CATEGORY 仮想通貨

ニュース

バルブ・コーポレーションのSteam クリプトジャックの疑いと不正行為でインディーズゲームを削除

バルブ・コーポレーションが運営するゲームのマーケットプレイスである「Steam」から、あるゲームが削除されたことが明らかになりました。 削除された理由として、ユーザーのコンピューターを乗っ取り、仮想通貨のマイニングをさせているという疑いが浮上したからだそうです。 Steamがインディーズゲームを削除 Steamは不正行為とクリプトジャックの疑いで、インディーズゲームの「アブストラクティズム」を削除し、プラットフォーム上でディベロッパーのアカウントを停止したとしています。 今回の措置は、ユーザーからセットアップファイルの中に「トロイの木馬」やマルウェアが含まれているという苦情を受けてのものだとしています。マルウェアは、steam.exeプロセスやランチャーとして偽装されていたといいます。 このゲームの開発者であるオカロ・ユニオンとパブリッシャーであるdead.teamは、Steamでアブストラクティズムをリリースしています。ゲームでは、プレイヤーには知らされていないプロセスを実行する可能性のある警告サインがあったとしています。 詐欺行為に1人のユーザーが告発 ある1人のユーザーがゲーム内でのアイテムの詐欺行為について告発しています。Team Fortress2と同じ名前とデザインを流用したアイテムは、不注意なプレイヤーが勘違いするようにしたものだとみられています。 ユーチューバーや他のユーザーが検証したところ、比較的規模が小さいゲームのアブストラクティズムを実行すると、多くのシステムリソースが使用され、マルウェアのアラートを引き起こすことが発覚しました。 しかし、クリプトジャックの疑いについてオカロ・ユニオンは否定しています。CPUやGPUのリソース増加は、プレイヤー側によるグラフィック設定が原因だと主張しています。 まとめ ゲームを通じてクリプトジャックの疑いがあることから、バルブ・コーポレーションが運営するゲームのマーケットプレイスのSteamから、アブストラクティズムというゲームが削除されました。不正行為とクリプトジャックの疑いで削除され、プラットフォーム上でディベロッパーのアカウントを停止したようです。ゲームを通じた今回の出来事に、世界から注目が集まります。

ニュース

トランスファー・ゴー社が仮想通貨の取引を開始 送金業者としては世界初

ブルームバーグが報じたところによると、イギリスを拠点とする送金業者「トランスファー・ゴー(Transfer Go)社」がビットコインなどの仮想通貨による取引を開始したことが明らかになりました。送金業者としては世界初となります。 トランスファー・ゴー社が仮想通貨の取り扱いを開始 「トランスファー・ゴー(Transfer Go)社」は、送金業者としては世界初となる仮想通貨の取引を開始しました。 現時点で、取り扱いの対象となっている仮想通貨は「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」「イーサリアム(Ethereum/ETH)」「リップル(Ripple/XRP)」「ライトコイン(LiteCoin/LTC)」「ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)」の5種類となります。 2012年に創業したトランスファー・ゴー社は、国際送金のソリューションを提供し現在、60万人を超えるユーザーが登録済みで、自己資金は20億円ほどの企業です。提携する銀行の数は30行あり、世界中の国際送金をスムーズに進めています。 トランスファー・ゴー社のCEO(最高経営責任者)で創業者であるダウマンタス・ドビリンスカス(Daumantas Dvilinskas)氏は 「サービス開始後の数時間で、4000人以上のユーザーが登録した。簡素で信頼できる投資や取引のソリューションを求める市場の需要はとても高い」 と述べています。 ウェスタンユニオンでは 世界中で送金サービスを提供するウェスタンユニオンは2月、「Ripple(リップル)」のブロックチェーンをベースにした決済システムをテスト運用していることを認めています。しかし先月、仮想通貨送金ソリューションを業務に追加する計画が当面ないことを表明しました。 まとめ イギリスの大手送金業者「トランスファー・ゴー(Transfer Go)社」は、主要の仮想通貨5種類を対象とした取引を開始しました。これは送金業者としては世界初となる試みとなりました。これにより、「早く、安全に」という決済手段としての地位の確立への第一歩になったかもしれません。今後もトランスファー・ゴーに注目が集まります。

ニュース

ベトナム「スカイマイニング」 CEOが投資家や企業の資金3,500万ドルを持ち逃げか

ベトナムの仮想通貨マイニング企業である「スカイマイニング」のCEOを務めるレ・ミン・タム氏が、投資家や企業の資金の推定3,500万ドル(日本円で約38億8,000万円)を持って蒸発したことが明らかになりました。 レ氏は、会社の全資産を盗もうと1週間前に突然姿を消したとしています。 CEOはフェイスブックで投資家へ謝罪 居場所がわからないものの7月下旬にフェイスブックを用いて、市場の乱高下による影響により、スカイマイニングの収益性が低下したことを説明した上で、投資家に対して謝罪文を投稿しています。 投資家に対して、スカイマイニングの事務所に赴き資金の返還を受けるようレ氏は指示し、その後に破産宣告するつもりだったと記されています。しかし投資家らが確認するも、スカイマイニングの本社ビルは既に閉鎖され、看板など全て撤去されていたようです。 スカイマイニングの副会長は、投資家たちの支援を行うのと同時に、損失の程度や残存する資産の価値を評価するための委員会を、既に立ち上げている最中だそうです。 投資家の損失額は推定3,500万ドル レ氏がマイニング設備を担当していたため、副会長はスカイマイニングの資産に関しての詳細を説明できないとしていますが、投資家の損失額は約3,500万ドルを見込んでいるといいます。また、その中で20人の投資家が警察署へ苦情を申し立てているとのことです。 ベトナムといえば、仮想通貨に関する事業に地元企業が従事することが禁止となっています。ベトナム中央銀行が、仮想通貨マイニングに関する物品への輸入禁止措置に賛同しているようです。 まとめ ベトナムにあるマイニング企業のCEOが、投資家や企業の資金など推定3,500万ドルを持ち逃げした疑いがかけられていることが発表されました。CEOは資金を盗もうと姿を消すも、フェイスブック上で投資家らに対して謝罪文を投稿していたようです。今回のニュースに、世界から注目が集まります。

仮想通貨

タイ最大の映画館チェーン「Cineplex(シネプレックス)」仮想通貨決済を導入へ

タイ最大の映画館チェーン「Cineplex(シネプレックス)」が、映画のチケット、飲食品などを仮想通貨によって購入をできるように、「仮想通貨決済」を導入の検討を進めていることが明らかになりました。 「Cineplex(シネプレックス)」は仮想通貨決済の導入を検討 最近タイでは、仮想通貨関連の事業に規制を始めています。つい先日でも、「タイ証券取引委員会(SEC)」は、仮想通貨に関連する業者からライセンスの申請を受け入れを開始しています。タイ大手映画館チェーン「Cineplex(シネプレックス)」は仮想通貨決済の受け入れるようですが、現時点では、どの仮想通貨が受け入れられるかは明らかになっていません。 決済ウォレットアプリ「Rapidzpay」では、iOSとAndroidのアプリでサポートされている仮想通貨には現在、「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」「ビットコイキャッシュ(BitcoinCash/BCH)」「ライトコイン(LiteCoin/LTC」が含まれています。 タイで進む仮想通貨の発展と規制 タイ政府は今月4日、「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」の規制を16日から施行すること発表しました。これによって、同国において資金調達手段にICOを活用することができるようになりました。また「タイ証券取引委員会(SEC)」はICOの運用方法についての詳細を固めているといいます。 タイは、完全に規制がなされている環境で、ICOが実施されるという、世界でも少ない事例のひとつとなりました。同じアジアでは、韓国の国会議員らがICOの法制化に向けて検討を進めている現状があります。 まとめ 現在世界各国で、さまざまな分野で仮想通貨決済を受け入れています。日本でも、家電量販店で既に導入がされていて、コジマ、ソフマップでは一部店舗、ビックカメラに関しては全店でビットコインでの支払いが可能となっています。今回の発表のように、タイの映画館で仮想通貨決済を可能となれば、タイの仮想通貨市場はさらに賑わうことになるでしょう。今後も「微笑みの国」の仮想通貨事情に注目が集まります。

ニュース

Google「Android(アンドロイド)」端末の仮想通貨マイニングアプリを禁止を発表

「Google(グーグル)」がスマートフォン「Android(アンドロイド)」端末のアプリを販売するGoogle Playのデベロッパープログラムポリシーを更新し、仮想通貨の「マイニング(採掘)アプリ」を禁止したことが明らかになりました。 「Google(グーグル)」マイニングアプリを削除へ アンドロイド・ポリスの報じたところによると、「Google(グーグル)」は最新のGoogle Playデベロッパープログラムポリシーの更新において、仮想通貨におけるマイニングに対する変更点を発表しました。「ユーザーのCPUを無断で使用するというのは倫理的にいかがなものか」という見方が強いため、仮想通貨マイニングアプリを削除するとしているようです。 GoogleとAppleマイニング関連の活動を制御 今回の制限は、「Google(グーグル)」と「Apple(アップル)」の2社がプラットフォーム上において、仮想通貨マイニングに関連する活動を抑制する動きを強化しているということになります。 2018年4月、グーグルは「Chrome(クローム)ウェブストア」において、大半が目的の単一性という同ストアのポリシーに反していた、若しくは悪質だったことを発見した後、同ストアでは仮想通貨マイニング用の拡張機能を禁止しています。そして先月、アップルはiOS開発者用のポリシーも更新し、端末上での仮想通貨マイニングに使用できるいかなるアプリも禁止としました。 まとめ このように、公になっている仮想通貨の採掘を行う「マイナー」を制限するという一連の動きは、サイバー犯罪を強化していく姿勢の表れだといえます。現在、深刻な問題となっている「他人のPC無断で使用しマイニングを行う」という行為は、今回Googleが発表した内容と同様に今後さらに、厳しい規制の対象となることで、仮想通市場の衰退に繋がっていってしまうのでしょうか。

ニュース

「キムチプレミアム 」韓国の若者が仮想通貨に熱狂する3つの理由とは

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれ、その熱は加速し全世界で盛り上がりをみせました。そんな中昨年末時点で、その取引の3分の1は韓国勢によるものだっといいます。 仮想通貨は数多く存在しますが、韓国では特に仮想通貨の元祖ビットコイン(BTC)の人気が高いそうです。 狂乱の韓国仮想通貨市場「キムチプレミアム」 なぜ韓国ではそこまでの熱狂ぶりをみせたのでしょうか。それはいわゆる「キムチプレミアム」とよばれ、その価格が他の国と比較すると高値に設定されることで、これは「韓国特有」の価格設定なのです。 そして仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」以外の主要アルトコインの人気もあり、2017年12月にはなんと「イーサリアム(Etherum/ETH)」の17%にものぼる取引量は韓国勢が占めていたといいます。 ではなぜ韓国では仮想通貨取引に人気が集まっているのでしょうか。Investopediaによると、それには大別して3つの理由があるといいます。 1.韓国の揺れる経済状況 2.最新技術に長けている 3.不安定な政情 1.韓国の揺れる経済状況 このような状況に、若者は、仮想通貨投資することで一攫千金いわゆる「億り人」を狙う機会を伺っているといいます。このような背景には、韓国では失業率の高さが深刻な問題となっています。 2.最新技術に長けている 韓国は最新の技術を早期に導入した国のひとつだといいます。多岐にわたるインターネットにおけるサービスや技術を応用することにも長け、仮想通貨取引にも熱が加わったと推察されます。 3.不安定な政情 韓国に隣接国、北朝鮮では近年、核開発に関する問題で政治的な緊張が高まっています。仮想通貨、ビットコインの国境を超えた立ち位置は、北朝鮮を問題視する韓国の投資家にとって魅力的に映るとされています。 まとめ 韓国における、他国市場より高値になる「キムチプレミアム 」はまさに狂乱とも言え、多くの若者の人気を集めました。しかし2018年2月には仮想通貨市場全体が冷え込み、1月高値の3分の1にまで暴落しました。現在、韓国では厳しい規制を敷くなどして落ち着きをみせているようです。今後も韓国の仮想通貨に対する動向に世界から注目されます。

ニュース

ナスダック「仮想通貨関連の合法化」に向けて非公開の会合を開く

ブルームバーグが報じたところによると、アメリカにおけるベンチャー企業向けの株式市場「NASDAQ(ナスダック)」が、シカゴで仮想通貨関連事業の「合法化」に向けた議題を話し合うための会合を開催したことが明らかになりました。この会合は「非公開」だったといいます。 仮想通貨の合法化を目指す「NASDAQ(ナスダック)」が開いた非公開の会合 「NASDAQ(ナスダック)」が開いた非公開の会合の参加者には、金融・仮想通貨界の出身の関係者が六名ほどが参加していたとみられています。また、その中には、世界最大の仮想通貨ビットコインの所有者と呼ばれる「ウィンクルボス兄弟」が運営をする、仮想通貨取引所「Geminiジェミニ」のメンバーが参加していたそうです。 今回の会合の目的は「仮想通貨業界を合法化するため」の段取りを話し合うことだといいます。 今回報じたブルームバーグによれば、ナスダックは会合を開いたことは認めているようです。しかし、それ以上のことは控え、詳しい内容については明らかになっていません。 関係者によると、このようなナスダックの会合は「全ての始まり」に過ぎない、と述べています。 会合参加者に「Gemini(ジェミニ)」のメンバー 先日、ウィンクルボス兄弟の仮想通貨取引所には「Gemini(ジェミニ)」は、ニューヨーク証券取引所の幹部をロバート・コーニッシュ氏を、ジェミニにおいて初となる最高技術責任者(CTO)に就任することが明らかになりました。また、最先端技術を取り入れることや、ナスダック)のマーケット関し技術「SMARTS」の運用なども任されることになるといいます。 まとめ 「NASDAQ(ナスダック)」のCEOであるアデナ・フリードマン(Adena Friedman)氏は6月、ビットコインなどの仮想通貨について前向きと捉えられるとなる発言をしています。そして今回の非公開の会合について、詳細は明らかになっていませんが、仮想通貨市場にとって好材料になるものだったのでしょうか。大きな影響力をもつナスダックの言動に世界から注目が集まります。

ニュース

GMOコインが年内に取引所サービス開始予定 新アプリも11月を目処に導入 

時期はまだ未定ですが、年内の近いうちにGMOコインが取引所サービスを開始する計画を立てていることが明らかになりました。 また、新アプリの導入も11月を目処に考えているようです。 シェアを伸ばすために大事なこと GMOフィナンシャルホールディングスの社長兼CEOを務める鬼頭弘泰氏は、商品やサービスを充実させてプロモーションを強化することは、シェアを伸ばすために大事なことだと述べています。 親会社であるGMOフィナンシャルホールディングスが、2018年12月期中間決算の説明会が開催されました。そこで、1〜6月期の業績と今後の課題の対応について説明しています。 鬼頭氏は、1番の強みである「安くて使いやすい」というのを生かせていないと仮想通貨事業について指摘しています。アプリはまだ使いにくく取引所も扱っていないため、まずはそこをしっかり固めたいと述べています。 取引所サービスと新アプリ 年内に取引所サービスを開始する予定のGMOコインは、サービスの充実と同時に自社でマーケットメイク機能も持つことができる利点があります。さらに11月を目処に新アプリをリリースし、これによりレート表示のスピードやユーザーインターフェースを大幅に改善させるとしています。 口座開設は1〜6月を通じて着々と増えているようで、これらの取り組みプラスαでプロモーション強化することで、シェアの拡大に弾みをつける狙いだといいます。 また、同期間の仮想通貨事業の営業収益は「16.1億円」、営業損益は「2.5億円」の赤字だったようです。2018年1月の相場悪化により収益が大幅に悪化し、3月以降に収益が改善されたそうですが、穴を埋めるまでは至らなかったといいます。 まとめ GMOフィナンシャルホールディングスが親会社のGMOコインが、取引所サービスと新アプリを投入する考えを発表しました。取引所サービスは開始する時期は未定ですが、年内の近いうちにとのことで、新アプリは11月を目処に考えているようです。GMOコインの今後の動向から目が離せません。

ニュース

アメリカの仮想通貨取引所コインベースが仮想通貨ギフトカードの市場に参入

仮想通貨ギフトカードの市場に、アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースが参入したことが、同取引所のブログで公開されました。 対象の国の顧客は、仮想通貨をブランドのeギフトカードに交換することができるようになります。 イギリスのスタートアップ企業と連携したコインベース この新たなサービスは、コインベースはイギリスに拠点を置くスタートアップ企業のウィーギフトと連携することで実現しました。これにより仮想通貨所有者は、ナイキやグーグルプレイ、チケットマスターといったブランドの商品やサービスの代金の支払いに、仮想通貨を使えるようになります。 この新たなサービスは、まずアメリカ、フランス、オランダ、スペイン、イタリア、オーストラリアの6か国で利用を開始できるようになります。また、コインベースは同サービスを利用することができる小売業者と市場の数を、今後3ヶ月に渡って増やしていく計画を立てているようで、その後サービスを他国にも提供することを目指しているとのことです。 依然として低い仮想通貨の採用率 主要ブランドでの仮想通貨の採用率は依然として低いようですが、アメリカの大手旅行サイトのエクスペディアが、決済手段としてビットコイン(BTC)を受け入れることを密かに停止しています。 しかし、反対に前向きに仮想通貨を受け入れている業界もあります。同国のNPOである「報道の自由財団」は、寄付の受付を仮想通貨で始めた初日に1,000ETH(現在では約47万円)の資金を受けたことを発表しています。 まとめ コインベースが仮想通貨ギフトカードの市場に参入したことが発表されました。はじめに6か国でサービスの利用ができるため、特定の国の顧客は仮想通貨をブランドのeギフトカードに交換することができます。3ヶ月に渡って小売業者と市場の数を増やし、その後他国にもサービスを提供することを目指しているコインベースの取り組みに、今後も目が離せません。

ニュース

アメリカによる経済制裁 イラン政府、独自の仮想通貨発行を準備か

イランのメディアによると、イランがアメリカによる経済制裁を回避するため、イラン国家が発行元となる「国家独自の仮想通貨」の開発を進め、近いうちにも発行する可能性があることが明らかになりました。 着々と進むイラン政府発行の仮想通貨 イランの国営放送局PressTVによれば、国家独自の仮想通貨開発計画が現在、科学技術省において議題としてあがっているといいます。同省の投資および運営の補佐官であるアリレザ・ダリリ氏は、イラン中央銀行と協力することで、このプロジェクトを進めていると語っています。 この仮想通貨が同国の法廷通貨「リヤル」を支援する形となり、見事「トークン」になれば、来月に発動されるアメリカ大統領トランプ氏の制裁に先立って、イラン国内外を問わず取引をスムーズに進めることができる狙いがあるといいます。 アリレザ・ダリリ氏は 「我々は、イラン国内で国産のデジタル通貨を使用する準備を整えようとしている」 と、地元ニュースメディアに語っています。 来月にもアメリカによる経済制裁を受けるイラン アメリカは2018年5月、イランとの核合意を離脱していて、8月6日以降はイランから「USD(米ドル)」へのアクセスを再び制限するという、経済制裁を発表しています。 これらの背景には、イランが自国での独自仮想通貨を発行するという話は数ヵ月前から持ち上がっていました。来月アメリカによる制裁が近づいてきたことにより、それに先んじて対策をしていくべきだ、という声が高まっていることがありました。 まとめ イラン当局はかねてより、ビットコインなどの一般的な仮想通貨に対して非常に消極的な姿勢を見せています。そして4月には銀行は仮想通貨自体の取り扱いを禁止しています。その一方でイラン国民は、仮想通貨に対して積極的に取り入れているそうです。イランは来月にも米国による制裁が発動するため、同国政府発行の仮想通貨はどのような影響を与えるのでしょうか。今後もイランの動向に注目が集まります。