イスラム教寺院がラマダン期間中に仮想通貨による寄付を受け付けるウォレットを設置

イギリスにあるモスク(イスラム教寺院)が見解に逆らい、ラマダン(断食)期間中にBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)による寄付を受け付けるウォレットを設置しました。

BTCとETHのウォレット設置

この取り組みは、ロンドン東部にあるシャックルウェル・レーン・モスクにて、ブロックチェーンスタートアップ企業のCombo Inovationと提携して行われています。

建物の改修費用として1万ポンド(約146万円)の寄付を受け付けているようで、現在は約1,500ポンド(約21万9,000円)相当の寄付を受け取っているとのことです。

イスラム教徒は仮想通貨に適している

イギリス唯一のシャックルウェル・レーン・モスクは、仮想通貨はイスラム教とは共存不可能と決めつけたイスラムの教学者やトルコ政府に、逆らおうとしています。

仮想通貨はグローバルな特性を持っているため、実際にイスラム教徒が利用するのに適しているという考えを持つ者もいるようです。

仮想通貨への寄付で大きな経済効果

経済的に裕福であるイスラム教徒は、ラマダン中に自身が所有する2.5%の富を寄付することが義務付けられています。

Combo InovationのCEOであるガーミット・シン氏は

「世界人口の1/4を占める約17億人のイスラム教徒が、わずか1%(10億4,000万ポンド=1,523億6,000万円)のビットコインを所有すれば、喜捨による寄付は2,600万ポンドになる。」

と、仮想通貨に寄付することで大きな経済効果をもたらすと考えているようです。

まとめ

イギリスにあるイスラム教寺院で、ラマダン期間中に仮想通貨による寄付用のウォレットを設置しました。経済的に裕福なイスラム教徒は、ラマダン期間中に2.5%の富を寄付することが義務付けられています。また、仮想通貨に寄付することで、大きな経済効果をもたらすと言われています。今回の出来事に影響受けて、他の宗教団体や寺院も仮想通貨を取り入れることが増えていくでしょう。

仮想通貨ウォレット「Ginco」 SentinelProtocolと提携してセキュリティ強化

2018.05.03