仮想通貨取引所「Huob(フォビ)」がオーストラリアでサービス開始

香港を拠点とし世界4位の取引高を誇り、取り扱う仮想通貨はおよそ約100種を超える大手仮想通貨取引所「Huob(フォビ)」が、7月5日にオーストラリアで取引プラットフォームを開始させたことが明らかになりました。

「Huob(フォビ)」がオーストラリアでサービスをスタート

仮想通貨取引所「Huob(フォビ)」は、現地時間の木曜日午前10時より、オーストラリアにて取引をスタートさせました。

仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)」「イーサリアム(Ethereum/ETH)」「イーサリアムクラシック(EthereumClassic)「ライトコイン(Litecoin/LTC)」などを含む10銘柄と「オーストラリアドル/AUD」とのペア取引を提供するといいます。

フォビは公式HPで

「今後、フォビ・オーストラリアはすべてのユーザーにさらに多くの取引ペアを提供する予定だ」

と述べています。

海外展開に積極的な「Huob(フォビ)」

先週には、ロンドンでのオフィス開設とヨーロッパ市場でも事業の展開を行なっていく計画を明らかにしています。このことからもフォビは海外展開に積極的な姿勢をみせています。

こうした背景には、世界各国でユーザーを得ようとする、大手の仮想通貨取引所間で競争が過熱しているといいます。

現時点で世界で最大手の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」は香港からマルタ島に拠点を移し、欧州において顧客を取り込むの強化を進めています。また、アメリカ大手「Coinbase(コインベース)」は、日本でのサービスを展開する計画を発表しています。

まとめ

大手を中心に仮想通貨取引所の競争が激しさを増しています。世界4位の取引高を誇る「Huob(フォビ)」が、7月5日にオーストラリアで取引プラットフォームを開始させました。海外展開に積極的ながらフォビは、今月日本向けのサービスを停止し、注目を浴びました。日本市場は金融庁の取り組みにより国内業者はもちろん海外勢の参入が難しくなっているといえます。フォビの動向に今後も注目が集まります。

大手仮想通貨取引所「Huobi(フォビ)」が日本向けのサービス停止を発表

2018.06.29