アメリカの仮想通貨取引所コインベースが仮想通貨ギフトカードの市場に参入

仮想通貨ギフトカードの市場に、アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースが参入したことが、同取引所のブログで公開されました。

対象の国の顧客は、仮想通貨をブランドのeギフトカードに交換することができるようになります。

イギリスのスタートアップ企業と連携したコインベース

この新たなサービスは、コインベースはイギリスに拠点を置くスタートアップ企業のウィーギフトと連携することで実現しました。これにより仮想通貨所有者は、ナイキやグーグルプレイ、チケットマスターといったブランドの商品やサービスの代金の支払いに、仮想通貨を使えるようになります。

この新たなサービスは、まずアメリカ、フランス、オランダ、スペイン、イタリア、オーストラリアの6か国で利用を開始できるようになります。また、コインベースは同サービスを利用することができる小売業者と市場の数を、今後3ヶ月に渡って増やしていく計画を立てているようで、その後サービスを他国にも提供することを目指しているとのことです。

依然として低い仮想通貨の採用率

主要ブランドでの仮想通貨の採用率は依然として低いようですが、アメリカの大手旅行サイトのエクスペディアが、決済手段としてビットコイン(BTC)を受け入れることを密かに停止しています。

しかし、反対に前向きに仮想通貨を受け入れている業界もあります。同国のNPOである「報道の自由財団」は、寄付の受付を仮想通貨で始めた初日に1,000ETH(現在では約47万円)の資金を受けたことを発表しています。

まとめ

コインベースが仮想通貨ギフトカードの市場に参入したことが発表されました。はじめに6か国でサービスの利用ができるため、特定の国の顧客は仮想通貨をブランドのeギフトカードに交換することができます。3ヶ月に渡って小売業者と市場の数を増やし、その後他国にもサービスを提供することを目指しているコインベースの取り組みに、今後も目が離せません。

仮想通貨取引所コインベースのBCHにインサイダー取引疑惑が浮上 内部監査の結果「事実はなかった」

2018.07.26