ICOを計画している暗号化メールサービスのプロトンメール 年内にICO実施か

スイスを拠点に活動しているプロトンメールが、ICOを計画していることが明らかになりました。

暗号化メールサービスを提供するプロトンメールのCTOを務めるバート・バトラー氏が、自身のツイッターでVCからの伝統的な資金調達に代わって、トークンを発行することを考えているようです。

プロトンメールの目的

プロジェクトの公式サイトであるプロトンコインはすでにローンチされており、ドメイン登録サービスgodaddy.comによれば、protoncoin.comのドメインは2017年2月下旬に作られていて、2018年6月29日に更新されています。

プロトンコインはトークンの機能や技術の基盤、トークンセールの販路など明らかにしていません。しかし、一般人がプロトンメールの拡大と成長、セキュリティとプライバシー重視のプロトンのシステムに参加する方法が、プロトンコインの目的だそうです。

以前からあったICO実施計画

このICOについてツイッターの仮想通貨コミュニティで議論されたのはここ最近ですが、この計画は以前からあったようです。プロトンメールのレディットアカウントにて、将来プロトンメールチームは仮想通貨をリリースする計画があると公開されています。

プロトンメールの広報担当によると、現時点でトークンセールを行うかどうかについて不確実だそうで、もしもやるのであれば年内になるといいます。欧州原子核研究機構によって2013年に開発されたプロトンメールは、2017年8月よりビットコイン(BTC)を決済手段として正式に受け入れています。

まとめ

暗号化メールサービスを提供しているプロトンメールが、ICOを計画していることが発表されました。以前からこの計画はあったようですが、ツイッターの仮想通貨コミュニティでは議論が繰り広げられているようです。現時点でICOをやるかどうかは決まっていないようですが、もしもやるのであれば年内になるとしています。プロトンメールの動向から目が離せません。

ICOの新たな規制導入に向けてバミューダ政府が議会で説明

2018.07.15