仮想通貨の「マイニング(採掘)」とは?初心者のために解説

ビットコインなどの仮想通貨の仕組みのひとつに「マイニング」と呼ばれる「採掘・発掘」を意味する言葉があります。この作業はビットコインのやりとりに欠かせません。このマイニングは「金鉱山の採掘」に例えられていて、ビットコインの取引の検証や承認は、発行上限が定められているビットコインを「鉱山」に例えられたことから、「マイニング(mining)」と呼ばれています。

マイニングとは、取引データを検証し、取引データの台帳である「ブロック」同士を繋いでいく作業のことです。また、その作業者のことを「マイナー」と言います。

今回は、ビットコインを語る上で外せない、マイニングについて仮想通貨初心者の方に向けて詳しく解説していきます。

マイニングの由来とは

ビットコインは、円やドルなどの法定通貨とは異なり、発行上限が決まっている仮想通貨です。それを得ようと多くが、金鉱山で有限である金(ゴールド)を競い合って得ようとする鉱員の姿と重なることから「マイニング(採掘)」と呼ばれるようになったといいます。

もちろんビットコインはゴールドのようには埋まっていません。プログラムによって自動で発行されるものです。「マイナー」は鉱員が使うツルハシの代わりにハイスペックのコンピューターを用いて「採掘」を行います。やはり「採掘」をし報酬を求めて血眼になる様は通ずるものがあると言えます。

ビットコインの入手方法

ビットコイン仮想通貨のマイングの画像
そもそも「ビットコインが欲しい」と思ったとき、どのような入手方法があるかご存知でしょうか。大きく分けて3パターンあります。

1.自分で購入する
2.すでに所持している人から貰う(買う)
3.マイニングして得る

1.自分で購入する

一番簡単な入手方法です。インターネット上に存在する「取引所」で自身のお金を支払い、ビットコインを入手する方法です。取引所は現在、国内だけでも数十個存在し、それぞれ異なる性質を持っているので注意が必要です。

2.すでに所持している人から貰う(買う)

例えば知人が1BTCを所持していたとします。それを「あなたの1BTCを、○○円で譲ってください」のような交渉をすれば入手可能です。しかしこの方法はさまざまなトラブルの元になりやすいのであまり現実的ではありません。

3.マイニングして得る

ビットコインを譲ってもらうわけでもなく、購入もせずに得る方法が前述の「マイニング」です。現在「ビットコイン」を採掘するには膨大な労力とコストがかかり、超高性能なコンピューターも必要になるのでいち個人でマイニングをし報酬を得るのは難しくなっています。

マイニングの仕方

マイニングをする上で3パターンのやり方があります。それぞれメリット・デメリットがあるので詳しく見ていきます。

1.クラウドマイニング
2.プールマイニング
3.ソロマイニング

1.クラウドマイニング

クラウドマイニングとは
お金をマイニングしている団体に渡し、そこで出た利益を自分がもらうという形のマイニングです。わかりやすく言うと投資であり、自分でマイニングを行うわけではありません。

・メリット
「投資だから手軽」
他のマイニングの方法だと様々な機材が必要となりますが、クラウドマイニングはお金を出すだけなので、大変お手軽です。
「毎日の不労所得を得られる」
投資さえしていれば、何もしなくても毎日報酬として利益を受け取ることができるのです。

・デメリット
「倒産する恐れがある」
新しい産業分野であるクラウドマイニングだからこそ、新規事業者の参入や新たな解析方法の発案など、現企業に立ちはだかる困難が予想されます。
「価格変動の影響を受けやすい」
報酬は仮想通貨によって支払われるので、仮想通貨が暴落したら利益が少なくなってしまう可能性があります。

2.プールマイニング

プールマイニングとは
個人ではなく、複数のマイナーが協力してマイニングを行うことです。
・メリット
「安定した収入を得られる」
ソフトを稼働させている限り、一定の報酬がもらえます。
「成功率が高い」
自分1人ではなく複数人で行うので、正確にたどり着くまでの時間が短縮されます。そのため成功する確率が高いのです。

・デメリット
「報酬が少ない」
複数人でマイニングするため成功率はありますが、個人でマイニングするよりも報酬は少なくなってしまいます。
「機材が色々と必要」
自分でマイニングを行うため、必要な機材を買わなくてはいけません。

3.ソロマイニング

ソロマイニングとは
複数人でマイニングするプールマイニングとは違い、自分1人でマイニングをすることです。

・メリット
「運が良ければ大きな収入を全て得られる」
報酬が多くなった際は、1人で報酬を独り占めできます。

・デメリット
「成功率が低い」
全てを1人で行うため、成功率は低くなります。
「電気代がかかる」
マイニングを行っている間は電気代がかかります。マイニングの報酬を得られず、電気代で赤字になってしまうこともあるようです。

通貨の将来性を見極める

ビットコイン仮想通貨のマイングの画像
マイニングは仮想通貨に関する様々な選択肢があり、数多くの通貨の中から最適なものを選ぶことが大切です。その通貨選びが1つのポイントになり、今後の利益に大きく関わってきます。選んだ通貨によって、マイニング自体を続けられるかどうかという問題もあるため、通貨に関する将来性を見極める必要があります。

将来性が危うい通貨だと急遽「取引停止」も考えられます。通貨選びはもちろんのこと、マイニング業者も慎重に選ぶ必要があります。業者によってはマイニングに特化していて、出資を募っている「クラウドマイニング」と言われるものもあります。業者を選びを間違うと元本割れになり業績も上がらず、今後の運用自体が困難になる可能性も考えられます。マイニングの情報源において、リスクヘッジをはかっていきましょう。

マイニングによる利益は通貨の価格と関連性があり、価格がある通貨の方が利益は高くなります。将来性がある通貨ならば、今後も報酬が伸び続けると見込まれます。

マイニングの今後

「仮想通貨の価格が大きく変動」
これによって初期費用、維持運用コストとマイニングから得られる収益の採算性が変動します。
「マイニングの難易度が上がる可能性がある」
仮想通貨の価値が上がればマイナーの中で人気が上がります。すると、供給過剰にならないようにとマイニング技術が複雑化という、イタチごっこが始まります。

もしもイタチごっこが始まれば、今のマイニングで利益を上げるのか、それとも利益が出せるマイニングに移るのか、といった仮想通貨の取り合いがマイナーの間で起きてしまいます。そうなると、希少性や将来性で価格が動いている今の仮想通貨市場に、マイニングの収益要素が加わることによって、仮想通貨市場はさらに混乱状態に陥ることでしょう。

まとめ

マイニングの由来や仕組み、3種類のマイニング方法など、仮想通貨を運用していく上でマイニングというのは欠かせないワードなので、しっかりと理解しておくべきです。マイニングをする際に「報酬を得ることができる」というメリットがあるのはもちろんですが、リスクも伴うので注意が必要です。

2100万枚と発行枚数が決まっているビットコインですが、すでに総供給量の80%以上が採掘済みです。個人でマイニングをするには莫大な電気代と超高性能のコンピューターが必要になります。また、競合が多いため収益をあげるには新規参入は厳しいといいます。果たして全てのビットコインが発行された時、世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。今後も仮想通貨界の動向に注目が集まります。