中国の仮想通貨取引所が続々と韓国へ進出する理由とは

現在、韓国に中国の仮想通貨取引所の進出が相次いでいます。

中国では、2017年9月より仮想通貨に対する取り締まりが強化され、中国の仮想通貨取引所やICO、投資家がこぞって韓国市場に活動の場を移しています。

韓国の仮想通貨業界は「中国人投資家によって占有されるのでは?」といった懸念が世間に広がっています。

中国の取引所が拠点移動

中国政府の厳しい規制により「Zeniex」「OKCoin」「Gate.io」といった中国資本の仮想通貨取引所が次々と韓国に拠点を移しています。

Zenixは、仮想通貨やブロックチェーン関連のメディアとの繋がりを持つ仮想通貨取引所で、すでに韓国に拠点を移しておりOKCoinやGate.ioも、つい最近韓国で営業を開始しました。

韓国内での仮想通貨ビジネスは徐々に広まっているようですが、仮想通貨取引所の設立に関する規制が緩いため、支障のない近場の拠点を求める中国企業から人気を支持しています。

ICOを再び合法化なるか

また、仮想通貨に対して政府による厳しい規制が下されている一方で、韓国政府にも新たな動きが見られています。

韓国では、2017年9月から国内でのICOが全面的に禁止となっていますが、現在、同国の国会ではICOを再び合法化させる法案が提出されているようです。

大手のインターネット企業「Kakao」や、世界でも有数の仮想通貨取引所「Bithumb」が、独自のトークンの発行について検討しており、韓国の仮想通貨業界のさらなる活性化に期待が寄せられています。

さらに韓国のFSS(韓国金融監督院)も「仮想通貨が資産とみなされることは確定されたのも同然です。G20にて合意される統一された枠組みのなかで、どのように規制を行って行くかに焦点を当てるべきです。」と、述べています。

業界に影響及ぼす韓国

韓国の仮想通貨に対する動きは、業界に大きな影響を及ぼすとされています。

韓国の大手である仮想通貨取引所Upbit(アップビット)が、2018年初頭に詐欺の疑いで取り調べを受けた際、市場は大きく下落しました。

中国で仮想通貨取引の規制が下されてから、大手取引所は続々と韓国に拠点移動しています。そのため、中国系の仮想通貨取引所によって韓国の仮想通貨市場は牛耳られてしまうのではという懸念の声が聞かれています。

韓国の業界関係者によると「中国の仮想通貨取引所はグローバルマーケットでは重要なプレーヤーです。将来的に、中国の取引所が立ちはだかってくる可能性は高いと思われます。」とコメントしています。

まとめ

中国の仮想通貨取引所が続々と韓国へ進出しています。韓国では、仮想通貨取引所の開設時に認可の必要がないようで、取り締まる規制も整備されていません。韓国の次なる対応が、仮想通貨市場を大きく左右する鍵に繋がるのでは、という声も聞かれています。さらに、韓国の国会では、ICOを再び合法化させる法案が提出されているそうで、韓国の今後の動きから目が離せません。

韓国の大手仮想通貨取引所「ビッサム(Bithumb)」が11カ国で利用を禁止に

2018.05.31