仮想通貨ブロックチェーン技術の分野で牽引するのはイギリスか

ガーディアンが報じてたところによると、イギリスでは4年後の2022年までに仮想通貨の中核を担う技術「ブロックチェーン」および「仮想通貨関連の分野」でリーダーになる可能性があることを予測するレポートが出ていることが明らかになりました。

仮想通貨界でリーダーシップを発揮するのはイギリスか

この新しいレポートとは、「DAGグローバル(DAG Global)」「ディープナレッジ・アナリティクス(Deep Knowledge Analytics)」「ビックイノベーションセンター」によるものだといいます。このレポートの分析にれば、イギリスは、数年後に仮想通貨に中核を担う技術「ブロックチェーン」開発や、および仮想通貨エコシステムの先端のハブになると予測しています。

イギリスでは、2017~2018年にかけて、ブロックチェーン企業に対して740億円相当にあたる約5億ポンド以上の投資が行われたといいます。今回のレポートは、ブロックチェーン関する業界がまだ黎明期である中、イギリスがこのような分野でリーダーシップをとっていく可能性があるとしています。

ビックイノベーションセンターのアンダーセン氏は

「政府の様々なイニシアチブを通じて、デジタル経済の加速度的な発展を支援する姿勢を示している」

とその将来性について語っています。

ブロックチェーン技術に積極的な姿勢をみせる

そして実際、イギリスはブロックチェーンの導入に積極的な姿勢をみせています。オックスフォード大学の教授チームは、「ブロックチェーン大学」を立ち上げることを計画しています。

公文書を保存するため、ブロックチェーン技術を活用するプロジェクトもスタートしていくことがわかっています。

まとめ

名だたる企業たちが仮想通貨市場に続々と参入を表明しているなか、イギリスが仮想通貨の中核を担う「ブロックチェーン技術」に依然として積極的な姿勢をみせています。イギリスはこれを用いることで世界を牽引していくのでしょうか。また、この分野での確固たる地位を確立する国はイギリスなのかもしれません。今後もイギリスの動向に注目が集まります。

世界初!イギリス自転車メーカーが発表「仮想通貨マイニング自転車」

2018.06.17