IBMが金融テクノロジーのスタートアップと提携 アメリカドル連動のステーブルコインの発行へ

アメリカと連動するステーブルコインの発行をするため、IBMが金融テクノロジーのスタートアップであるストロングホールドと提携したことが明らかになりました。

提携した理由について、他の仮想通貨にみられるボラティリティを最小限にすることなどが狙いだとしています。

ステラネットワークでの初となるステーブルコインの発行

ストロングホールドUSDと呼ばれるこのステーブルコインは試験的に発行されています。アメリカドルと1対1で連動しているようで、仮想通貨ステラのブロックチェーンネットワークが使われています。ステラネットワークでの、ステーブルコインの発行は初だといいます。

2017年以来、国際送金の手段としてステラネットワークに目をつけていたIBMは、今回のステーブルコインの導入もその一環だといいます。これまでIBMは、ステラネトワークのトークン「ルーメンズ(XLM)」をブリッジにして、法定通貨の交換を行ってきたようです。しかし、レートやステラのボラティリティの高さに悩まされてきたといいます。

このような問題を解決できるとしているステーブルコインは、法定通貨のデジタル版となり得るため、コストの削減の上で大きな役割を果たすと言われています。

ステーブルコインの中で代表的なテザー

ステーブルコインといえばテザーが有名ですが、発行済のテザーを保証するだけのドルを保有しているのか、2017年12月に価格操作に用いられたのではないかといった、疑いの目が向けられていました。

ステーブルコインに関して、ペイパル創設者の1人であるピーター・ティール氏などが出資した「リザーブ」も注目をされています。完全分散型の仮想通貨を目指すリザーブは、スマートコントラクトで他の仮想通貨を売却出来ないようにすることで、リザーブトークンの裏付けとし、価格を安定させる仕組みとなっています。

まとめ

ステーブルコインの発行をするため、金融テクノロジーのスタートアップであるストロングホールドと、IBMが提携したことが発表されました。この提携は、他の仮想通貨にみられるボラティリティを小さくすることを目的としているようです。この取り組みに、世界から注目が集まります。

株式会社LCNEMが決済手段として利用しやすいステーブルコインの販売を開始

2018.06.26