CATEGORY イーサリアム

ニュース

少し違う仮想通貨とトークン 仮想通貨は自分で作ることが可能!

今では世界で1,000種類以上の仮想通貨が存在していますが「仮想通貨を自分で作ることはできないのか?」という疑問を持った方もいるのではないでしょうか。 結論から言ってしまえば、世間を賑わせている「ビットコイン(BTC)」と同じように、独自の仮想通貨を作ることが可能です。 仮想通貨は意外と簡単に作ることができる ビットコインをはじめとする仮想通貨とトークンはほとんど同じものですが、 ・仮想通貨は、ブロックチェーンの新規ブロックが作成されたときに発行されるもの。 ・トークンは、既にあるブロックチェーンから人工的に発行されるもの。 という違いがあります。 トークンというのは、既に存在する仮想通貨を元に作られているのがほとんどです。その中でも、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といったメジャーな仮想通貨ベースのトークンが多くあります。 仮想通貨を作るには4種類の以下の方法があります。 1.ビットコインなどのオープンソースを元に独自通貨を作る 2.カウンターパーティーで独自のトークンを作る 3.イーサリアムで独自のトークンを作る 4.wavesで独自のトークンを作る 1.ビットコインなどのオープンソースを元に独自通貨を作る ビットコインはオープンソースで作られていて、ソフトウェアのデータが全て無償で公開されているため、誰でもダウンロードすることが可能です。さらに、改良や再配布など自由に行うことができ、これらのソースを元に独自の通貨を作ることができます。 2.カウンターパーティー(XCP)で独自のトークンを作る カウンターパーティーとは、ビットコインのブロックチェーン上に作られているプラットフォームのことです。取引所機能や独自のトークンを発行する機能が組み込まれています。発行したトークンはウォレットを通じて取引所に上場させ、取引することができます。 3.イーサリアム(Ethereum)で独自のトークンを作る イーサリアムは、※スマートコントラクトや分散型アプリケーションのプラットフォームです。スマートコントラクトによって自動的に契約が履行されるため、改ざんを防止することができます。 4.wavesで独自のトークンを作る wavesは仮想通貨トークンに関する総合的なブロックチェーンプラットフォームで、使いやすさを重視しています。独自のトークンを作成するには1wavesを消費して、簡単に作成して配布することができます。 独自の仮想通貨でできること 独自通貨を作る理由は様々だと思いますが、「クラウドファンディング」または「サイトのサービスで利用できるポイント」が最も多いとされています。 例えば、Zaifトークンは国内の取引所Zaifが発行する株式のようなものなので、Zaifトークンを購入するとZaifの資産が上がります。 最近では、三菱UFJ銀行が日本円を電子マネーのように利用することができる「MUFGコイン」を発行しました。さらに、長崎にあるハウステンボスでは、施設内での支払いを効率よくするために「テンボスコイン」を発行しています。 他にも、コミュニティ内での送金手段として利用したり、SNSで配布するなど利用方法は様々です。 まとめ 意外と知らない方もいたのではないでしょうか。仮想通貨は自分で作って売ることもできます。アイデア次第では、できることは無限大にあります。独自通貨ができれば、ビットコインのように世界中の人に利用してもらうといった方法もあります。もしも、上場すれば価格も大きく伸びやすく、利益にも期待ができるでしょう。

ニュース

豊かな国リヒテンシュタイン公国 仮想通貨とブロックチェーンが魅力と感じる理由

リヒテンシュタイン公国は、ドイツやスイス、イタリア、オーストラリアと国境が接していて、小さい国として知られています。そして、ヨーロッパで最も「豊かな国」と有名で「時間が止まった国」とも言われています。 リヒテンシュタイン公国とは リヒテンシュタインはスイスのアルプスとオーストラリアに挟まれ、世界で6番目に小さい国です。産業では牧畜、精密機械、医療、観光、国際金融、切手などが有名で、面責は東京都23区の1/4程度しかありません。 人口は約4万人とされていますが、実際にリヒテンシュタインの国籍を持っている国民は全体の1/3ほどしかいないそうです。他の国民は、外国企業や社員とその家族、大富豪など住所はリヒテンシュタインになっていますが、住居実態のない者が多くいます。 その理由として、リヒテンシュタインは「※タックスヘイブン」だからです。税金が免除されることを理由に海外企業を誘致し、その法人税によって豊かな国となりました。 リヒテンシュタインの法人税率は12.5%と低く、会社の設立手続きも簡単に行うことができます。本社の籍だけ置いている多国籍企業が多く、法人税が歳入の40%を占めていることから、国民に対する直接税がありません。 リヒテンシュタインが魅力の理由 2013年にイーサリアム(Ethereum)の開発に深く関わっていたというヤニスラフ・マラホフ氏は、現在リヒテンシュタインに拠点を置いてブロックチェーン「エタニティ」の開発を進めています。 マラホフ氏はリヒテンシュタインの王子を通じて、同国が仮想通貨に対して前向きな姿勢であることを知ると、規制当局や税務当局との協議を経て自身のスタートアップする場所は、この国のほかないと決意を固めたそうです。 リヒテンシュタインでは、仮想通貨の銀行口座を開設していなくてもビットコインやイーサリアムを資本金として企業を設立することができます。マラホフ氏は5スイスフラン(500万円以上)相当のイーサリアムを資本金として、エタニティを設立しました。 仮想通貨やブロックチェーン関連の企業を含む金融サービス会社が、リヒテンシュテインに拠点を置くことで2つのメリットが生まれます。それは、厄介な存在となる欧州連合の規制の適用を一部回避できる事と、「※単一パスポート制度」を利用できる事です。 リヒテンシュタイン銀行はこれを理由に、欧州各国の金融部門が仮想通貨の取り扱いを避ける中で顧客に代わって投資を行ったり、ICOに関するアドバイスも提供しているようです。 さらにマラホフ氏は、リヒテンシュタインのブロックチェーン関連のビジネスに「未来は明るい」と見て「※コワーキングスペース」の新設計画を進めているそうです。しかし、小国のため人材やベンチャー投資資金が不足するなど課題は多くあります。 それでも、仮想通貨関連の企業にとってリヒテンシュタインの魅力がかつてなく高まっている事は確かでしょう。 まとめ 数多くあるタックスヘイブンとして有名なリヒテンシュタイン公国。財政はリヒテンシュタイン銀行が保持していますが、それを支えているリヒテンシュタイン家の資産規模は欧州トップクラスと言われています。税金がかからない事から、今後も仮想通貨関連の企業は増える事でしょう。ヨーロッパの中でも特に豊かな国と言われていますが、仮想通貨に優しい国と言ってもいいかもしれません。

ニュース

イーサリアムとリップルが議論の中心に 仮想通貨の証券性とは

「スマートコントラクト技術」を兼ね備えた仮想通貨イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次いで世界で2番目に価値のあるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)です。 そんな中「イーサリアムとリップルは有価証券ではないか」という観点から調査を開始している、と多大な影響力を持つウォールストリートジャーナル紙が報じました。 その答えがどちらに転んでも、仮想通貨市場に大きな衝撃が広がることでしょう。 過熱する議論 「仮想通貨やICOは有価証券ではないか」という議論は、これまでも盛んに行われてきました。日本では、2014年に政府は「仮想通貨は有価証券ではない」と明言しましたが、特に最近ではこの議論が熱を帯びてきています。 2014年といえば「仮想通貨=ビットコイン」という認識が一般的な時代だったといえます。当時の仮想通貨(ビットコイン)は、配付のシステムとしては「分散化」されていたため、証券性は無かったと捉えられていたことが分かります。 イーサリアムとリップルは「有価証券」か 名実ともに世界トップの仮想通貨・ビットコインは「有価証券ではない」という見解が確立されています。 一方NO .2のイーサリアムに関しては「有価証券のように見える」という声が当初から挙がっていました。 有価証券とは 伝統的には財産的価値のある私権を表章する証券で、その権利の発生、移転または行使の全部又は一部が証券によってなされるものをいう。 なお、有価証券の典型例に手形や小切手があるが、これらの証券は英米法では流通証券という概念で扱われる。 なぜ有価証券であるかどうか重要なのか 本来、株やFXとは異なり、仮想通貨自体は1つの通貨として独立しているものです。規制当局は、イーサリアムを株などと同じように、厳格な規制の対象にすべきかどうかを「検討している」段階だといいます。 仮に「有価証券」と断定されれば、資金調達のハードルが高くなり、情報の開示が必要になります。 有価証券の取引ができる取引所は、仮想通貨のそれとは比べられないほど厳しい審査が必要になるため、有価証券の取引ができる取引所に仮想通貨を上場させることが大変困難となります。 つまり、仮想通貨を取り扱う取引所が無くなる可能性があるということです。 まとめ 今後この証券性の議論は、さまざまな国に飛び火していくことでしょう。事実、仮想通貨市場は法整備が整っていないといえます。「イーサリアムとリップルは有価証券だ」という意見は、仮想通貨市場が健全な発展を望んでいるという見方もできます。 しかし、あまりにも規制が厳しすぎると、ブロックチェーン技術と仮想通貨の発展そのものを妨げかねません。やはり万人が「健全化」を望むのであれば、こういった議論を繰り返していくべきでしょう。

ニュース

様々な業界で活用されるブロックチェーン 高度な技術で社会に大きな影響を与える

現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨が注目を集めています。これらの仮想通貨は、ブロックチェーンという技術の元で運用されています。 私たちが日常的に使っている法定通貨の種類は、円、ドル、ユーロなどがあります。 一方の仮想通貨は、ビットコイン(BTC)をはじめ、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(NEM)などのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の種類は1,000を軽く超えるほどになりました。 ブロックチェーン ブロックチェーンとは、ビットコインの心臓部に当たる取引データのことを指していて、取引データのことを「トランザクション」と呼びます。いくつかのトランザクションが1つのブロックの様にまとまり、鎖のように繋がった物がブロックチェーンとなります。 ブロックチェーンの特徴は「分散して管理」することです。銀行のような管理機関がないため権限が1箇所に集中することはなく、ビットコインを利用するユーザー1人1人のコンピューターに保存されます。そして、過去から今に至る全ての取引の履歴を誰でも確認することができます。 ゲームで活用されるブロックチェーン技術 2018年の2月あたりから出始めているブロックチェーンゲーム。ゲームの特徴は大きく4つに分けられます。 ・アイテムやキャラクターをブロクチェーン上のアセットにする(トークン化) ・ゲーム内で通貨を用意する ・キャラやアイテムの売買やレンタルができる ・オープンにゲーム同士が繋がっていく といったものがあります。 現在30を超えるゲームが作られていますが、大体が海外発のものばかりです。こういった分野こそ、日本人が前に出るべきだと思う方もいるのではないでしょうか。 そもそもゲームにブロックチェーン技術は必要なのかどうかは「ほかのゲームと繋がる」というのが破壊的であるため、今後のゲームには当たり前のようにブロックチェーン技術が活用していくと言われています。 しかし、ブロックチェーン自体の課題がまだ残っているため、実用化するとなれば2020年以降とされているようです。 ブロックチェーン技術で旅行がお得 現在、年間で5千億ドル以上の売上を出しているツアー業界ですが、中央集権化されたエコシステムによって利益のうちの10%〜25%が仲介者の手に渡っているそうです。 手数料が0%のホテル予約サービス「LockTrip」はブロックチェーン技術の採用により、全ての仲介業者を切り捨て、宿泊施設の料金の価格を大幅に下げたそうです。 LockTripの独自トークンは「LOC」といい、LOCの価値は上昇して業界に大きな変化をもたらすと言われています。その根拠としてLochTripは、パートナーシップ戦略が順調なようで、世界で約10万のホテルと契約を結んでいると言われています。そして、最も信頼されているホテルブランドも含まれているようです。 まとめ ビットコインをはじめとする仮想通貨が誕生したのは、ブロックチェーン技術があったからだと思います。いまでは様々な業界でその技術が活用され、ゲームを作ったり旅行がお得になったりと活躍しています。今後も、ブロックチェーン技術を利用する業界は増えていくことでしょう。ブロックチェーンの更なる発展に注目していきたいです。

ニュース

SBIホールディングスが仮想通貨取引所を開始宣言 BCHとXRPに注力

2018年の3月SBIホールディングスは、決算説明会で配布した資料の中で「規制当局の動きを見極めつつ、本格的な開始日については2018年夏に結論を出す見込み」と言及しました。 普段決算説明会に顔を出さない全国紙やテレビ局までもが駆けつけたそうですが、用意された席数よりも上回るものとなったそうです。 延期していたサービスの開始 「本格的なサービス開始は早くて夏に結論を出し、すぐに始めるつもりです。我々の経営資源を総動員して、ナンバーワンになります。」と、決算説明会の中盤で自信満々に語った北尾吉孝社長。 SBIが考えた仮想通貨取引所は、突然に思いついたわけでは無いようです。2016年の11月に同社は、SBIバーチャル・カレンシーズという子会社を創設しました。仮想通貨交換業の登録を2017年の9月に済ませ、2018年の1月30日に一部の顧客を限定対象としてリップルが発行する仮想通貨「XRP」の試験販売を行ったそうです。 しかし、2018年の2月27日に取引所開設の時期の延期を、中国にある大手の仮想通貨事業フオビグループと、3月9日に資本・業務提携の基本合意取りやめを表明しました。 取引所は早くて夏に開始される? SBIホールディングスの事業が遅れている理由は、コインチェックでの仮想通貨流出事件や、その後の事業環境の変化などを踏まえて、正式に事業を始める時期を慎重に考えていたことが原因となるようです。 金融庁による登録済み業者を含んだ行政処分の増加や、コインチェック事件を踏まえてのセキュリティ強化、そして市場の取引ボリュームの減少など、当局の動きを見極めつつ2018年の夏までに開始日の結論を出すことを北尾社長は宣言し、「どうせ私どもがやりだしたら、あっという間にナンバーワンになる。」と余裕を見せながら述べていました。 他社との連携について、北尾社長と無二の友人の孫正義氏が率いるソフトバンクと、もう一度タッグを組む可能性を聞かれると「ヤフーのことも含め過去に検討したことはあるが、魅力的とは思わない。自社でやる」と固く決めているようです。 また、コインチェック買収の話を持ちかけられたことに対しても「自社でできるから買う気には全くならなかった」と、自社で仮想通貨事業を邁進していく姿勢を明らかにしていました。 BCHとXRPに力を入れるSBI SBIの仮想通貨取引所では、ビットコイン(BTC)をはじめイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)の4種類を取り扱っていくようです。その中でビットコインキャッシュとXRPの2種類を中心に注力していくとのことです。 「ビットコインは80%強がマイニングされ尽くし、希少資産として売る人が少なくなっている。他の用途に使えないし、決済通貨としてもしんどい。価格も高くなりすぎている。」と、北尾社長はビットコインをバッサリ切り捨てています。 反対に、ビットコインキャッシュやXRP対しては「実用性があって決済通貨に向いている。送金通貨としても有効。そして、貿易金融でも使える余地があるとみて働きかけている。」と絶賛していました。 まとめ 証券会社の中で最大手となるSBIホールディングスが、早くて2018年の夏に仮想通貨取引所を開始する宣言をしました。一度、仮想通貨事業を試みたそうですが延期となっていたそうですね。仮想通貨が絡んだ事件が日本国内外で起きているため、新しくサービスを始める時期を慎重に考えていたという理由もわかります。SBIの今後の動きを注目していきたいですね。

ニュース

仮想通貨のイーサリアム(ETH)とリップル(XRP)が有価証券に該当? 発行した両者は猛反対

米商品先物取引委員会の元委員長だったゲーリー・ジェンスラー氏が、講演で「イーサリアムとリップルは証券とみなす根拠がある」と発表をしたことで大きな波紋を呼んでいます。 アメリカのSEC(アメリカの証券取引委員会)では、現在イーサリアムとリップルは仮想通貨ではなく証券に適応する可能性があると議題に挙げているようです。もしも正式に証券となった場合は、SECに登録している取引所でしか売買することができなくなってしまいます。 ゲーリー・ジェンスラー氏とは? ゲーリー・ジェンスラー氏はゴールドマン・サックスのパートナーに任命された他、オバマ政権で金融規制の最高責任者を務め、ヒラリー・クリントンの財政責任者も務めていた経歴があります。 商品先物取引委員会の委員長を務めていた当時は、強い財政的関心で周りからの評判を築き上げたそうです。辞任する前に大手銀行を相手にするのを心配していた方もいたそうですが、金融危機の後にはウォールストリートを抑制するために努力する、とても積極的な監視役の1人となりました。 現在はブロックチェーンの世界に足を踏み入れ、マサチューセッツ工科大学で教授となり、生徒たちに金融界を変える可能性も持つと言われているブロックチェーンについての講演をしているようです。 なぜイーサリアムやリップルなのか ビットコインはICOで発行されていない事と、開発者の分散型ネットワークがあるという事実があるため、証券として分類されないと述べています。 アメリカでは一定の条件を満たさないと有価証券の扱いとなってしまい、SECの許可が降りないと取引ができなくなってしまうのです。 2009年から2014年にかけてジェンスラー氏とSECが行なっていた商品先物取引委員会は、ここ数年で数多く発行された仮想通貨を、どのように分類するかについて悩まれていたそうです。ほとんどはICOによって発行された小さな通貨に当てているそうですが、ジェンスラー氏はイーサリアムやリップルのように、よりよく知られた仮想通貨もその論議の中に含まれるべきであると話しています。 イーサリアムやリップル側は否定を主張 イーサリアムやリップル側の方は否定の意見を主張していますが、規制当局はイーサリアムが有価証券として分類されるかどうかを検討するかもしれないため、SECはジェンスラー氏の考えも受け入れる可能性があるとされています。 仮に、イーサリアムとリップルが有価証券とみなされた場合、現在行われている取引所でのほとんどの取引が違法になってしまう恐れがあり、そうなると売買や価格の押し上げが非常に困難になると言われています。 まとめ 仮想通貨は発行の主体がないため、有価証券には該当しないという考えも持っている方が多いかと思います。ユーザーにとって、仮想通貨市場は健全な市場というのを求めていると思うので、圧をかけるような規制は極力避けていただききたいですね。イーサリアムやリップルは有価証券となってしまうのかどうか、引き続き注目していきたいです。

ニュース

「NASA」がイーサリアムのスマートコントラクト技術を導入?

NASA(アメリカ航空宇宙局)は、自動で宇宙にある障害物を避けながら航行する宇宙探査機の開発のために、イーサリアムのスマートコントラクト技術を導入しようとしていることがわかりました。 スマートコントラクトとは「契約の自動化」のことで、契約の条件確認や履行までを自動で実行することができるもので、決済期間の短縮や不正防止、コスト削減も期待できます。 また、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを使うと、ユーザー同士が直接取引する非中央集権型のサービスができ、社会に大きな変化をもたらすと言われています。ブロックチェーン技術を使って、宇宙通信と航行を今までよりも安全で効率的に行えることが期待できます。 NASAから3500万円もの助成金 このプロジェクトは”Resilient Networking and Computing Paradigm”と呼ばれ、今後スペースシャトルの障害物認識装置の研究に取り組むようです。このプロジェクトは、アクロン大学のJin Wei Kocsis(ジン・ウェイ・コチシュ)博士が率いていて、これにはNASAから3年間で約3500万円もの助成金が投入されているようです。今の宇宙探査機は、危険物を発見すると地球に信号を送り、地球側でそれを避ける道を考え、それを信号でまた送り返すことで衝突しないようにしていました。 しかし、地球との距離が遠くなるほど時間差が出て、結果として衝突事故が起きてしまうこともありました。これが探査機自身で考えて、危険物とあたらないように自ら回避できるようになるというのです。これによって、地球にいる研究者は時間も省略できるので、他の研究に時間を費やすこともできます。 この機能に加え、ブロックチェーン技術が自動的なデータ収集にも役立つのではとの見解もあり、あらゆる作業も自動的にこなしてしまうような技術の発達が見込めます。これによって宇宙探査における多くの問題が無くなるようです。 世界各国から注目を集めるブロックチェーン技術 このブロックチェーン技術の活用は、これからの宇宙ネットワークにも優れたネットワークとなるでしょう。これがパブリックチェーンなのかプライベートチェーンなのかといった詳細はまだ明かされていませんが、仮想通貨だけでなく、ブロックチェーン技術はたくさんの分野や業界に活用できるので、世界各国から注目を集め続けています。ブロックチェーン技術による認識能力と回復能力はとても拡張性が高く、既存のネットワークを統合することもできます。 まとめ 今回のニュースのように、世界の宇宙探査を代表してきたNASAがイーサリアムのスマートコントラクト技術を活用するという情報は、今後もブロックチェーン技術が広まっていくことを期待させます。このことからも、将来性が大きく見込めると言えます。今後もブロックチェーン技術のさらなる活躍に注目したいと思います。 この記事は、なるべく最新の情報を皆さまにお届けするため、海外のニュースを翻訳編集し、主観で注釈を入れ執筆しております。正確な内容をお伝えするように心がけておりますが、翻訳を行っているため本来の言葉の意味と差異が生じ、誤認などある可能性があります。閲覧する際は、ご留意のほどお願い申しあげます。

イーサリアム

仮想通貨「イーサリアム」とは?初心者のために解説

ITや金融業界を中心に、さまざまな業種の企業が利活用を模索している昨今。「ブロックチェーン」が世界を“侵食”してきている中、仮想通貨の代名詞「ビットコイン」の次に注目が集まっている銘柄のひとつ「イーサリアム」。イーサリアムも、ビットコインと同様にブロックチェーンの技術を利用しています。 最近では、インターネット上でもイーサリアムに関しての記事をたびたび見かけるようになってきました。あの堀江貴文氏もイーサリアムに投資をして話題にもなった「次世代の仮想通貨」と言えます。しかし、実際にはどのような仕組みになっているのかご存知ではない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、イーサリアムとはどのような機能を持ち、どのような利便性があるのかなど、初心者の方でも分かりやすく解説していきます。 イーサリアムとは 「イーサリアム」とは2013年に、ロシア人のヴィタリック・ブテリンという青年により開発された仮想通貨です。その後、クラウドファウンディングにより、約16億円もの資金を調達することに成功し、運用を開始しました。現在は、ビットコインの次に有名であり「仮想通貨界のナンバー2」との呼び声が高いほどです。 正式には「イーサリアム(Ethereum)」とは仮想通貨の名称ではありません。イーサリアムという名称は、仮想通貨として知名度を上げてきていますが、実は仮想通貨の名称ではなく「イーサリアムプロジェクト」というソフトウェアやアプリケーションを作成するプラットフォームです。 この新しい試みを実現させようとする計画と組織、その総称をイーサリアムといいます。そして「イーサリアムプロジェクト」で使われる仮想通貨のことを「イーサ(ETH)」と呼びます。 イーサリアムの特徴 イーサリアムの特徴は大きく分けて4つあります。 1.「スマートコントラクト」 2.発行上限量が決まっていない 3.イーサリアム企業連合(EEA) 4.4段階のアップデート 特徴-1 「スマートコントラクト」 「ビットコイン」はシンプルに決済や送金を目的とした仮想通貨ですが、一方のイーサリアムは「スマートコントラクト」という技術を備えています。スマートコントラクトとは、「smart(賢い) +contract(契約)」という意味の単語からできた造語です。簡単に言うと「あらゆる契約を自動で正確に実行する」システムのことです。 例えば「自動販売機」をイメージしてみます。街中にある自動販売機による販売は、商品の補充という作業以外は、基本的に人間の手を介しません。この自動販売機から購入しようとした時、お金を入れ、商品を選択すると「自動的」に商品が出てきます。 この一連の流れは「お金を入れて商品を選択する」と「商品が出てくる」が“契約で決まっている”と解釈することができます。つまり、この「契約」には、人間の手を介することがないので、コストを削減していることがわかります。 この仕組みをブロックチェーンに応用し、さまざまな契約から人間の手を煩わせないようにすることで効率を上げよう、という事こそがイーサリアムの狙いなのです。そして「スマートコントラクト」は過去に結んだ契約を半永久的に、世界中のインターネット上に保存していくことが可能になります。 特徴-2 発行上限量が決まっていない 1000種類以上ある仮想通貨の中で、それぞれ発行上限量の違いがあります。ビットコインは「2100万BTC」と決められていますが、一方のイーサリアムは発行上限量を定めていません。 ここで注意して頂きたいのは、発行上限量が定められていないのは「無限に発行され続ける」というわけではありません。あくまでも発行量が「決まっていない」だけで、将来的には定めらることが予定されているそうです。 ビットコインはしばしば「ゴールド(金)」に例えられますが、上限量を設けることで金のように希少性が増し、必然的に「価値の上昇」が予想されます。しかし、円やドルなどの法定通貨も上限を定めていませんが価値を保っています。このように、価値の担保を可能としている仮想通貨ですが、これが仮想通貨の面白いところでもあります。 特徴-3 イーサリアム企業連合(EEA) イーサリアムをビジネスレベルで活用するための「EEA(Enterprise Ethereum Alliance)」という団体が存在します。EEAはイーサリアムのスマートコントラクトを研究し開発を行い、そして推進をします。EEAを簡単に言うと、企業が集結して、どんどんイーサリアムのプラットフォームを活用して広めていきましょう、という集まりです。 2017年に発足してから、現在では500以上の企業が加盟しており日本からはトヨタやKDDIなど大手企業が参加し、グローバル企業では、マイクロソフトやインテルなどの大企業がEEAにその名を連ねます。このことからも、イーサリアムは世界中から期待が寄せられていることが分かります。 特徴-4 4段階のアップデート イーサリアムは、もともと4段階のアップデートが予定されていました。すでに仮想通貨のトックラスに位置付けられているイーサリアムですが、実は未だ「開発途中」ということが分かっています。 イーサリアムは運用開始から4つに分けて段階的にアップデートを進めていく方針で、現在は三段階まで行われていてます。これは2018年中には全てが完成する予定だそうです。 さまざまな分野で変革をもたらしているイーサリアムですら、実験段階であり未完成という事です。今後は、開発がどのように進んでいくかによってイーサリアム、ひいては仮想通貨全体の将来そのものが変わっていくことでしょう。 「イーサリアム」と「イーサリアム・クラシック」の違いとは イーサリアム(ETH)の他に、実はもう一つ、イーサリアムの名前が入る仮想通貨が存在します。その名も「イーサリアム・クラシック(ETC)」。イーサリアム・クラシックはもともと、イーサリアムと同じひとつのイーサリアムでした。 つまり、イーサリアム・クラシックは、イーサリアムから分裂した仮想通貨なのです。 なぜ、袂を別つことになったのかは「THE DAO事件」というハッキング事件がきっかけとなっています。イーサリアムとイーサリアムクラシックは双方「スマートコントラクト」を有していて、機能性に関してはさほど違いはありませんが、大きな違いのひとつに「安全性」があげられます。THE DAO事件の被害はハッキングだったため、イーサリアムクラシックは「安全性」に重きを置いて運用されています。 まとめ イーサリアムの技術や実用性を見ると、他の仮想通貨より頭ひとつ抜けていると言えそうです。特にイーサリアムの「スマートコントラクト」は名だたる企業や団体から支援されている技術なので、今後どのような規模で広がりを見せてくれるのでしょうか。 また、イーサリアムの持つポテンシャルはビットコインを凌ぐとも言われています。ICOが今より活発になった時、イーサリアムの需要は高まり、一種のインフラになるかもしれません。まだまだ課題が山積みの仮想通貨市場ですが、非常に将来性はあると言ます。今後もイーサリアムの動向に目が離せません。

ニュース

【入門編】「仮想通貨」とは?初心者のために解説

現在、様々なメディアで取り上げられ、世界中から注目を集めている仮想通貨。その名を聞いたことがあっても、それが一体どういったものなのか分からない、という人も少なくないでしょう。 さらに「仮想通貨や暗号通貨やビットコインって最近よく聞くけど実際どうなの?」「株とかFXとかと同じでしょ?なんだか怪しいし危なそう・・・」などとお考えではないでしょうか。 確かに「仮想」という言葉だけに、実在しないもの、価値のないものと考えるのも当然のことかもしれません。しかし「ブロックチェーン」などの仕組みについて理解すれば、仮想通貨は安全なものだと分るでしょう。なぜなら仮想通貨の背景には、非常に高度な技術が関わっているからです。 さて、そんな「仮想通貨」はそもそもどのように誕生し、今に至るのか。そしてどういう仕組みなのでしょうか。今回は、仮想通貨について知識のない初心者の方でも分かりやすく解説していきます。 仮想通貨とは?・・・ずばり。 仮想通貨とは、一言でいってしまえば「インターネット上にのみ存在する通貨」です。つまり私たちが普段使っている1000円札や100円玉のような物質ではないということです。 あくまでも実体のない仮想通貨は、インターネット上にだけ存在し、それらは全てシステムによって管理されています。まさに「新しい通貨」になり得るものと言えます。 仮想通貨はいつどのようにして生まれた? 「仮想通貨」という考えが世間に登場したのは、今から遡ること10年。2008年に「サトシナカモト(Satoshi Nakamoto)」と名乗る者が、インターネット上で論文を公表したことがきっかけです。 その張本人である「サトシナカモト」という人物は、一見すると日本人のような名前ですが、本名なのか偽名なのか、未だに明らかになっていません。 そしてその論文の発表からわずか3ヵ月後の2009年に、論文を見た世界中のエンジニアやハッカーたちによって幾度となく書き換えられ、作られていきました。 このようにして、世界中の頭脳とプログラム技術が集約された結果、今ではほぼ別ものになっているといいます。現在当たり前のように流通しているビットコインは、当時のプログラムから90%以上変わっているほどです。従来の通貨を脅かしつつある仮想通貨は、まさに「革命」と言っても過言ではないでしょう。 これだけは押さえたい!「ブロックチェーン」とは ビットコインなどの仮想通貨が本当に怪しいものならば、まず現在のように爆発的に普及していないでしょう。また、なぜ国や銀行を通すことなく信用を勝ち取っているのか、どのようにして管理されているのか。 その背景には、仮想通貨の根幹である「ブロックチェーン技術」によって成り立っているからです。「ビットコイン最大の発明はブロックチェーン」という声もあるほど、とても素晴らしい技術なのです。 「ブロックチェーン」とは、ビットコインの中核を担う「取引データ」技術のことを指し、取引の記録を「トランザクション」といいます。そして複数のトランザクションをまとめた「ブロック」を、鎖のように連なり保存された状態こそが、ブロックチェーンです。 「分散型」のシステムって何? ブロックチェーンの肝である「分散型」とは、銀行のような特定の金融機関を介さずに利用者同士でシステムを管理し合う構造です。簡単に言うと、銀行などにある大型サーバーで管理するのではなく、大事な取引の記録は、ユーザー同士で「分散」して、お互いに管理し合いましょう、というものです。 このブロックチェーンの仕組みであれば、大量のユーザーがブロックチェーンを共有するため、何かあっても他所ですぐに復旧できます。つまり、従来のように銀行のような中心となる存在を置かないことによって、数個のPCがハッキングや何らかの攻撃を受け、データを改ざんされたところで別の所では正しいデータが生き残ります。このように管理する権限が一箇所に集中しないことにより、システム障害に強い、というメリットがあるのです。 改ざん不可能?ブロックチェーンの安全性とは また、取引ごとに暗号化した署名を用いることが鍵となり、これによって所謂「なりすまし行為」が非常に困難になります。取引履歴データは過去のものと連鎖して保存されているため、データの1部を改ざんしたとしても、過去のデータを含め全て改ざんしなければ整合性が取れなくなります。 ブロックチェーン上に存在する取引記録は、実質改ざんが不可能です。逆に言えば、改ざんが不可能だからこそ「仮想通貨が成り立っている」ということです。それを裏付けるように、2009年にシステムが稼働し始めてから現在までサービスが提供され続けられています。まさに難攻不落と言えるでしょう。 難しくない!「P2P」とは 「P2P」(ピア ツー ピア)は「Peer to Peer」の略称で「Peer」とは、「同格の、同等の」という意味です。つまり「同格のモノから同格のモノへ」ということになります。 前述のブロックチェーンは「P2Pネットワーク」という技術を応用して作成されたものです。ブロックチェーンの理解を、ひいては仮想通貨の理解をより深めるためには「P2Pネットワーク」との関係性が非常に重要になるのでここで覚えてしまいましょう。 一般的なインターネットの仕組み 「P2Pネットワーク」と聞いて、普段パソコンやインターネットをあまり利用しない方や、仕組みについて疎い方は全く何のことか分からないと思います。まずP2Pネットワークを知るには、一般的なインターネットの仕組みについて考えてみます。 通常、インターネットには、サーバーとクライアントがいます。 クライアント=依頼者 サーバー=サービス提供者 となります。 私たちが普段、スマホやパソコン(クライアント)でGoogleやヤフーなどの検索エンジンや、メールを自分の意思で自由に使い、ネットワークを介して「サーバー」という、巨大なコンピューターに接続(アクセス)しているからなのです。 「P2P」の仕組みとは 一方で、P2Pの仕組みとは、従来のネットワークシステムの常識を完全に覆したものになります。「サーバー」を介することなく、クライアント同士でのやり取りが可能となりました。つまり、各々のスマホやパソコンが、“クライアントでありサーバーでもある”のです。 先ほどレストランの事例を挙げましたが、P2Pに関してはお互いに、牛丼屋とラーメン屋を営んでいるようなものです。 牛丼屋がラーメン屋に「ラーメン一つください」と頼み、ラーメン屋が提供します。 ラーメン屋が牛丼屋に「牛丼一つください」と頼み、牛丼屋が提供します。 これで立場が完全に対等なものとなりました。 「LINE」や「Skype」もP2P? 有名なところでは「LINE」や「Skype」もこのP2P技術を利用しています。日常的にネットを使わない方でもLINEを使用している方も多いと思います。このLINEというWeb上のサービスは数億人という単位の利用者がいます。 このように、ビットコインなどの仮想通貨を取引しようとした時、巨大な1つのサーバーに頼らず負荷を分散させたほうが、いかに安全に運営していけるかは想像に容易いでしょう。 まとめ 果たしてビットコインなどの仮想通貨は私たちにこれからどのような未来をもたらすのでしょうか。仕組みについて学ぶことによって、物事の面白さや将来性が見えてくるものです。しかし、その本質を知るのであれば「百聞は一見にしかず」これに勝るものはありません。 実際に触れることでその利便性や問題点を実感するのが一番です。幸い日本では、取引所が規制の対象となったため、比較的安心して取引を行うことが可能です。仮想通貨を知ることは世界を知ることと同等の価値があると言えるでしょう。