CATEGORY 仮想通貨

ニュース

「Uber」の元CTOが投資する企業、仮想通貨の取引手数料無料のモバイルアプリを発表

自動車配車サービスの先駆けである、アメリカ「Uber(ウーバー)」の共同設立者によって支援を受けた、スタートアップである「Voyager(ボイジャー)」が仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」をはじめとする15銘柄以上を取り扱うモバイルアプリを提供する計画を明らかにしました。 「Voyager(ボイジャー)」が提供予定のトレーディングプラットフォーム 「Voyager(ボイジャー)」が提供予定となるトレーディングプラットフォームは、手数料が掛からず取引を可能にしたモバイルアプリで、「ビットコイン(Bitcoin)」をはじめ「イーサリアム(ETH)」など15種類以上の仮想通貨を取り扱うといい、今年中には公開される予定となっています。 株式の取引手数料を無料にして注目を集めた「Robinhood(ロビンフッド)」は、先日「ライトコイン(Litecoin/LTC)」と「ビットコインキャッシュ(Bitcoincash/BCH)」の取り扱いを開始し、すでに5種の仮想通貨を取り扱っていて、ロビンフッドと今回発表されたモバイルアプリと競合になると意識されているそうです。 Uberの元CTO(最高技術責任者)で、今回のプロジェクトに投資をしたOscar Salazar(オスカー・サラザール)氏は 「私たちの目標は、信頼できるエージェントになり、仮想通貨という新しい世界へユーザーを導くことです。シンプルで直感的なユーザーインターフェイスを提供するために完全にスケーラブルなオープンアーキテクチャプラットフォームを構築しました。」 と話しています。 配車サービス「Uber(ウーバー)」 日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、「Uber(ウーバー)」は2009年3月に設立された配車サービスで、「身分登録」をすれば一般の方でもドライバーになれる点が特徴的です。 特に海外では利用者が増加傾向にあり、今後ますます普及していくとされています。 まとめ 現時点で「Voyager(ボイジャー)」のモバイルアプリアプリはベータテストの段階だといいます。今年中に、カリフォルニア州やモンタナ州など、居住者向けに公開される予定となっています。ロビンフッドがそうだったように、今回の発表はビットコインなどの仮想通貨の利用者の普及への大きな一歩となることでしょう。今後もボイジャーへの期待が高まります。

ニュース

暗号資産ブローカー「ボイジャー」が2018年第4四半期に手数料無料の取引アプリを開始

アメリカのライセンスを持っている暗号資産ブローカーのボイジャーが、2018年第4四半期に手数料無料のモバイルトレーディングアプリを開始する計画を明らかにしています。ボイジャーに投資した中に、配車プラットフォームUberの元CTOも名を連ねているといいます。 このトレーディングプラットフォームは、複数の仮想通貨取引所での資産を管理し、取引できる単一のアクセスポイントを投資家に提供するとしています。 ボイジャーを立ち上げた経緯 ボイジャーは、スマートオーダールーティング(SOR)を用いて、売買注文の実行を最適化することを目指すとしています。スマートオーダールーティングは、銀行やマーケットのブローカーらに人気のソフトウェアで、あらゆる取引所に渡り注文指示を行うアルゴリズムを使うようです。 共同設立者兼CEOを務めるスティーブン・エールリッヒ氏は、ボイジャーは新たな世代の投資家に暗号資産が力を与えるという信念のもと、オルタナティブな資産クラスが大きなインパクトを持っているというビジョンから立ち上げたとしています。 第4四半期にアプリ開始 今回のプロジェクトに創業時に投資をし、Uberの元CTOであるオスカー・サラザール氏は、トレーディング・アラートやソーシャルメディア・フィード、ニュースなどの機能も含めるとしています。 トレーディングアプリは現在ベータテストの段階にあるようで、カリフォルニア州やモンタナ州、ニューハンプシャー州といった住民向けに、2018年第4四半期に公開される予定です。 新たなイニシアティブはアメリカで激しい戦争にさらされる可能性が高いとされています。大手の仮想通貨取引所コインベースは、2017年10月時点で1,000万人を超えるユーザーを有しています。その前の年の470万人から2.5倍も増えた形となります。 まとめ 暗号資産ブローカーのボイジャーが、手数料無料のモバイルトレーディングアプリを開始する計画を発表しています。このプラットフォームは、複数の取引所での資産を管理し、取引できるアクセスポイントを投資家に提供するようです。アプリは2018年第4四半期に開始されるようで、世界から注目が集まります。

ニュース

デジタル資産のビットワイズがSECに仮想通貨ETFを申請 複数のデジタル資産をトラックする初の申請

SEC (米証券取引委員会)に、デジタル資産管理のビットワイズが仮想通貨ETF (上場投資信託)の登録を申請したことが明らかになりました。 これまで、ビットコイン(BTC)ETFを申請する動きはあったようですが、複数のデジタル資産をトラックする申請は今回が初のようです。 仮想通貨ETFを申請したビットワイズ ビットワイズのHOLD10仮想通貨インデックスETFは、プライベート・インデックス・ファンドをトラックするものであり、10種類の通貨が含まれています。HOLD10仮想通貨インデックスは、時価総額で市場の8割を網羅しているといいます。 ビットワイズの調査部門でグローバルヘッドのマット・ホーガン氏は、このETF申請の列に並び、市場はSECがビットコインETFを許可する可能性がある方向へ動いていると述べています。 アメリカの投資会社も申請 SECは、アメリカの投資会社であるディレクシオンがビットコインETFの提出をし、承認可否の決定を9月まで延期する決定を発表しています。 最近、シカゴオプション取引所が提出したビットコインETFの上場申請の承認可否については、8月10日となっていますが延期したとしても9月24日までに決まるといいます。 SECは、ビットコインETFの申請をラファティ・アセット・マネジメントとヴァンエックに対して、取り下げるよう要求しているようです。この理由に挙げられているのが、SECが流動性とビットコインの評価に懸念を示していたからだとしています。 まとめ デジタル資産を管理しているビットワイズが、SCEに複数のデジタル資産をトラックするETFの申請をしたことが発表されました。今回の申請は初としており、ビットワイズの調査部門のグローバルヘッドは、SECがビットコインETFを許可する方向へ市場が動いているとのことです。ビットワイズの申請はどのような結果となるのでしょうか。

ニュース

仮想通貨取引所コインベースのBCHにインサイダー取引疑惑が浮上 内部監査の結果「事実はなかった」

2017年12月のビットコインキャッシュ(BCH)上場時の疑惑に対し、アメリカで大手の仮想通貨取引所コインベースで内部監査が行われた結果、そのような事実はなかったと結論づけられたことが明らかになりました。 最近、全社規模の会合が開かれそこで内部調査の結果について議論が繰り広げられたようです。そこでコインベースの広報が、2つの法律事務所によって1ヶ月にも及ぶ調査を実施した結果、インサイダー取引はなかったことを結論づけたといいます。 ビットコインキャッシュを巡るインサイダー取引疑惑 当初、ビットコインキャッシュ(BCH)をサポートしないことを決めていたコインベースですが、取引所に上場させると判断を覆したことを発表しています。インサイダー取引の疑惑は、ビットコインキャッシュを2017年12月19日に上場させた時に浮上しました。理由として、上場する1ヶ月ほど前からビットコインキャッシュの価格が3,000ドル以上も上がったからだといいます。 コインベースの従業員は、これによってインサイダー取引に関与していると非難を浴びました。コインベースにビットコインキャッシュが上場した日、CEOを務めるブライアン・アームストロング氏は、インサイダー取引に関する厳しいスタンダード下に置かれているとし、価格上昇に関する内部監査を行うと述べました。 結果、インサイダー取引はなかったと結論づけられたコインベースですが、今回の件で顧客からの集団訴訟が相次いでいるといいます。弁護士のリンダ・グラント氏によれば、消費者保護法に違反し取引所による不注意があったとして損害賠償を求めているようです。 まとめ 2017年12月にインサイダー疑惑が浮上したアメリカの大手仮想通貨取引所コインベース。CEOを務めるブライアン・アームストロング氏が内部監査を行うと宣言し、結果として潔白が結論づけられました。コインベースは、今回のインサイダー取引疑惑のほかに、電子メールで送った資金を取引所が保持し続けていることに訴訟を起こされています。コインベースの今後の動向から目が離せません。

ニュース

ウォレットサービスを手掛けるインドの仮想通貨取引所ウノコインが法定通貨であるルピーの入出金を停止

ウォレットサービスも手がけているインドの仮想通貨取引所ウノコインが、同国の準備銀行からの命令により、ルピーの入出金を停止にしたことが明らかになりました。 顧客に対してウノコインは、資金調達の代替方法が確定し、それが展開するまでは法定通貨の預け入れと引き出しが一時的にできなくなると伝えています。 仮想通貨の預け入れは可能 反対に、仮想通貨の預け入れはウノコインの仮想通貨と、ルピーの取引所、ウノコインが展開する取引所ウノダックスで可能としています。ユーザーは既存のルピーの残高を、引き続きビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の売買に使用することができるようです。 ウノコインは、インド準備銀行の仮想通貨関連の禁止措置の影響を受けたことで、今回このような形となりました。インド準備銀行は、国内の銀行に対して仮想通貨関連の企業な個人との取引を禁止するよう、7月5日を期限日として要請していました。 その期限日の前日である4日には、インド国内の取引所ゼブペイがルピーの入出金を凍結することを発表しています。また同日に、ワジール Xという取引所がP2P取引を導入することを公開しています。 インド最高裁の最終審問が9月に延期 インド準備銀行による仮想通貨関連の禁止措置は、同国の仮想通貨業界とコミュニティによる撤回を求める請願が出され、禁止措置は違憲だとして法廷闘争にまで発展しています。 インドの最高裁によって訴訟は審理されています。そんな最高裁は、7月20日に最終審問を予定していましたが、9月に延期となっています。 まとめ インドの仮想通貨取引所ウノコインが、準備銀行の命令により法定通貨の入出金を停止したことが発表されました。2018年7月に入り、インドのある取引所では法定通貨の入出金を凍結し、またある取引所ではP2P取引を導入する発表をしています。インドの仮想通貨取引所の動きから目が離せません。

ニュース

カナダのメッセージアプリKikがKinトークン関連のプロダクトKinitのベータ版をリリース

カナダのメッセージングアプリ「Kik」が、Kinトークン関連のプロダクト「Kinit」の最初のベータ版をリリースしたことが明らかになりました。 2017年、KikはKinトークンを用いたICOにより1億ドルの資金調達に成功しています。 ICOで1億ドルを集めたKik KinトークンによるICOは世界117ヵ国から1万人以上が参加し、当初1億2,500万ドルを目指していた中で、約1億ドルの資金を調達しています。 Kinitはウォレットアプリで、ユーザーはトークンの獲得や保管、使用することができます。クイズに答えたり、インタラクティブなビデオを視聴することでKinトークンを手に入れることができます。このKinトークンで、小売店のギフトカードの交換のほか、Kinit内のトークンを相互に交換することができるようです。 イーサリアムブロックチェーンに基づくERC20トークンであるKinは、ステラネットワーク上に置かれ、トランザクションのスピードを高めるとしています。Kinは、Kinエコシステムサイトを通じたトークンの開発に、約300万ドルを投じています。一般的なユーザーにKinitというツールを採用させるための最初の試みとなるようです。 Kinトークンをゲーム業界を通じて採用 また、Kikはゲーム業界を通じてKinトークンの採用に向け、Unityテクノロジーズとの提携を発表しています。Kikが開発するゲーム専用ソフトウェア開発キットを用いれば、ゲーム内にトークンを導入することができます。 Kikは、Unityの提携パートナーに独自通貨であるKinのゲームSDKをベータテストしてもらい、その後にゲーム開発者向けにUnityのアセットストア上で提供する計画だといいます。 まとめ カナダのKikが発行したKinトークンに関するプロダクトのKinitの最初のベータ版をリリースしたことが発表されました。Kinトークンは、小売店のギフトカードとの交換や、Kinit内のトークンを相互に交換することができるようです。Kinitアプリに世界から注目が集まります。

ニュース

SBIホールディングス「風力発電によるマインング企業」に出資

大手金融持株会社「SBIホールディングス」の100%子会社である「SBIクリプトインベストメント株式会社」は19日、風力発電によって電力を活用し、データセンターを運用するカナダの「Lancium(Lancium Technologies Corporation)社」に出資をしたことが明らかになりました。 SBI、仮想通貨マイニング事業を推進 今回SBIクリプトインベストメント社の出資で、「SBIグループ」によるLancium社に対する出資比率は30%に及びました。 SBIグループは、仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoincash/BCH)」を中心に、仮想通貨のマイニングを推進しています。今後さらにこの取り組みを今後さらに加速させていく方針です。 Lancium社は、テキサス州を中心とした風力発電所から、余剰の電力を買い取ることで、Lancium社が運営を行なっているデータセンターへ供給し、独自モジュールを開発・運営しています。一方の企業は、このモジュールを用いることでクリーンエネルギーを活用し仮想通貨のマイニング(採掘)を行える形です。 仮想通貨関連事業に積極的なSBIグループ インターネット証券や、インターネット銀行などの主軸となる事業が、飛躍的に拡大し進化を続けるSBIホールディングスの株価は過去一年で倍近くも上昇し、その時価総額は、約6600億円にも上るといいます。 SBIを率いる北尾吉孝社長はインタビューで、仮想通貨に関連する事業で「ナンバーワンを目指す」と豪語しています。 まとめ 仮想通貨における「マイニング(採掘)」による電力の消費は莫大なものとなり、かねてより問題視されています。先月、そんな問題を解決するようにエストニアの電力会社が風力発電を用いたマイニングを開始し、話題を呼びました。今回、SBIもカナダのLancium社に追加出資したこという事実は、「風力発電によるマイニング」に対しての期待の表れといえます。今後もSBIグループの動きに注目が集まります。

ニュース

仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」政治献金を行う団体を立ち上げ

世界最大級である仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」は、「政治献金」を行うための団体「政治行動委員会(PAC)」を2018年6月に設立したことが明らかになりました。仮想通貨関連の組織では初となる取り組みとなりました。 コインベース 「政治行動委員会(PAC)」を設立 仮想通貨取引所「コインベース」が新たに設立したという「政治行動委員会(PAC)」は、同じような政治に対する方針や、目標を持つメンバーから「寄付」を集めることで、米国における選挙の候補者、投票のために献金する団体のことを指します。 どのような組織でも設立ができるわけではなく、「PAC」は連邦選挙管理委員会に登録をしなければなりません。コミュニケーションディレクターであるエリオット氏は、メディア関係者に対して詳細は述べませんでしたが、コインベースが「PAC」を設立したことについて認めています。 米国は今年秋季には中間選挙が行われる アメリカでは2018年秋季には中間選挙が行われる予定で、今回仮想通貨取引所コインベースが立ち上げた「PAC」がどういった政治献金をするのかに世間の注目が集まっています。 政治行動委員会・PACは、企業などの団体が選挙活動に対して多額の資金を献上する手段のひとつとしてみなされています。2010年には、アメリカ最高裁の判決で、企業などが選挙活動に対して献金することが認められています。しかし、企業などから直接選挙活動に献金することは不可となっているため、PACを活用することになるのです。 尚、6月30日時点まででは、コインベースはPACを介した資金調達は行っていないとされています。 まとめ 現在、仮想通貨市場全体の時価総額はおよそ、日本円でおよそ30兆円にあたる約277億ドルとされています。そんな実情の中、先日の報道によると、コインベースは、ヘッジファンドの200億ドルにも上る資産を保管していることが明らかになっています。最大級の仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」の動向に世界から注目が集まります。

ニュース

韓国「Samsung(サムスン)社」がBTCやXRPによる仮想通貨決済導入へ

韓国を拠点とする世界トップクラスのIT企業「Samsung(サムスン)社」は20日、「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」をはじめとする7種類の仮想通貨を、決済手段のひとつとして受け入れる方針であることが明らかになりました。 バルト三国のSamsung社で仮想通貨決済が可能に 仮想通貨を支払い手段とする開発は、フィンテック企業である「CopPay(コペイ)」のプラットフォームとの連携があって実現に至ったといいます。 このサービス提供は、「バルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)」でスタートとなる予定で、バルト三国の「Samsungストア」の5店舗にて取り扱われることになるといいます。 利用が可能となった仮想通貨は、「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「リップル(XRP)」「ネム(NEM)」「ライトコイン(LTC)」「ダッシュ(DASH)」「スチーム(STEEM)」の7銘柄となります。 仮想通貨関連に積極的な姿勢をみせるSamsung そして、今後決済できる仮想通貨の種類を増やしていくことも予定しているとのことです。今回仮想通貨決済が可能となった「Samsungストア」5店舗では、仮想通貨を利用することで、PCやスマートフォン、テレビなどの電化製品を、購入することができるようになります。 さらに、バルト三国以外にも、ポルトガルにある店舗でもCopPayのサービスを導入する計画があるそうで、今後はさらに他国でも同様の店舗が増加していくことが予想されます。 今回の発表を受け、CopPayは 「ビジネスにおいてデジタル化が進む傾向にあり、世界中の小売店や地元のレストランなどで消費者が仮想通貨で商品やサービスの支払いを行うことができるようになっている。」 と、述べています。 まとめ 「Samsung(サムスン)社」は、仮想通貨の中核を担う技術「ブロックチェーン」にも興味を示しています。また、仮想通貨の「マイニング」に特化したチップの開発に取り組んでいます。仮想通貨にまつわるネガティブなニュースが多い中、市場にとっても好材料となるニュースでした。サムスン社の今後の動向に注目が集まります。

ニュース

スイス 仮想通貨プロジェクトの国外流出を防止する対策を強化

スイスの規制当局は、ビットコインなどの仮想通貨に関連する取引を行う、現在では数少ない銀行のうち2つが2017年に同取引を停止しました。これを受け「仮想通貨プロジェクト」の国外流出を防ぐ対策を強化を始めているといいます。 今後のスイスの仮想通貨市場の動向は スイスの銀行で仮想通貨に関する取引が停止したという事実は、業界関係者は危惧しているといいます。ジブラルタルやケイマン諸島など、ビットコインなどの仮想通貨に対して積極的な姿勢をみせる国外のライバルたちに、「ビジネスチャンス」を奪われかねないことを意味するというのです。 スイスでは、仮想通貨に関連する取引は、従来の銀行業と比べればまだ小さいものです。その一方で、急成長しているため数百人に上る雇用を抱えているといいます。 また、仮想通貨を歓迎する人たちは、仮想通貨については世界金融の未来を創るための大切な革新であると考えているといいます。 「仮想通貨の谷」スイス・ツーク州 例えば、スイスのなかで「裕福」であるツーク州は「クリプトバレー(仮想通貨の谷)」と呼ばれています。その所以とは近年で仮想通貨に関連する企業が200〜300もの企業が設立されているのです。 もしスイス政府が、銀行システムへアクセスを許可しないとなると、さまざまな仮想通貨企業は衰退していってしまうのでは、とツーク州の財務責任者で・テンラー氏は指摘をしています。また、2017年はビットコインなどの仮想通貨は急騰し「仮想通貨元年」と言われたものの、今年の市場は現在も軟調が続いています。このような相場に対して、スイスの研究者らはさらに下落傾向にあるとの声もあがっています。 まとめ スイスは、ヨーロッパ諸国において「仮想通貨先進国」として呼ばれていました。そして現在、スイス当局は、仮想通貨における詐欺などの犯罪を排除し、競争力を維持するための環境の構築を目論んでいるようです。世界で規制が進むなか、スイスはどのような動きをみせるのでしょうか。今後も「永世中立国」の動向に注目が集まります。