分散型取引所(DEX)「Bancor(バンコール)」がハッキング被害に

「分散型仮想通貨取引所(DEX)」である「Bancor(バンコール)」が、日本時間の7月9日午前11時頃、「セキュリティ侵害」に遭ったことをバンコールの公式ツイッターで明らかにしました。同ツイートによれば、ユーザーの「ウォレット」に対しての被害は無かったとしています。現時点では調査中として、一時バンコールのサービス提供機能に関して緊急メンテナンスを行うとしています。

分散型取引所(DEX)「Bancor(バンコール)」ハッキング被害

「分散型仮想通貨取引所(DEX)」としてトップクラスの「Bancor(バンコール)」は9日に「セキュリティー違反」を確認しました。コインテレグラフによると、同取引所の独自のスマートトークン「BNT」をはじめ、「約25,000ETH(イーサリアム)」「300,000Pundi X(NPXS)」など13億円相当以上が盗難に遭ったとしています。

現在はバンコール内部の安全トリガーが動き、盗難された「BNT」は凍結されています。しかし、ETHとNPXSは未だ凍結できていません。他の取引所と連携し盗難されたトークンの追跡をしようとしています。

盗難されたトークンの一部は、仮想通貨両替所「Changelly(チェンジリー)」を利用しすでに交換されているとみてるといいます。

「Bancor(バンコール)」は、昨年ICO(イニシャル・コイン・オファリング)を実施しました。そして1億5300万ドルもの資金調達を実現し、成功したICOの1つとして有名になりました。

まとめ

取引所がハッキングされた被害は相場に与える影響も大きく、仮想通貨自体の信用も下落させることになります。世間では現在でも「仮想通貨は怪しいもの」というイメージが払拭できない原因のひとつでしょう。ビットコインなどの仮想通貨の性質から、盗まれた場合、取り戻すことが困難で被害を拡大させています。バンコールのような「分散型仮想通貨取引所(DEX)」はセキュリティ性能が高いとされていましたが実際に被害に遭っています。今後のバンコールの対応に注目が集まります。

「バグラボ」賞金2億2000万円の仮想通貨セキュリティ監査コンテスト開催

2018.07.08