ソフトバンクがアメリカの企業と協働  ブロックチェーン技術を用いた認証システムを共同開発

ソフトバンク株式会社がアメリカのクラウドマインズ社と協働し、ブロックチェーン技術を用いた高セキュリティな「認証システム」を開発したことを明らかにしました。

高セキュリティの認証システム

この認証システムは、クラウドマインズ社が持つブロックチェーンベースの「認証ソリューション」と「モバイルキャリアの認証プラットフォーム」が組み合わさったものです。

loTやフィンテックなどが急速な発展をしている中で、デバイスが多様化しサービス利用時の認証や、ネットワーク接続を行う機会が増えており、デバイスやユーザー、サービスを連携して管理することが重要になってきています。

デバイス固有のIDと所有者の情報がブロックチェーン上で関連付けることで、認証が可能となりIDやパスワードいらずでウェブサービスにログインすることができます。

このシステムの開発には、強力な※DDoS攻撃による対策が可能なSDPプロトコルを採用しています。この技術により、高セキュリティなID管理を提供できるようになりました。

クラウドマインズ社とは

クラウドマインズ社は、ブロックチェーンベースのソリューションを提供する企業で、実績ある企業です。クラウドロボットソリューションの先駆的企業として、ソリューションの開発や運用を行っています。

今回、採用されたクラウドマインズ社のCMPC技術は、合意形成システムとしてLPOWを使用しており、この技術を採用した理由としてソフトバンクは「51%攻撃を防ぐため」としています。

大きな進歩になる今回の協働

ソフトバンクのITサービス開発本部の本部長を務める福泉武史氏は

「クラウドマインズ社との協働によって、フィンテックサービスなどにおける認証やloT機器とサービスの連携管理が、大きな進歩になると確信しています。」

と述べています。

また、クラウドマインズ社のCEOであるビル・ファン氏は

「今回の共同開発は、IDoT基盤の実現に繋がる第一歩になる。単独の企業が独占的に利用することはできず、1つの企業が参加することをやめたとしてもプラットフォームは依然維持されます。我々は、少しずつ近づいてきている自律的な世界に対し、IDoTが必要不可欠になると考えています。」

と、IDoTの重要性について述べています。

「51%攻撃」→悪意あるグループがブロックチェーン上における取引の承認権を独占し、ネットワークを乱すことです。

「DDoS」→Webサーバーに対して、大量のリクエストを送り膨大な処理負荷を起こし、サース停止状態まで追い込むネットワーク攻撃です。

「SDPプロトコル」→ストリーミングメディアの初期値を記述するための形式の1つです

まとめ

ソフトバンク株式会社がアメリカの企業「クラウドマインズ社」と提携して、ブロックチェーンをベースとした認証システムの共同開発を行いました。認証システムには、クラウドマインズ社が持つ技術「LPOW」が活用されています。ソフトバンクとクラウドマインズ社は、今回の共同開発によって得るものが大きいと感じているようで、次の新たなステップになると述べていました。

SBIホールディングスが仮想通貨取引所を開始宣言 BCHとXRPに注力

2018.04.27