取引所「Bittrex(ビットトレックス)」が米ドル建てで行える仮想通貨取引を開始

アメリカを拠点とする仮想通貨取引所「Bittrex(ビットトレックス)」は5月31日に、米ドル建てで行える仮想通貨取引を開始したことが明らかになりました。ビットトレックスで交換が可能となる仮想通貨は、BTC(ビットコイン)、USDT(テザー)、TUSD(トゥルーユーエスディ)の3種類といいます。

ワシントン州、カルフォルニア州、ニューヨーク州、モンタナ州の法人ユーザーに限ってのサービス開始となるものの、対象となるエリアと顧客を拡大していく予定であると伝えています。

「Bittrex(ビットトレックス)」がついに米ドル建てに対応

アメリカの仮想通貨取引所「Bittrex(ビットトレックス)」は、取り扱っている仮想通貨の種類が多いという特徴があります。2018年6月1日時点では、実に284種にも上ります。また、取引を可能としている通貨ペアも豊富ですが、これまでは、「法定通貨建て」での取引には対応していませんでした。

ビットトレックスは世界に約300人を超すユーザーがいるといいます。今回、米ドル建てで行える仮想通貨取引を開始したことで、取引量と顧客の増加が見込まれます。しかし言語は英語のみで、日本円(JPY)は入金は出来ないため注意が必要です。

一部の取引所で法定通貨建てでの取引の実現が困難

大手である金融機関は顧客の「本人確認」や「資金洗浄(マネーロンダリング)」に対する厳重な規制の影響を受け、匿名性が高く、犯罪に利用されるリスクが高いとされる、仮想通貨事業者との提携に警戒する動きをみせる傾向があります。

このような背景により、一部の仮想通貨取引所は、ビットトレックスの「米ドル建て」のような法定通貨建てでの取引の実現が困難だといいます。大手情報サービス会社「ブルームバーグ」 にれば、今回のビットトレックスが法定通貨建ての取引が実現した背景には、アメリカ「シグニチャー・バンク(Signature Bank)」との提携が大きく影響しているそうです。

「Bittrex(ビットトレックス)」のCEOであるのビル・シハラ(Bill Shihara)氏は「信頼を勝ち得た」と述べていています。

まとめ

大手仮想通貨取引所「Bittrex(ビットレックス)」は多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。日本の取引所の取り扱い数の平均は5種類程度なので、その種類は相当なものだということがわかります。さらに今回ユーザー待望となる米ドル建てを実現したことにより、さらに発展していくことでしょう。

また、今年3月に同取引所での取り扱う仮想通貨80銘柄の廃止することを発表したことで注目が集まりました。これはネガティブな一面だけではなく、ユーザーはより安全に取引所を利用できるようになったと言えるでしょう。今後も「Bittrex(ビットレックス)」に目が離せません。

韓国の大手仮想通貨取引所「ビッサム(Bithumb)」が11カ国で利用を禁止に

2018.05.31