辞任したばかりの「OKEx」の元CEOが、競合取引所「Huobi」へ衝撃の移籍!

世界最大級の中国の仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)のCEOである李書沸(リー・シュウフェイ)氏が、Huobi(フォビ)の要職に就いたことが明らかになりました。

中国の3大仮想通貨取引所と呼ばれているのが「OKEx(オーケーイーエックス)」「Huobi(フォビ)」「Binance(バイナンス)」です。つまり、リー氏は「競合」に移籍する形となりました。

仮想通貨取引所「OKEx」の元CEO

李書沸(リー・シュウフェイ)氏は、香港を拠点とする、仮想通貨取引所「OKEx」のCEOを務めていましたが今月の14日に

「OKExのCEO、OKCグループのCFO、当グループのすべての子会社の取締役の座席、および直ちに有効な機能を今日正式に辞任した」

という内容の辞表を提出し、話題になっていました。
しかし、この突然の辞任に関する詳細は現段階では明かされていません。「個人的な理由」というのが表向きの理由となっているそうです。

そして現在、リー氏の移籍先であるHuobiが発行するトークン「HT」は今回のニュースを受けおよそ14%もの上昇をみせました。

まとめ

現在中国の仮想通貨市場では「3大仮想通貨取引所」はまさに三つ巴の戦いとなっています。取引ベースでみると、OKEx、Binance、Huobiという順番になっています。今回のリー氏の「電撃移籍」は仮想通貨業界に多大な影響を与えることでしょう。今後も中国の「勢力図」に目が離せません。

仮想通貨規制が厳しい中国 仮想通貨取引所OKExが違法取引か

2018.05.04