仮想通貨を使った次世代のゲーム「ブロックチェーンゲーム」とは?

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれ、仮想通貨関連の情報が多くのメディアなどに発信されるようになり、世間の注目を大いに集めました。それからというもの、私たちの生活に少しづつ浸透してきています。なかでも、「仮想通貨最大の発明」と呼ばれる技術「ブロックチェーン」は、すでに仮想通貨以外の分野でも革新を起こしています。

そして、ブロックチェーンとゲームの融合「ブロックチェーンゲーム 」は、今後大きなムーブメントになる可能性を秘めています。

今回は、「ブロックチェーンゲーム」の特徴、スマホゲームとの違い、メリット・デメリットについてまとめました。

ブロックチェーンゲームとスマホゲームの違いとは

その概念こそ以前からあったものの、ビットコインが誕生したことで「ブロックチェーン」という形で実用化されたといいます。つまり、仮想通貨によって正しく機能することが証明され、仮想通貨の中核を担う技術となりました。

現在、数多く配信されている「ブロックチェーンゲーム」は、スマートフォンで遊ぶ「スマホゲーム」とどのような違いがあるのでしょうか。

その最大の違いとは、「分散型アプリケーション」によってゲームが構築されているかどうか、になります。

基本的にスマホゲームは、アプリをダウンロードすることでプレイができますが、そこには開発者が存在し、運営及び管理を行なっています。一方の「ブロックチェーンゲーム」はゲームをコントロールするような主体となる者は不在で、管理は自動化されています。

仮想通貨の「ブロックチェーン」とは?初心者のために解説

2018.04.16

ブロックチェーンゲームの3つの特徴

3つの特徴
・データの正確性を保つことが可能
・プログラムの不正改ざんが困難
・ゲーム内のアイテムなどの売買の簡略化

データの正確性を保つことが可能

ビットコインなどの仮想通貨と同様に、ブロックチェーン技術を活用するため、データを分散して管理しています。データはブロックチェーン上にのみ記録されるため、全ての人に公平性をもたらし、データを正確に保つことが可能です。

プログラムの不正改ざんが困難

従来のゲームのように「中央集権型」の管理体制では、アクセスが集中することでサービスが一時停止することは珍しくありません。しかし、ブロックチェーンの特徴のひとつ「分散管理型」であれば、データが消失したり改ざんすることが実質不可能です。

ゲーム内のアイテムなどの売買の簡略化

ブロックチェーンゲーム内のアイテムをトークンに置き換えることで、ブロックチェーンを介して、ユーザー同士が直接取引ができるため、非常に売買がスムーズになります。高額となる取引でも、安全で確実に実行することが可能です。

ブロックチェーンゲームのメリット・デメリット

ブロックチェーンゲームの画像

ブロックチェーンゲームのメリット

メリット
・ゲームが無くなっても資産が残る
・利益を得ることが可能
・先行することで優位に立てる

・ゲームが無くなっても資産が残る
既存のスマホゲームでは欲しいキャラクターを取得するため、課金してもゲームを遊び終えたり、サービスが停止すれば何も残りませんが、ブロックチェーンゲームではゲーム内で利用したトークンはゲーム自体が終了しても資産として残ります。

・利益を得ることが可能
育成したキャラクターを売却し、売却益を得たり、純粋にプレイをすることで報酬を得ることができます。流行をおさえ正確な情報収集が重要になります。しかし、稼ぐ方法はブロックチェーンゲームの種類によって違うので注意が必要です。

・先行することで優位に立てる
まさに仮想通貨市場がそうだったように、特にブロックチェーンゲームはローンチ後すぐに参入することで、レアなキャラクターやアイテムを安価で獲得できる可能性が高まります。その後ユーザーが増加することで、希少価値があがります。

ブロックチェーンゲームのデメリット

デメリット
・高額な手数料が発生
・スマートフォン対応が少ない
・ゲームのクオリティが低い

・高額な手数料が発生
すでに配信されているブロックチェーンゲームは「Ethereum(イーサリアム)」がベースとなっています。このため、動作をさせるため「GAS(燃料)」という手数料を払う必要があります。アイテムの購入やトレードなど、さまざまなアクションを起こすごとに手数料が発生します。

・スマートフォン対応が少ない
一部ではスマートフォンに対応しているものの、現時点でのブロックチェーンゲームの動作環境は基本的にPCブラウザが大半です。依然としてスマホゲームが主流となっている特に日本では、今後の課題のひとつになるでしょう。

・ゲームのクオリティが低い
現在流行っているスマホゲームに比べると、ブロックチェーンゲームではキャラクターデザインや演出も貧弱であり、ひと昔前のブラウザゲームのようなクオリティだといいます。しかし、これらも改善されている傾向にあるといえます。

新しいビジネスモデル「ブロックチェーンゲーム」

ブロックチェーンゲームの画像その2
スマホゲームの収益の大半は、アイテムへの課金です。所謂「ガチャ」が運営する企業にとっての大きな収益源となっていますが、運要素とギャンブル性が強く、射幸心を煽るとかねてより議論を呼んでいます。

一方のブロックチェーンゲームは、運営者を介すことなく、ユーザー同士で直接売買などの取引が行わせることで、そこで発生する「売買手数料」が収益源となります。このことから、ブロックチェーンゲームは新しいビジネスモデルといえます。

まとめ

ブロックチェーンゲームの歴史はまだ浅く、現在は黎明期と言えますが、その応用性の高さに世の中は気づき始めています。現に、さまざまな分野で導入されています。「仮想通貨」というと、投機の側面にたびたび焦点が当てられますが、一番注目すべきところは、実は「ブロックチェーン技術」の方なのです。

しかしブロックチェーン自体に課題が残っているため、さらに実用化されていくのはまだ先のことになりそうです。将来的には、ソーシャルゲームに変わる大きな市場へと変貌を遂げ、今後提供されるゲームには当たり前のように「ブロックチェーン技術」が使われることでしょう。

仮想通貨「イーサリアム」とは?初心者のために解説

2018.04.13