仮想通貨「EOS(イオス)」とは?特徴、仕組み、将来性を解説

ビットコインの価値が急騰し、仮想通貨に注目が集まりだしてからというもの、多くの仮想通貨が出回るようになりました。そんな中、仮想通貨「EOS(イオス)」は2017年6月に公開されたのち、瞬く間に時価総額がトップ10にランクインし、大きな反響を呼びました。

実はこの仮想通貨は「利用する用途はなく、トークンとしての価値はない」と明言されています。しかしその性能の高さから、将来性が非常に期待できるポテンシャルを秘めています。

今回は、世界中から注目を集めている仮想通貨「EOS(イオス)」の特徴、メリット、注意点、将来性についてまとめました。

「EOS(イオス)」概要

通貨略号:EOS
発行上限枚数:1,000,000,000EOS
公開日:2017年6月26日
公式サイト:EOS(イオス)公式サイト
ホワイトペーパー:EOS(イオス)ホワイトペーパー

「EOS(イオス)」とは

仮想通貨「EOS(イオス)」とは「分散型データベースシステム」を構築するためのプラットフォームの提供を目的としています。将来的な企業の業務をサポートし、広く利用されることを想定して開発されました。送金速度の高速化に加え手数料の無料化、スマートコントラクトを実現するなどと、さまざまな好材料を兼ね備えている仮想通貨だと言えます。

通常は、プラットフォーム上での「仮想通貨」として利用することが可能となりますが、EOSにはそれがないのです。つまりEOSは「資産」になることはなく、価値がないと言えます。

つまりEOSのICO(イニシャル コイン オファリング)は、参加者にとってメリットがない、純粋な資金集めが目的のICOになります。

仮想通貨の「ICO」とは?初心者のために解説

2018.04.11

「EOS(イオス)」の3つの特徴

仮想通貨EOS/イオスの画像

「EOS(イオス)」の特徴
・トークンに利用価値がない
・高速な処理速度
・手数料が無料

・トークンに利用価値がない

現時点で、EOSに利用価値はありません。当然、ビットコイン(BTC)やアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)などと異なり、決済に使用することができません。ホワイトペーパーにもはっきりと記載があります。「アセットトークン」の種類のひとつで、株券のようなものです。

・高速な処理速度

EOSの最大の特徴は、驚異的なトランザクション(処理能力)スピードを誇ることです。仮想通貨においてトランザクションは非常に重要視されます。ビットコインは1秒間におよそ7〜8件に対応しているとされていますが、EOSは1秒間に数百万件ものトランザクションに対応が可能です。

・手数料が無料

通常、仮想通貨にはトランザクションがあると、一定の手数料がかかります。一方のEOS上のアプリケーションでは、手数料がかかりません。ユーザーの利便性を向上させたうえ、一度に大量の取引を行うであろう企業などはコスト削減に繋がります。

価値がない「EOS(イオス)」はなぜ注目を集めている?

仮想通貨とは、通常何らかの実用性があってこそ価値が生まれます。では何故「トークン自体に価値はない」と明言されている「EOS(イオス)」が、なぜその価値は上がり注目を集めているのでしょうか。

それは、EOSに携わっている錚々たるメンツにあるといいます。

創設者であるBlumer氏をはじめ、プログラマーLarimer氏など、仮想通貨業界では名が通っている人たちばかりなのです。そんな実力が豊富な開発陣に期待が集まり、今後の開発を支援するために資金が集まりました。あくまでも「現状」価値がないということで、長期的に見ればに価値が生まれる可能性があると考えている投資家が非常に多いのです。

つまり、将来への「期待値」だけで時価総額ランキングが5位になるほど、EOSが注目されているということです。

「EOS(イオス)」の注意点と将来性

仮想通貨EOS/イオスの画像

「EOS(イオス)」の注意点

これまでご紹介してきた通り、「EOS(イオス)」は将来の期待値が非常に大きい仮想通貨のひとつです。しかし、これは他の仮想通貨にも言えることですが、最終的には価値が暴落する可能性も十分にあり得ます。

現時点では、EOSに「明確な価値」はなく「期待値」が時価総額をあげているのです。そしてEOSの価格に関わらず、プロジェクトそのものが失敗に終わる可能性もあると言えます。

それこそ本当に、「EOS自体に価値が無くなる危険性」も少なからずあるため注意が必要です。

「EOS(イオス)」の将来性

今後「EOS(イオス)」は開発が進み、新たな機能が実装されていくとされています。世界最大級の仮想通貨取引所「Bitfinex(ビットフィネックス)」と提携することで、仮想通貨取引所も立ち上げる予定だということが明らかになっています。

また、世界的な格付け機関「Weiss Ratings(ワイスレーティング)社」は、2018年1月に仮想通貨の格付け評価を行いました。そこでは74種の銘柄のうち「EOS(イオス)」と「ETH(イーサリアム)」のみが、評価された仮想通貨の中で最高ランクである「B」を獲得しました。

これは、第三者的な観点からもその将来性が評価に値すると判断されたということです。

まとめ

今後、「EOS(イオス)」が基軸通貨のひとつとして利用されることになれば、仮想通貨市場の中でも、群を抜いて信頼性に長けた仮想通貨として取り扱われることになるでしょう。また、最大の特徴であるトランザクションスピードを有していることからも、投資家のみならず企業からも大きな期待が寄せられているため、その期待値は未知数であると言えます。この先EOSのプロジェクトが本格的に稼働した際には、さらなる注目が世界中から集まることでしょう。

【入門編】「仮想通貨」とは?初心者のために解説

2018.04.10