フェイスブックがかつて禁止にしていた仮想通貨広告を許可する方針 ICOなどの広告は続けて禁止措置

三大SNSの中で一番利用者が多いフェイスブックが、仮想通貨広告の出稿については許可する一方で、ICOの広告は禁止とする方針を示しました。

フェイスブックは過去数ヶ月間もの間、安心で安全と認められた仮想通貨関連の広告の掲載を許可するため、最善の方法について議論してきたといいます。

仮想通貨広告を許可する一方でICO等は禁止のまま

禁止されている製品とサービスポリシーでは

「広告主から事前に認められた仮想通貨関連のコンテンツ広告を、2018年6月26日より許可する事にします。しかし、ICOなどの広告は引き続き禁止とさせていただきます。」

と新しく改正されています。

フェイスブックが、出稿者に申請書を提出することで適性な評価ができるようにすることを最新のポリシーで求めています。出稿希望者は「ライセンスを取得しているかどうか、取引は公的な証券取引所で行われているかどうか、その他ビジネス上に関連する公的なバックグラウンド」といった情報を提供します。

このような制限がかかっている中で、フェイスブックは誰でも広告を掲載できるわけではないと認めています。同社は、もしも必要であればポリシーの改訂を時間をかけて行うとしています。また、引き続き仮想通貨の土台となる技術の研究を続けていくと述べています。

仮想通貨広告を禁止していたフェイスブック

フェイスブックは2018年1月に仮想通貨広告を禁止しています。理由として、詐欺のような宣伝に関連する金融商品やサービスの広告を防ぐためだとしています。

このような措置に続くように、グーグルやツイッターも同様の禁止措置をとっています。

ついにGoogleが仮想通貨関連の広告の禁止を開始 非難が相次ぐ?

2018.06.05

フェイスブックが独自通貨を検討

フェイスブック(facebook)の画像
そんなフェイスブックでは、現在独自の仮想通貨の発行について検討しているようです。同社は、ユーザーが決済時に用いる仮想通貨の計画について非常に真剣であるとしています。

フェイスブック内のメッセンジャーという機能を統括していたデビッド・マーカス氏が、ブロックチェーンのリサーチグループの責任者に就任し、注目を集めました。

ペイパルの元社長がコインベースの取締役に

決済サービスであるペイパルの社長を務めていたデビット氏は、2017年12月からアメリカで最大の仮想通貨取引所コインベースの取締役を任されています。

また、マーカス氏の決済サービスとコミュニケーション分野での横断的な業界経験に対して、当時コインベースのCEOを務めていたブライアン・アームストロング氏は絶賛していました。

まとめ

世界の人々が最も利用している三大SNSの一つフェイスブックが、かつて禁止にしていた仮想通貨広告を許可する方針であることが明らかになりました。しかし、ICOやバイナリオプションなどの広告は続けて禁止にする措置を続けていくようです。フェイスブックに続くように、グーグルやツイッターも同様の措置をとっていましたが、今回も続けて措置をとるのでしょうか。

世界最大のSNS「Facebook(フェイスブック)」がブロックチェーンのチームを設立

2018.05.11