「キムチプレミアム 」韓国の若者が仮想通貨に熱狂する3つの理由とは

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれ、その熱は加速し全世界で盛り上がりをみせました。そんな中昨年末時点で、その取引の3分の1は韓国勢によるものだっといいます。

仮想通貨は数多く存在しますが、韓国では特に仮想通貨の元祖ビットコイン(BTC)の人気が高いそうです。

狂乱の韓国仮想通貨市場「キムチプレミアム」

なぜ韓国ではそこまでの熱狂ぶりをみせたのでしょうか。それはいわゆる「キムチプレミアム」とよばれ、その価格が他の国と比較すると高値に設定されることで、これは「韓国特有」の価格設定なのです。

そして仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」以外の主要アルトコインの人気もあり、2017年12月にはなんと「イーサリアム(Etherum/ETH)」の17%にものぼる取引量は韓国勢が占めていたといいます。

ではなぜ韓国では仮想通貨取引に人気が集まっているのでしょうか。Investopediaによると、それには大別して3つの理由があるといいます。

1.韓国の揺れる経済状況
2.最新技術に長けている
3.不安定な政情

1.韓国の揺れる経済状況

このような状況に、若者は、仮想通貨投資することで一攫千金いわゆる「億り人」を狙う機会を伺っているといいます。このような背景には、韓国では失業率の高さが深刻な問題となっています。

2.最新技術に長けている

韓国は最新の技術を早期に導入した国のひとつだといいます。多岐にわたるインターネットにおけるサービスや技術を応用することにも長け、仮想通貨取引にも熱が加わったと推察されます。

3.不安定な政情

韓国に隣接国、北朝鮮では近年、核開発に関する問題で政治的な緊張が高まっています。仮想通貨、ビットコインの国境を超えた立ち位置は、北朝鮮を問題視する韓国の投資家にとって魅力的に映るとされています。

まとめ

韓国における、他国市場より高値になる「キムチプレミアム 」はまさに狂乱とも言え、多くの若者の人気を集めました。しかし2018年2月には仮想通貨市場全体が冷え込み、1月高値の3分の1にまで暴落しました。現在、韓国では厳しい規制を敷くなどして落ち着きをみせているようです。今後も韓国の仮想通貨に対する動向に世界から注目されます。