると分析の結果が出ているそうです。その要因には、仮想通貨の価格の下落にあります。その一方で仮想通貨取引所では、詐欺師からすると魅力的なターゲーットであるといえ、依然としてハッキング被害が後を絶ちません。仮想通貨におけるセキュリティが「100%安全」といえる日はいつになるのでしょうか。今後も市場から目が話せません。