仮想通貨の知名度を上げる驚くべき行動 中国のCCIDが仮想通貨28種を格付け 

北京で行われた会議で、中国政府が仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトの「独立した格付け」を、今後毎月発表していくことを発表しました。

中国にあるCCID(中国電子情報産業発展研究院)が、BTC(ビットコイン)やLTC(ライトコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)など計28種の仮想通貨の分析を行うようです。

中国の驚くべき取り組み

「グローバル・パブリックチェーン・アセスメント・インデックス」と名付けられた同プロジェクトは、仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトに対する完全に孤立した評価、分析がないことから創設されました。

CCIDによると「プロジェクトの技術力やアプリの実用性、革新性および発展レベルを評価し、ブロックチェーンテクノロジーイノベーションのトレンドを深く理解する」というのが、インデックスの目的のようです。

現在も、仮想通貨取引が禁止されている中国ですが、今回の取り組みは仮想通貨の知名度を上げる驚くべき行動と言えるでしょう。CCIDのリリースでは、政府の見方について「この独立した分析は中国政府の信頼を示すもので、企業や研究機関への指針として機能する。」と述べています。

大手企業ファーウェイがBTCウォレットをスマートフォンで利用可能に

さらに中国政府は、専任の委員会が全国的なブロックチェーンスタンダードを、2019年末までに確立すると明かしています。

民間部門では、通信テクノロジーの大手企業であるファーウェイが同社が作るスマートフォンで、BTC(ビットコイン)ウォレットのダウンロードを可能としました。

ファーウェイは、ブロックチェーン・サービスを発表するなど、ブロックチェーンの研究に前向きな姿勢を見せています。

このウォレットは同社初となる仮想通貨アプリで、今後発売されるスマートフォンにプレインストールされるほか、古い端末にも展開していくそうです。

まとめ

中国は、世界でBTCの保有率が90%を誇っていたこともあるほど、存在感は大きなものでした。現在は規制が厳しくなり、仮想通貨取引やマイニングが制限されているのが現状です。しかし、中国では新総裁を迎えたことで、規制が緩和の方向に進む可能性があると言われています。一般人の市場参入が自由になれば、市場の盛り上がりが期待できるでしょう。今後の中国に、注目が集まります。

仮想通貨の注意点をアメリカの格付け会社が明かす

2018.04.18