CATEGORY ニュース

ニュース

ベネズエラ政府発行の仮想通貨「ペトロ」を裏付けにした新通貨を8月に流通開始

現地の国営報道機関・Telesurが報じたところによると、南米・ベネズエラの大統領であるNicolás Maduro(ニコラス・マドゥロ)氏は、仮想通貨に裏付けられたベネズエラの「新通貨」を来月20日に流通が開始することを発表しました。 ベネズエラの新通貨「ボリバル・ソベラノ」 現地紙Telesurによると、ベネズエラの新通貨とは「ボリバル・ソベラノ」と呼ばれ、現行の通貨「ボリバル・フエルテ(VEF)」から5桁切り下るとして、同国発行の仮想通貨の「ペトロ(PTR)」に関連づけられるといいます。「100,00ボリバル」を新通貨「1ボリバル・ソベラノ」に切り替えるとしています。この「通貨単位の切り下げ」はハイパーインフレ下では度々用いられます。 このような背景には、ベネズエラは国内情勢や外交などが起因で大規模なハイパーインフレーションの影響を受けていることがあげられます。 また、新通貨の流通により、インフレや現金不足を解決するのに一役買うといい、ベネズエラ人にとって日常になりつつあるATMに見る、長蛇の列を緩和できるといいます。 「通貨単位の切り下げ」を敢行 現在、ベネズエラでは、政府が紙幣の印刷を海外に委託する手法をとっています。しかし外貨不足やインフレの加速により、紙幣の供給が追いついていない現状があります。 ベネズエラ国民は、現金をほとんど使っていません。そのため、今回の通貨単位の切り下げも金融システム上で、新通貨「ボリバル・ソベラノ」と「ボリバル・フエルテ」の交換レートを操作するだけで済むとされています。 まとめ そして「IME(国際通貨基金)」が現在のベネズエラの実情が似ていると評する、ジンバブエは、2009年に1兆ジンバブエドルを12ケタ切り下げ、1ジンバブエドルに切り替えています。しかし、通貨のゼロを減らすだけではインフレの脱却にはならない、という専門家の声もあがっています。来月から流通するベネズエラの新通貨は、同国経済にどのような影響をもたらすのでしょうか。

ニュース

デジタル資産のビットワイズがSECに仮想通貨ETFを申請 複数のデジタル資産をトラックする初の申請

SEC (米証券取引委員会)に、デジタル資産管理のビットワイズが仮想通貨ETF (上場投資信託)の登録を申請したことが明らかになりました。 これまで、ビットコイン(BTC)ETFを申請する動きはあったようですが、複数のデジタル資産をトラックする申請は今回が初のようです。 仮想通貨ETFを申請したビットワイズ ビットワイズのHOLD10仮想通貨インデックスETFは、プライベート・インデックス・ファンドをトラックするものであり、10種類の通貨が含まれています。HOLD10仮想通貨インデックスは、時価総額で市場の8割を網羅しているといいます。 ビットワイズの調査部門でグローバルヘッドのマット・ホーガン氏は、このETF申請の列に並び、市場はSECがビットコインETFを許可する可能性がある方向へ動いていると述べています。 アメリカの投資会社も申請 SECは、アメリカの投資会社であるディレクシオンがビットコインETFの提出をし、承認可否の決定を9月まで延期する決定を発表しています。 最近、シカゴオプション取引所が提出したビットコインETFの上場申請の承認可否については、8月10日となっていますが延期したとしても9月24日までに決まるといいます。 SECは、ビットコインETFの申請をラファティ・アセット・マネジメントとヴァンエックに対して、取り下げるよう要求しているようです。この理由に挙げられているのが、SECが流動性とビットコインの評価に懸念を示していたからだとしています。 まとめ デジタル資産を管理しているビットワイズが、SCEに複数のデジタル資産をトラックするETFの申請をしたことが発表されました。今回の申請は初としており、ビットワイズの調査部門のグローバルヘッドは、SECがビットコインETFを許可する方向へ市場が動いているとのことです。ビットワイズの申請はどのような結果となるのでしょうか。

ニュース

予測プラットフォーム「オーガー」にブロックチェーン基盤の「暗殺市場」が出現

ブロックチェーン基盤の「暗殺市場」なるものが、予測プラットフォームのオーガー(Augar)に現れたことが明らかになりました。 この暗殺市場というのは有名人の死を賭けるものであり、これに対して問題があると非難が殺到しているようです。 予測プラットフォームのオーガーとは? NPO団体のフォーカスト財団によって、イーサリアム(ETH)のメインネット上に立ち上げられた予測プラットフォームであるオーガーは、賭けの対象を中央管理者が決めるのではなく、利用者が決められるようです。 今回注目を浴びている暗殺市場では、アメリカの大統領であるドナルド・トランプ氏や、そのほかの有名人が「いつ死ぬか」に関する賭けが利用者の間で行われているといいます。 オーガーはこの賭けが成立するかどうかを確かめるため、レポーター制を導入しています。オーガーの独自トークン「REP」を保有しているレポーターは、賭けの正しい判断ができなければREPを失う仕組みになっているようです。また、REPを保有しているのにも関わらず、成立を確かめるプロセスに参加しない場合も、同じように罰せられるといいます。 暗殺市場に相次ぐ非難の声 この暗殺市場には非難の声が相次いでいます。暗殺市場があることにより、本当に暗殺されてしまうのではないか、といった懸念の声も上がっています。賭けの中身を中央管理者がコントロール出来ないため、取り締まることが困難だとしています。 まとめ 有名人がいつ死ぬのかを予想して賭けを行う暗殺市場というのが、予測プラットフォームのオーガーに現れたことが明らかになりました。こういった賭けが公に出ていいのかという非難の声も相次いでいます。中央管理者がコントロール出来ないため、取り締まりも難しい暗殺市場を政府が放っておくはずがありません。今後の動向から目が離せません。

ニュース

公共セクターへ向けたブロックチェーン技術のハンドブックをIT業界団体のCompTIAが発表

コンピューティングテクノロジー産業協会(CompTIA)が、公共セクターで労働する人々を対象に、ブロックチェーン技術のハンドブックを公表したことが明らかになりました。 「ブロックチェーンの革命を利用する」と題されたハンドブックは、CompTIAのサイトからダウンロードができるようです。 公共セクター向けのブロックチェーンハンドブック CompTIAは、IT業界の中でも特に名前が知れ渡っている団体の1つであり、今回のハンドブックの副題には「CompTIAによる公共セクターのための実践的ガイド」と付けられています。 ハンドブックの内容として、ブロックチェーン技術の解説をはじめ、民間企業でのブロックチェーンを用いたユースケースの紹介、アメリカ連邦政府や州政府での規制動向や取り組みなどがまとめられています。さらに、ブロックチェーンを用いて、リスクを管理して経済の発展を促進し、強力な規制体制を構築する方法に関する、連邦政府や州政府への推奨意見も含まれているようです。 CompTIAは、ブロックチェーンについて最も話題であり最も誤解させている最新技術だと記しています。今回のハンドブックの発表に合わせて、公共セクターでのブロックチェーン革命をテーマにしたイベントがワシントンDCで開催されています。イベントには、下院議員や民間企業が参加し、パネルディスカッションなどが行われたようです。 まとめ IT業界の中でも有名な団体の1つであるCompTIAが、公共セクター向けのブロックチェーン技術ハンドブックを発表したことが明らかになりました。ハンドブックの内容は、ブロックチェーン技術についてまとめられており、CompTIAは世界で最も話題で最も誤解されている最新技術と記しています。CompTIAが発表したブロックチェーン技術ハンドブックに、世界から注目が集まります。

ニュース

仮想通貨「ビリオネア」メロン氏の伝記映画にジョニー・デップ氏が主演か

ニューヨーク・ポスト紙によると、映画パイレーツ・オブ・カリビアンなどでお馴染みの、人気俳優ジョニー・デップ(Johnny Depp)氏に、故マシュー・メロン氏の伝記映画の主演に抜擢される可能性があることが明らかになりました。 名門「メロン財閥」の御曹司マシュー・メロン ジョニー・デップ(Johnny Depp)氏が主演を務める可能性が高いとされる、映画の主人公とは、「大富豪」であった故マシュー・メロン氏。同氏は、アメリカのロックフェラー財閥などと並ぶ名門「メロン財閥」ファミリーの出身です。 財閥の御曹司であるメロン氏は、治療を受けるために、数回に渡ってもメキシコ入りをしていました。アメリカでは使用認可が下りていない、幻覚を起こすとされる特性を持る「イボガイン」の治療に引かれていました。 メロン氏がリップルで稼いだ10億ドル(1100億円) フォーブスによると、マシュー・メロン氏は54歳にして3人の子供を残す形でこの世を去りました。その他にも、さまざまな問題を残していき、そのひとつに、メロン氏が稼いだという10億ドル(1100億円)にも上る仮想通貨「リップル(Ripple/XRP)」が今後どうなるのか、という事が問題となっています。 メロン家は2016年の「アメリカで最も裕福な家族」ではランキングで22位となり、その資産総額は115億ドル(約1.2兆円)とされ、紛れもなく「大富豪」であることを見せつける形となりました。 まとめ 薬物依存症のリハビリ施設に入る直前に亡くなった「メロン財閥」がひとり、マシュー・メロン氏の伝記映画に、俳優ジョニー・デップ氏が主演の候補として名前が挙がっているようです。現時点で詳細は明らかになっていませんが、デップ氏は、メロン役を熱望しているそうです。これが実現した場合、果たして伝説のリップラーを超人気俳優はどのように演じてくれるのでしょうか。注目が集まります。

ニュース

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月26日

【週刊 Coindia】一週間の仮想通貨ニュースまとめ ー7月26日 【7月19日】 ラマダン期間中に仮想通貨で寄付金を募り法定通貨の4倍集まる イギリスのモスクでは寄付金を仮想通貨で集め、その金額は法定通貨の4倍以上にまで及んでいるといいます。世界中人々が仮想通貨を用いてラマダン期間中に寄付を行っています。 【7月20日】 コインチェックを事業活用「マネックス」がアメリカで仮想通貨市場参入へ 取引所「コインチェック」を傘下に置く「マネックスグループ」はトレードステーショングループを介して、アメリカで仮想通貨関連の事業に参入する検討を進めていることが明らかになりました。 【7月21日】 野田総務大臣の秘書が金融庁へ圧力?仮想通貨「GACKTコイン」を巡る問題 野田聖子総務大臣の秘書は1月に、金融庁に対して圧力をかけていたという問題が拡大。「GACKT(ガクト)氏」が大々的に手がけている「SPINDLE(スピンドル)」の取り扱いを巡る問題とは。 【7月22日】 インド 仮想通貨に関連する事業を事実上の「違法化」へ ビットコインなどの仮想通貨の取り扱いを禁止とする「インド中央銀行」の命令を巡る裁判で最高裁判所は事実上、インドで仮想通貨に関する事業を「違法化」とする決定をしました。 【7月23日】 用賀サマーフェスティバル「仮想通貨決済」と「オンライン商品券」を導入 今年で14回目となる、地元大学生が主催する「用賀サマーフェスティバル」で「仮想通貨決済」と「オンライン商品券」を導入することが明らかになりました。 【7月24日】 韓国「Samsung(サムスン)社」がBTCやXRPによる仮想通貨決済導入へ 韓国「Samsung(サムスン)社」が「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」をはじめとする7種類の仮想通貨を、決済手段のひとつとして受け入れる方針であることが明らかになりました。 【7月25日】 世界最大手仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が韓国進出か 最大の取引高を誇る仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」が、韓国に進出するプランを進めていることが、ビジネスコリアにより明らかになりました。 まとめ 先週から今週にかけてのニュースは、マネックスのアメリカ市場参入、インド最高裁により事実上の仮想通貨を違法化へ、大手IT企業サムスンが仮想通貨決済導入、と厳しい姿勢を見せる国では、仮想通貨を違法とみなす一方で続々と大手企業や大手取引所は海外進出に意欲をみせています。今後も仮想通貨市場の動向に今後も注目していきます。 以上、週刊コインディアでした。来週もお楽しみに!

ニュース

仮想通貨取引所コインベースのBCHにインサイダー取引疑惑が浮上 内部監査の結果「事実はなかった」

2017年12月のビットコインキャッシュ(BCH)上場時の疑惑に対し、アメリカで大手の仮想通貨取引所コインベースで内部監査が行われた結果、そのような事実はなかったと結論づけられたことが明らかになりました。 最近、全社規模の会合が開かれそこで内部調査の結果について議論が繰り広げられたようです。そこでコインベースの広報が、2つの法律事務所によって1ヶ月にも及ぶ調査を実施した結果、インサイダー取引はなかったことを結論づけたといいます。 ビットコインキャッシュを巡るインサイダー取引疑惑 当初、ビットコインキャッシュ(BCH)をサポートしないことを決めていたコインベースですが、取引所に上場させると判断を覆したことを発表しています。インサイダー取引の疑惑は、ビットコインキャッシュを2017年12月19日に上場させた時に浮上しました。理由として、上場する1ヶ月ほど前からビットコインキャッシュの価格が3,000ドル以上も上がったからだといいます。 コインベースの従業員は、これによってインサイダー取引に関与していると非難を浴びました。コインベースにビットコインキャッシュが上場した日、CEOを務めるブライアン・アームストロング氏は、インサイダー取引に関する厳しいスタンダード下に置かれているとし、価格上昇に関する内部監査を行うと述べました。 結果、インサイダー取引はなかったと結論づけられたコインベースですが、今回の件で顧客からの集団訴訟が相次いでいるといいます。弁護士のリンダ・グラント氏によれば、消費者保護法に違反し取引所による不注意があったとして損害賠償を求めているようです。 まとめ 2017年12月にインサイダー疑惑が浮上したアメリカの大手仮想通貨取引所コインベース。CEOを務めるブライアン・アームストロング氏が内部監査を行うと宣言し、結果として潔白が結論づけられました。コインベースは、今回のインサイダー取引疑惑のほかに、電子メールで送った資金を取引所が保持し続けていることに訴訟を起こされています。コインベースの今後の動向から目が離せません。

ニュース

ウォレットサービスを手掛けるインドの仮想通貨取引所ウノコインが法定通貨であるルピーの入出金を停止

ウォレットサービスも手がけているインドの仮想通貨取引所ウノコインが、同国の準備銀行からの命令により、ルピーの入出金を停止にしたことが明らかになりました。 顧客に対してウノコインは、資金調達の代替方法が確定し、それが展開するまでは法定通貨の預け入れと引き出しが一時的にできなくなると伝えています。 仮想通貨の預け入れは可能 反対に、仮想通貨の預け入れはウノコインの仮想通貨と、ルピーの取引所、ウノコインが展開する取引所ウノダックスで可能としています。ユーザーは既存のルピーの残高を、引き続きビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買に使用することができるようです。 ウノコインは、インド準備銀行の仮想通貨関連の禁止措置の影響を受けたことで、今回このような形となりました。インド準備銀行は、国内の銀行に対して仮想通貨関連の企業な個人との取引を禁止するよう、7月5日を期限日として要請していました。 その期限日の前日である4日には、インド国内の取引所ゼブペイがルピーの入出金を凍結することを発表しています。また同日に、ワジール Xという取引所がP2P取引を導入することを公開しています。 インド最高裁の最終審問が9月に延期 インド準備銀行による仮想通貨関連の禁止措置は、同国の仮想通貨業界とコミュニティによる撤回を求める請願が出され、禁止措置は違憲だとして法廷闘争にまで発展しています。 インドの最高裁によって訴訟は審理されています。そんな最高裁は、7月20日に最終審問を予定していましたが、9月に延期となっています。 まとめ インドの仮想通貨取引所ウノコインが、準備銀行の命令により法定通貨の入出金を停止したことが発表されました。2018年7月に入り、インドのある取引所では法定通貨の入出金を凍結し、またある取引所ではP2P取引を導入する発表をしています。インドの仮想通貨取引所の動きから目が離せません。

ニュース

カナダのメッセージアプリKikがKinトークン関連のプロダクトKinitのベータ版をリリース

カナダのメッセージングアプリ「Kik」が、Kinトークン関連のプロダクト「Kinit」の最初のベータ版をリリースしたことが明らかになりました。 2017年、KikはKinトークンを用いたICOにより1億ドルの資金調達に成功しています。 ICOで1億ドルを集めたKik KinトークンによるICOは世界117ヵ国から1万人以上が参加し、当初1億2,500万ドルを目指していた中で、約1億ドルの資金を調達しています。 Kinitはウォレットアプリで、ユーザーはトークンの獲得や保管、使用することができます。クイズに答えたり、インタラクティブなビデオを視聴することでKinトークンを手に入れることができます。このKinトークンで、小売店のギフトカードの交換のほか、Kinit内のトークンを相互に交換することができるようです。 イーサリアムブロックチェーンに基づくERC20トークンであるKinは、ステラネットワーク上に置かれ、トランザクションのスピードを高めるとしています。Kinは、Kinエコシステムサイトを通じたトークンの開発に、約300万ドルを投じています。一般的なユーザーにKinitというツールを採用させるための最初の試みとなるようです。 Kinトークンをゲーム業界を通じて採用 また、Kikはゲーム業界を通じてKinトークンの採用に向け、Unityテクノロジーズとの提携を発表しています。Kikが開発するゲーム専用ソフトウェア開発キットを用いれば、ゲーム内にトークンを導入することができます。 Kikは、Unityの提携パートナーに独自通貨であるKinのゲームSDKをベータテストしてもらい、その後にゲーム開発者向けにUnityのアセットストア上で提供する計画だといいます。 まとめ カナダのKikが発行したKinトークンに関するプロダクトのKinitの最初のベータ版をリリースしたことが発表されました。Kinトークンは、小売店のギフトカードとの交換や、Kinit内のトークンを相互に交換することができるようです。Kinitアプリに世界から注目が集まります。

ニュース

ブロックチェーン基盤の独自デジタルウォレットをシンガポール航空が発表

シンガポール航空が、独自のエアライン・ロイヤリティ・デジタル・ウォレットを発表したことが明らかになりました。 ブロックチェーンが活用されている同ウォレットは、マイクロソフトとKPMGデジタル・ビレッジの共同開発によって誕生しました。 新ウォレットクリスペイ(KrisPay) 新たなウォレットのクリスペイ(KrisPay)は、頻繁に飛行機を利用する人のマイルをデジタル化したクリスペイマイルに変換するといいます。変換したマイルは、モバイルアプリを通じて小売店などの決済時に利用可能だそうです。 現在、クリスペイマイルは18の小売店で受け入れられており、将来的には加盟店を拡大計画のようです。ユーザーは、0.1シンガポールドル(日本円で約8.16円)に値する15クリスペイマイルから支払うことができます。 ブロックチェーンに継続的に投資を続けているマイクロソフトは、クラウド・コンピューティング部門のマイクロソフト・アジュールを通じて、イーサリアム基盤のプロトコルを用いたコンフィデンシャル・コンソーシアム・フレームワークを、2017年夏に開発しています。 ブロックチェーンアプリ作成サービスのリリース また、マイクロソフト・オーセンティケータアプリにブロックチェーンベースの分散型IDを統合する計画を進めていることを明らかにしています。 マイクロソフトの新たな動向として、アジュールがブロックチェーンアプリ作成サービスアジュール・ブロックチェーン・ワークベンチをリリースしています。これにより企業は、カスタムメイドのブロックチェーンアプリの作成ができるようになるとしています。インフラ設定を自動化することで開発プロセスが効率化されます。 まとめ マイクロソフトとKPMGが共同開発し、ブロックチェーンが活用されている独自のデジタルウォレットが、シンガポール航空によって発表されました。新たなウォレットでは、飛行機を頻繁に利用する人のマイルをデジタル化し、アプリを通じて小売店などで決済時に使えるといいます。将来的には、加盟店を拡大する計画のようで今後の動きから目が離せません。