ライトコインの創設者が自身の役割とWEG銀行の株式取得後の展望について語る

ライトコイン財団のチャーリー・リー氏が、財団での自身の役割とドイツのWEG銀行の株式取得後の展望について語っています。

また、仮想通貨サービスをWEG銀行が提供する可能性についても言及していることが明らかになりました。

トークンペイから9.9%の株式を取得

つい最近、WEG銀行の株式9.9%を取得したライトコイン財団ですが、仮想通貨決済を手掛けるトークンペイとの戦略的提携の一環として、トークンペイから取得したものだそうです。この提携により、トークンペイに対してライトコイン財団は、ブロックチェーン技術やマーケティング、ロジスティックの専門知識を提供するとしています。

チャーリー氏は、最近の出来事について明確にしたいと述べており、銀行の株式取得の経緯について説明しています。銀行株の取得にライトコイン財団は、一銭も支払っていないとのことで、今回の株式取得はチャーリー氏が銀行の取締役会に参画するためだとしています。

取締役会に参加することでチャーリー氏は、仮想通貨を銀行業務に導入することで、積極的な影響を与える立場になるとしています。また、仮想通貨サービスを銀行で促進することができなくても、ライトコイン財団は株式保有によって利益を得ることができると述べています。

トークンペイが仮想通貨導入を進める

ICOに対して、一部は詐欺でほとんどが失敗で終わっているという理由で批判しているチャーリー氏ですが、トークンペイのTPAYトークンについては、出資者から逃げるようなことをしなかったと絶賛しています。仮想通貨導入をトークンペイが合法的に進めていくことに関心を向けていると語っています。

チャーリー自身、ライトコイン財団はTPAYトークンを所有しておらず、将来的にも所有する計画は今の所はないと付け加えています。

まとめ

ライトコインの創設者が、財団がドイツのWEG銀行の株式を取得した後の展望と、自身の役割について語っています。また、WEG銀行が仮想通貨サービスを提供する可能性についても言及しています。ICOについて批判的な態度を取っている創設者のチャーリー・リー氏の、今後の動向から目が離せません。

仮想通貨「ライトコイン」とは?初心者のために解説

2018.04.14