仮想通貨「ビリオネア」メロン氏の伝記映画にジョニー・デップ氏が主演か

ニューヨーク・ポスト紙によると、映画パイレーツ・オブ・カリビアンなどでお馴染みの、人気俳優ジョニー・デップ(Johnny Depp)氏に、故マシュー・メロン氏の伝記映画の主演に抜擢される可能性があることが明らかになりました。

名門「メロン財閥」の御曹司マシュー・メロン

ジョニー・デップ(Johnny Depp)氏が主演を務める可能性が高いとされる、映画の主人公とは、「大富豪」であった故マシュー・メロン氏。同氏は、アメリカのロックフェラー財閥などと並ぶ名門「メロン財閥」ファミリーの出身です。

財閥の御曹司であるメロン氏は、治療を受けるために、数回に渡ってもメキシコ入りをしていました。アメリカでは使用認可が下りていない、幻覚を起こすとされる特性を持る「イボガイン」の治療に引かれていました。

メロン氏がリップルで稼いだ10億ドル(1100億円)

フォーブスによると、マシュー・メロン氏は54歳にして3人の子供を残す形でこの世を去りました。その他にも、さまざまな問題を残していき、そのひとつに、メロン氏が稼いだという10億ドル(1100億円)にも上る仮想通貨「リップル(Ripple/XRP)」が今後どうなるのか、という事が問題となっています。

メロン家は2016年の「アメリカで最も裕福な家族」ではランキングで22位となり、その資産総額は115億ドル(約1.2兆円)とされ、紛れもなく「大富豪」であることを見せつける形となりました。

まとめ

薬物依存症のリハビリ施設に入る直前に亡くなった「メロン財閥」がひとり、マシュー・メロン氏の伝記映画に、俳優ジョニー・デップ氏が主演の候補として名前が挙がっているようです。現時点で詳細は明らかになっていませんが、デップ氏は、メロン役を熱望しているそうです。これが実現した場合、果たして伝説のリップラーを超人気俳優はどのように演じてくれるのでしょうか。注目が集まります。

仮想通貨「資金洗浄」を題材にしたハリウッド映画「Crypto」が撮影中

2018.06.18