ビットコインは中国に支配されている?RippleのCEOがビットコインに対する見解示す

アメリカの投資銀行「Stifel」が主催した「Stifel 2018 Cross Sector Insight Conference」が、ボストンにある「インターコンチネンタルホテル」で行われ、そこにRipple(リップル)のCEOを務めるブラッド・ガーリングハウス氏が出席しました。

ビットコインについて見解を述べるRippleのCEO

ブラッド氏は、自社の製品やビットコインについての見解を示しました。

ブラッド氏は

「ブロックチェーン業界では、狂気的と感じることが多々ある。しかし、市場の勝者には『顧客牽引率』『製品の市場の適合』『規制の遵守』の3つの指標がある。銀行をブロックチェーンが崩壊させるというようなことはない。むしろ、重要な役割を果たすと考えている。」

と述べています。

また「あらゆる問題を解決するような万能薬ではない」とビットコインについて独自の見解を述べています。新興市場に狙いを定め、Ripple社の製品が将来、流動性を管理するとしています。

仮想通貨は「差し押さえ」ができない?強制執行の効力が届かず

2018.06.14
仮想通貨のXRP(リップル)の画像

ビットコインは中国の支配下にある

ブラッド氏は

「スティーブ・ジョブズ氏と共同でAppleを設立したスティーブ・ウォズニアック氏をはじめとする著名人が、ビットコインに対して『主要通貨』という見方をしているが、私からすればそんな考えは馬鹿げている。そのような通貨として主要経済がビットコインを扱うことを許すとは考えられないし、それ以前にそんなものは意味がない。」

としています。

仮想通貨市場に大きな影響を与えている国といえば誰もが中国を思い浮かべるのではないでしょうか。ブラッド氏は「中国がビットコインを支配している。」と述べています。

ビットコインが主要通貨になることに強く否定

中国には、50%以上のビットコインを支配しているマイナーが存在するようですが、ブラッド氏は前置きに「非公式な情報である。」と語っています。仮想通貨のマイニング事業のシェアのほとんどが中国の企業であることから考えれば、信憑性を持っていると考えてもいいのかもしれません。

また、「中国は介入してくる。中国が統制する通貨を使いたいという国はきっとないだろう。ビットコインが主要通貨になることは考えられない。」と、ブラッド氏はビットコインが主要通貨になることに強い否定を示しています。

さらに、同氏がビットコインを所有していることを明かしましたが、あくまで長期的であれば保有してもいいという考えを説明しています。投資を行う際も、万が一のことを備えての額で投資をするべきだと助言し、それがベストな投資戦略としています。

まとめ

RippleのCEOが、ビットコインに対する見解を示しました。全体的にビットコインに対していいように思っていないことが伺えます。Rippleは、2018年第1四半期に仮想通貨市場全体の時価総額が、1月1日と比較すると約48%も失い、市場は底を打ったとも囁かれています。ブラッド氏の言動やRipple社の情報公開など、今後も目が離せません。

ロサンゼルス在住のトレーダーがビットコインと法定通貨の送金ビジネスで違法取引

2018.06.14