ブロックチェーン技術のさらなる発展に向けて中国の南京が投資ファンドを設立

ブロックチェーン技術の発展のため、中国の南京が100億元(日本円で約1,640億円)の投資ファンドを設立したことが明らかになりました。

仮想通貨資産に消極的な政府ですが、ブロックチェーン技術に関しては積極的で好意的な動きを見せています。

南京が投資ファンドを設立

南京は、ブロックチェーン企業に対して拠点を置くことを推奨しているようです。ブロックチェーンの資産管理を手掛けるUDAPファウンデーションが、最初のファンドの受け手になるといいます。産業パブリック・チェーン・サミットで、北京に本拠地を置く官民共同の研究機関、中関村ブロックチェーン産業アライアンスと共にこのファンドを明らかにしています。

また、中国共産党の幹部や、韓国政府から支援を受けているグローバル・ファイナンス・ソサイエティの会長も参加していたようで、両国間の提携について議論をしたといいます。

中国政府によるブロックチェーン促進の流れは加速しており、杭州ブロックチェーン工業団地の開所式中に、日本円で約1,700億円規模のブロックチェーン・イノベーション・ファンドの創設を発表しています。

ブロックチェーンに好意的な中国

ブロックチェーン技術を習近平国家主席が支持して以来、中国ではブロックチェーンに対して好意的な動きを見せています。

中国工業情報化部の副部長が、新たなデジタル経済のコア技術としてブロックチェーンを発展させるべく、総力を挙げて取り組むよう政府に要請しています。

また、中国人民銀行のデジタル通貨研究所が、同行の利用者が自身の取引履歴を確認できるようになるデジタルウォレットに関する新たな特許を出願しています。

まとめ

中国では仮想通貨よりもブロックチェーンに積極的で、社名にブロックチェーンという字を入れる会社が増えるほど好意的です。さらに、国家主席の習近平氏がブロックチェーンを支持して以降、中国という国がブロックチェーン技術を用いてあらゆる取り組みを行っています。今回も、同国の南京がブロックチェーン技術をさらに発展させるために、投資ファンドを設立しています。中国のブロックチェーンに対する取り組みに、世界から注目が集まります。

中国で「ブロックチェーン」を社名に入れている企業数が急増 前年比が約6倍

2018.07.19