LINEが仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」を7月にオープンへ

今では、国内で2人に1人以上が利用しているともいわれる人気メッセージツール「LINE」を配信するLINE株式会社が、6月28日に定例的に開催を行なっている事業戦略発表会「LINE CONFERENCE(ライン・カンファレンス) 」にて、仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」をオープンすることを明らかにしました。

LINEによる仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」を発表

今回明らかになった、LINE社がオープンする仮想通貨取引所「BITBOX(ビットボックス)」は、日本とアメリカを除く、全世界を対象としグローバルにサービスを提供するといいます。

現時点では、日本に直接的には関係のない取引所ということになります。

15言語に対応し、取り扱う仮想通貨は「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」などの主要銘柄を含む30種類から取引をスタートする模様です。BITBOXは、仮想通貨同士での取引のみが可能で、法定通貨と仮想通貨間の取引はできないといいます。

サービスの提供を担当するのは、LINE社の傘下に加わっているシンガポールが拠点「LINE Tech Plus」により、2018年7月にサービスを開始するといいます。

仮想通貨市場以外にも拡大を図るLINE

LINE社は、現在の柱であるツール「LINE」のユーザーの伸び悩んでいるとして、電子決済、証券などという金融や通販といった事業の領域を拡大しているところだといいます。 LINEのユーザーを中心とした新しいサービスの利用者として取り込むことで、広告関連の他にも収益源を拡大する狙いだといいます。

LINE社は

「世界中で取引ニーズが高まる中、安全にユーザーの皆さまが取引できる機会の提供準備を進めていた。セキュアな体制で利用できる準備が整った」

と述べています。

まとめ

「LINE」がこの度オープンすると明かした「BITBOX(ビットボックス)」は、日本とアメリカを除くローンチとなるようですが、対応言語が15にも上るため、世界を見据えたプロジェクトであると言えるでしょう。巨額の仮想通貨がハッキングにより流出する、という事件が後を絶たない中、大手であるLINEの仮想通貨取引所の運営に期待が高まります。

世界最大のSNS「Facebook(フェイスブック)」がブロックチェーンのチームを設立

2018.05.11