「ブロックチェーンゲーム」 海外では絶大な人気を誇る?

現在、ビットコインなどの仮想通貨の中核を担う「ブロックチェーン」の注目度が再び高まってきています。中でも「ブロックチェーンゲーム」なるものが、海外ではすでに人気を博しています。

また、日本でもさまざまな企業がこのブロックチェーンゲームへ参入を表明しているといいます。

仮想通貨の中核を担う技術「ブロックチェーン」

ビットコインをはじめとする仮想通貨の中核を担う技術である「ブロックチェーン」は、データの改ざん困難、信頼性が高い、システムの構築が低コストで可能、などの大変素晴らしい特徴があります。

そんなブロックチェーンを活用していく有力な分野のひとつに「ゲーム」が一躍脚光を浴びているのです。

すでに海外では人気「ブロックチェーンゲーム」

2017年秋季にカナダで発売された、子猫を育成するゲーム「CryptoKitties(クリプトキティズ)」は、リーリス後より、わずか1カ月ほどで15万人にも上る登録ユーザーを集め、1,500万ドルもの取引が行われ、大ヒットを記録するゲームとなりました。

また、その他にも育成ゲーム「Bitpet(ビットペット)」「Etheremon(イーサエモン)」「ETH.TOWN(イーサ・タウン)」など人気の「ブロックチェーンゲーム」が次々と登場しています。

「ブロックチェーンゲーム」に関して関係者は

「これまで仮想通貨の売買など投機的な分野でしか利用されていなかったブロックチェーンが、一般市民の身近な場面で活用される状況が生まれたという点でその意義は大きい」

と述べています。

まとめ

ブロックチェーンは「仮想通貨の最大の発明」とも呼ばれ「信用の概念を変えた」と言われるほどの核心的な技術です。ゲームにその技術を利用することでさらに脚光を浴びています。今後ブロックチェーンの技術は、ゲームの分野のみならずで多くの場所で活用され、私たちの生活に影響を及ぼすことでしょう。

コロンビアでブロックチェーン協会設立 仮想通貨の普及に注力

2018.05.21