Google「Android(アンドロイド)」端末の仮想通貨マイニングアプリを禁止を発表

「Google(グーグル)」がスマートフォン「Android(アンドロイド)」端末のアプリを販売するGoogle Playのデベロッパープログラムポリシーを更新し、仮想通貨の「マイニング(採掘)アプリ」を禁止したことが明らかになりました。

「Google(グーグル)」マイニングアプリを削除へ

アンドロイド・ポリスの報じたところによると、「Google(グーグル)」は最新のGoogle Playデベロッパープログラムポリシーの更新において、仮想通貨におけるマイニングに対する変更点を発表しました。「ユーザーのCPUを無断で使用するというのは倫理的にいかがなものか」という見方が強いため、仮想通貨マイニングアプリを削除するとしているようです。

仮想通貨の「マイニングアプリ」とは、アプリをインストールしたバックグラウンドで動作して仮想通貨のマイニングを行い、収益を上げるというものです。

GoogleとAppleマイニング関連の活動を制御

今回の制限は、「Google(グーグル)」と「Apple(アップル)」の2社がプラットフォーム上において、仮想通貨マイニングに関連する活動を抑制する動きを強化しているということになります。

2018年4月、グーグルは「Chrome(クローム)ウェブストア」において、大半が目的の単一性という同ストアのポリシーに反していた、若しくは悪質だったことを発見した後、同ストアでは仮想通貨マイニング用の拡張機能を禁止しています。そして先月、アップルはiOS開発者用のポリシーも更新し、端末上での仮想通貨マイニングに使用できるいかなるアプリも禁止としました。

まとめ

このように、公になっている仮想通貨の採掘を行う「マイナー」を制限するという一連の動きは、サイバー犯罪を強化していく姿勢の表れだといえます。現在、深刻な問題となっている「他人のPC無断で使用しマイニングを行う」という行為は、今回Googleが発表した内容と同様に今後さらに、厳しい規制の対象となることで、仮想通市場の衰退に繋がっていってしまうのでしょうか。

全国初 仮想通貨「マイニング」の悪用により有罪判決

2018.07.03