CATEGORY ブロックチェーン

ニュース

中国でブロックチェーンを新たなコア技術として発展させるべくMITTが総力をあげて取り組むよう政府に要請

中国政府に対して、MIIT(工業情報化部)の副部長はブロックチェーンを新たなデジタル経済のコア技術として発展させようと、総力を挙げて取り組むよう要請したことが明らかになりました。 MIITの副部長を務めるシン・グオビン氏は「2018国家製造強国専門家会合」の中で、重要な役割を持つブロックチェーンを、戦略的視点から理解するべきだとしています。 ブロックチェーン利用に必要な計画 シン氏は、国家製造強国建設指導グループの責任者を務めており、ブロックチェーンを用いて中国を産業規模で開拓し、経済や社会といった分野においてブロックチェーンの導入を加速させなければならないとしています。 産業規模での、ブロックチェーンの利用における問題を確実に解決するという中核目標を達成するためには、ブロックチェーン技術利用に前向きな規制や制度を整える環境整備に向けた計画が必要だとしています。 この目標に向けてブロックチェーン分野を促進するため、政策方針の強化や制度的制約の緩和といった、環境の最適化が必要だと主張しています。 国家主席もブロックチェーンを絶賛 依然として仮想通貨に厳しい姿勢を取り続けている中国政府ですが、明らかに国内の仮想通貨取引はマイナスの影響を受けています。しかし、ここ数ヶ月で中国のブロックチェーン分野は勢いを増しており、政府上層部が支持しているというのが、この状況に拍車をかけているといいます。 中国の国家主席に習近平氏は、ブロックチェーンについて「国家の命運や国民の生活に深く影響を与える」と述べています。また、付け加えるように「新世代の技術」と絶賛しています。 同国の中央銀行は長期的ビジョンを追求し、ブロックチェーンを統合しようとしています。仮想通貨ウォレットに関する特許を出願したほか、小切手をブロックチェーンを用いてトークン化するという新たなシステムの開発を行っていることを発表しています。 まとめ 中国のMITTが政府に対して、ブロックチェーンを新たなデジタル経済のコア技術として発展させるために、総力をあげて取り組むよう要請をしたことがわかりました。中国といえば、仮想通貨に対して厳しい姿勢を取り続けていますが、ブロックチェーン分野はここ数ヶ月で勢いを増し、国家主席の習近平氏が支持していることがこの状況に拍車をかけています。中国のブロックチェーンに対する動向に、今後も目が離せません。

ニュース

2019年からのCFA試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが追加

世界に名を広めるCFA(チャータード・ファイナンシャル・アナリスト)の試験に、新たに仮想通貨とブロックチェーンのトピックが2019年から追加されることが明らかになりました。 この試験はCFA協会が運営しておりレベルが3つに分かれています。全世界の15万人を超える金融の専門家が資格を取得しているようです。CFAの試験をパスするには、計300時間という勉強時間が必要だとされています。 2019年から追加となる仮想通貨とブロックチェーン 仮想通貨とブロックチェーンはレベル1と2のカリキュラムに加えられます。CFAは、調査を通じて関心が高まっていることが今回の追加決定に繋がったとしています。カリキュラムの責任者を務めるCFA協会のスティーブン・ホラン氏は「他の分野より速く進んでいる。これは単なる流行ではなく、今後も存続していくものだとみている。」と述べています。 CFAの2019年版の試験に向けてリリースされる「フィンテックにおける投資管理」といった新たなセクションの一部に、仮想通貨とブロックチェーンは加えられます。このセクションでは、AIや機械学習、ビックデータに自動取引なども取り上げられるようです。スティーブン氏は将来、仮想通貨と経済の関係についてのトピックも追加される可能性があるとしています。 2018年6月に行われた試験では、91の国と地域から22万人を超える受験者がいたようです。その中で、特に仮想通貨取引が活発な日本や韓国といった地域からの受験者が多かったそうです。 仮想通貨とブロックチェーンを教育に取り入れる国々 仮想通貨やブロックチェーンが普及してくるのと同時に、これらを学ぼうと教育に取り入れる動きが世界の国々で広まっています。最近でも、2018年8月から、仮想通貨に関するオンラインコースを開始することを、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスが発表しています。 さらに、ブロックチェーンアイランドを目指すマルタで、国内の大学が同年10月からブロックチェーンに特化した学科を設ける計画を立てています。 まとめ 2019年からのCFAの試験に仮想通貨とブロックチェーンのトピックが、レベル1と2のカリキュラムに加えられることになりました。このカリキュラムでは、AIや機械学習、自動取引、ビックデータといったトピックも取り上げられるようで、将来的には仮想通貨と経済についてのトピックも追加される可能性があるとしています。すでに行われた試験では、22万人を超える人々が受験したようですが、2019年の受験者数はどれほど増えるのでしょうか。

ニュース

マルタ島 仮想通貨と現金の両替を可能にした「ビットコインATM」設置

イタリアの南側、地中海の中央位置する島国「マルタ共和国」はブロックチェーンの先進国とも呼ばれ、世界最大級の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」がマルタ島に拠点を移し、注目を集めました。そんなマルタに仮想通貨と現金の両替を実現した世界初の「ビットコイン(Bitcoin)ATM」が設置されたことが明らかになりました。 仮想通貨と現金の両替を可能にした世界初の「ビットコインATM」 マルタでは仮想通貨に関する事業が盛んに行われています。そして14日、ATM製造会社「MoonZebra社」がマルタ島に、仮想通貨と現金の両替を実現した世界初となる「ビットコインATM」をローンチしました。 今回MoonZebra社がマルタ島に設置した「ビットコインATM」は以前から海外で存在しています。これは気軽に仮想通貨「ビットコイン」の売買を行うことができる手段のひとつとして大きな反響を呼びました。 MoonZebra社のLeon Siegmund氏は ビットコインATMはブロックチェーン技術でもたらされる興味深い技術革新ではないかもしれませんが、これは一般の人々の興味やビットコイン利用を増やす重要な方法の一つです。 と述べています。 まとめ 今回MoonZebra社がマルタ島にローンチした「ビットコインATM」は、現時点で取り扱いの対象になっている仮想通貨はビットコインのみだといいます。今後はアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の売買も実現していくそうです。米国や欧州でもビットコインATMの普及が進んでいるなか、仮想通貨とブロックチェーンに積極的な姿勢をみせる「先進国」マルタ島に今後も注目が集まります。

ニュース

ブロックチェーンを用いた支払い証明システムに関する特許を大手の金融サービスであるアメックスが申請

ブロックチェーンを用いた支払い証明システム関連の特許を、大手の金融サービス企業であるアメックス(アメリカン・エキスプレス)が申請しました。 これは、USPTO(米国特許商標庁)が公表した文書で明らかになりました。 アメックスが特許を申請 今回、アメックスの旅行部門アメリカン・エキスプレス・トラベル・リレイテッド・サービシーズ社が、特許を出願しました。特許中のシステムでは、ブロックチェーン初期のノード上で業者の識別情報と取引額が含まれた支払いデータが、公開鍵を用いて暗号化されるようです。 暗号化されたデータはその後、2番目のブロックチェーン・ノードに安全に伝えられ、顧客が持つスマートデバイスによって復号と照合されます。スマートデバイスが支払い証明の検出に成功すれば、顧客が支払いを行った場合にサービスを開始できるようになるといいます。 こういった安全なシステムのあらゆる利用事例として、どう特許ではホテルの予約から不動産賃貸、チケット無しでイベントなどの出入りが提案されています。顧客のスマートデバイスによって、ブロックチェーン上で保管された支払い証明を取り出して復号することが可能であり、これら全ての利用事例案を簡単に役立つようにすることができます。 ブロックチェーンに関心を示すアメックス すでに、ブロックチェーン技術への関心を示しているアメックスは、ブロックチェーンコンソーシアムのハイパーレジャーに加盟しています。このハイパーレジャーというのは、ブロックチェーン技術の業界を横断した活用のために、標準の定義と開発に共同で取り組んでいます。 まとめ 金融サービス大手のアメックスが、ブロックチェーンを用いた支払い証明システムに関する特許を申請しています。同特許では、様々な利用事例として不動産賃貸やホテルの予約、イベント時にチケット無しでの出入りなどが提案されています。ブロックチェーン技術に関心を示しているアメックスに、今後も目が離せません。

ニュース

ブロックチェーンの導入を検討している事をタイ中央銀行の総裁が表明

ブロックチェーンを国内の銀行の業務にあらゆる形で取り入れる事を検討していることを、タイ中央銀行のウィラタイ・サンティプラポップ総裁総裁が明らかにしました。 総裁は、ブロックチェーンを国際送金やサプライチェーンファイナンス業務、文書の認証作業への導入を特に検討しているようです。 ブロックチェーンを導入するメリット ブロックチェーンを国際送金に導入する事で、東南アジア子地域において金融面でのコネクティビティが向上し、国境を超えてよりスムーズな金融サービスが促進されるだろうと、ウィラタイ総裁が述べています。 さらに、ブロックチェーンが詐欺を防ぎ金融情報を保護するという重要な役割を果たすとされています。また、タイ銀行で進められている新しい内規の策定が、競争力の向上とイノベーションを促進するとしています。 仮想通貨関連でのタイの動き 最近、タイでは仮想通貨規制に関する2つの大きな動きがありました。1つめは、同国の財務大臣が仮想通貨の新たな課税の枠組みを明らかにした事です。2つ目は、タイのSEC(証券取引員会)がICOに関する新たな規制が、2018年7月16日から発行した事です。 今回、タイ銀行は初めてブロックチェーン技術の採用に踏み出したわけではないとしており、すでにウィラタイ総裁は銀行間での送金時の円滑化のため、中央銀行が発行するデジタル通貨「CBDC」を導入する見解も表明しているようです。 まとめ タイ中央銀行の総裁が、ブロックチェーンの導入を検討する事を明らかにしました。国際送金やサプライチェーンファイナンス業務、文書の認証作業への導入を考えているようで、国境をこえてよりスムーズな金融サービスが促進されるだろうとされています。どのような結果になるのか、目が離せません。

ニュース

ブロックチェーン投資を容易にするため韓国の規制当局が法整備を進める

韓国の規制当局が、ブロックチェーン促進の取り組みの一環として、ブロックチェーン投資を容易にするめの法整備を進めることで合意したことが明らかになりました。 仮想通貨やブロックチェーンに関する規制の整備が、韓国政府によって着々と進められているようです。 ブロックチェーンビジネスを容易にする約束 企画財政部の次官が議長を務めるイノベーションによる成長に関する第4回次官級会合で、韓国政府がブロックチェーンビジネスの市場を容易にすることを約束しています。雇用創出を促進し最先端技術を支援するために、政府は投資に対する減税を拡大し、新技術の支援の要件を緩和する方針だとしています。 また、新法の草案を公表した韓国政府はICO関連の規制を定め、仮想通貨取引所といった企業の法的義務を明記する方針を明らかにしています。 仮想通貨の展望を描く韓国 2018年初頭、韓国では国民が政府による仮想通貨規制に反抗し、大臣の辞任を訴えるデモが行われて以降、同国の政府は1年という時間をかけて仮想通貨の展望を描いてきたといいます。 とりわけ、仮想通貨取引所は法改正の影響を受けており、国の税制に基づいて法人税と地方所得税の納付が同年1月以降に貸されているほか、匿名取引や海外の企業との取引を禁止とする厳重な規制に、準ずることが求められているようです。 物流企業がブロックチェーン連盟に加盟 そんな韓国で、大手の物流企業であるロッテ・グローバル・ロジスティクスが、運輸業界向けのBiTA(ブロックチェーン連盟)に加盟しました。 BiTAは、ブロックチェーンを基盤としたサプライチェーン向けの専用プロトコルのオリジントレイルを用いて、400を超える企業がBiTAに加盟しているといいます。 まとめ 国を挙げたブロックチェーン促進の取り組みの一環として、韓国の規制当局がブロックチェーン投資を容易にするために法整備を進めることで合意しました。一段と、仮想通貨やブロックチェーン関連の規制整備が進められている韓国に、世界から注目が集まります。

ニュース

アリババの創設者が共同議長務めブロックチェーンに関するパネルを国際連合が立ち上げへ

ブロックチェーン技術を明確な議題とした、デジタル協力に関するハイレベルなパネルを、国際連合の事務総長であるアントニオ・グテーレス氏が立ち上げました。 中国のEコマース大手であるアリババの創設者であり元CEOのジャック・マー氏が、パネルの議長を務めることから世界的普及へ向けたブロックチェーン技術の重要な一歩となりそうです。 初の試みとされるパネル パネルは初の試みとされており、民間から業界、研究機関に有識者などから20名を指名します。世界経済と社会にデジタル技術が及ぼす影響、未だかつてない規模でハイスピードな進行中の影響について調査を行うとしています。 国際連合事務局の同パネルの代表を務め、事務局長兼共同議長を新たに務めるアマンディープ・ギル大使は、サイバーアタックと選挙の不正疑惑関連に対する懸念の高まりを挙げながら、機会とリスクと意図せぬ結果について強調しています。 AIやブロックチェーンのような新技術に対する新パネルのアプローチにより、期間の9ヶ月が過ぎる前に、最大限のインパクトを残せるとしています。 アリババの創設者が共同議長 また、アメリカのチャリティー活動家であるメリンダ・ゲイツ氏と、中国アリババのジャック氏が共同議長を務めることを、アントニオ氏は明らかにしています。 2016年夏、アリババの子会社であるアント・フィナンシャルを通じて、すでにブロックチェーン技術を導入したことをジャック氏は述べています。それ以来、アリババはブロックチェーン技術の開発のため、資金調達で140億ドルを集めてブロックチェーンによる送金テストを成功に収めています。 仮想通貨イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを用いて、シリアの難民に仮想通貨に基づいたクーポンを送付したのを皮切りにした国際連合は、以前からブロックチェーンの利用方法を人道的な目的でいくつも探ってきたようです。 まとめ 国際連合がブロックチェーン技術の世界的普及へ向けた第一歩となりそうな動きを見せました。それは、ブロックチェーン技術を明確な課題とした、デジタル協力に関するハイレベルなパネルを立ち上げたことです。中国のアリババの創設者であるジャック・マー氏が共同議長を務めるとしており、世界から注目が集まります。

ニュース

政府へのブロックチェーン導入のためサウジアラビアの企業とIBMが提携し共同開発

サウジアラビアに拠点を置くリヤド・ミュニシパリティ社がIBMと提携し、政府のサービスと取引を効率化するために、ブロックチェーン上で戦略を共同開発することが明らかになりました。 この動きは、サウジアラビア政府が進めている計画「サウジビジョン2030」の一環として、地方自治団体の市民サービスの質向上と、優れた技術のサービスの統合に取り組むとしています。 サウジアラビアの政府が進めている計画の目的 政府が進めているという計画「サウジビジョン2030」は、サウジアラビアの石油依存からの脱出と、経済多様化のための開発としています。現在の経済は、石油関連がGDPの30〜40%を構成しているという状況です。 同国のムハンマド・サルマーン皇太子によって2016年に導入された同計画は、インフラを始め軍事産業や製造業の開発も目標にしているようです。 リヤド・ミュニシパリティ社とIBMおよび、サウジアラビアのテック企業であるエルム・カンパニー社は、政府の主要省庁からの支援を受けます。サービスを向上させることができるかどうかの決定のために、ブロックチェーンを用いてワークショップを準備します。 世界を変えるブロックチェーン技術 IBMはその後、地方自治体レベルで初となるブロックチェーンソリューションを開発するとしています。そして、エルム社は政府が供給するサービスに、この技術を組み込むとしています。 IBMサウジアラビアのカントリー・ゼネラルマネージャーを務めるタレク・ザルグ・エル・アイウン氏は、ITPに対して世界を変える力を持つブロックチェーン技術によって、IBMはビジネスや取引発生の仕方を再定義することを確信しているとしています。 まとめ 政府のサービスと取引を効率化する目的のため、サウジアラビアの企業とIBMが提携し、ブロックチェーン上で戦略を共同で開発するようです。ブロックチェーン技術はあらゆる可能性をもたらすとされ、世界各国で同技術を用いた企業が存在します。今後、サウジアラビアの企業とIBMの共同開発から目が離せません。

ニュース

韓国の大手物流企業が運輸業界向けのBiTA(ブロックチェーン連盟)に加盟

韓国にある大手の物流企業であるロッテ・グローバル・ロジスティクスが、運輸業界向けのBiTA(ブロックチェーン連盟)に加盟したことが明らかになりました。 400の企業が加盟しているBiTA 運輸と物流業界でブロックチェーン・アプリケーションの開発と普及、そしてブロックチェーン技術の採用に関する業界標準の確立のために、BiTAは組織化されました。ブロックチェーンを基盤としたサプライチェーン向けの専用プロトコル「オリジントレイル」を用いているBiTAには、約400の企業が加盟しているようです。 倉庫管理から宅配便や航空、鉄道にトラックでの貨物輸送などの監督をし、総合的な物流供給業者のロッテは、宅配便向け運輸リソースは韓国で最大のネットワークを形成しているといいます。 ロッテの韓国での配送サービスは、15ヶ所の巨大ターミナルや90ヶ所の支店に、地方事務所1,000ヶ所などで構成されており、アジアや欧州といった海外物流拠点を持ちます。 物流企業がドローンを使った配送を研究 ロッテは、ブロックチェーン技術に関心を示す前に、既に自社のサービス向けスマートフォンアプリを供給し、ドローンを用いた配送サービスの研究しているといいます。 BiTAのブロックチェーン・データ標準を作り上げるという目標に役立つ、サプライチェーンの多くの部分における、ロッテの積み上げてきた経験からの恩恵を受ける事に、BiTAの専務理事を務めるクレイグ・フラー氏は心踊っていると述べています。 仮想通貨とブロックチェーン関連の新規制を議論 そんな韓国で、仮想通貨やブロックチェーン技術、ICOに関する規制を躍進させる草案を、議員らが発表しました。同国で行われた臨時国会にて、新たな法律の草案を議員らは提出するとみられており、マネーロンダリングやサイバー犯罪、個人情報の流出を防ぐために同国で最大野党の自由韓国党が、仮想通貨取引プラットフォームの規制を呼びかけているようです。 正しい未来党の仮想通貨発行に携わる作業部会のリーダーを務めるオ・セジュン氏は、仮想通貨取引所のセキュリティ関連の規制は強化されるべきだと主張しています。 次第に仮想通貨への姿勢を変えている韓国議員らは、2018年6月に禁止となっているICOを解禁する計画を発表しています。アメリカと提携する科学技術省は、主導となるブロックチェーンの第4次産業革命を促進させていく方針でいくとしています。 韓国が新たな産業区分を設置する検討 さらに、ブロックチェーンの促進と規制の枠組み策定の基盤を作ることを目的に、ブロックチェーン業界のために新たな産業区分を設置する検討を2018年7月上旬から初めています。 まとめ 韓国で大手の物流企業ロッテ・グローバル・ロジスティクスが、運輸業界向けのBiTA(ブロックチェーン連盟)に加盟しました。韓国最大のネットワークを形成しているロッテは、韓国だけでなく海外物流拠点を持っています。ドローンを用いた配送サービスの研究も行っている大規模な物流企業のロッテ・グローバル・ロジスティクスに、世界から注目が集まります。

ニュース

家電メーカHTC ブロックチェーン搭載を断念し仮想通貨ウォレットとDApps内蔵のスマートフォンを販売へ

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)ネットワークなど、数多くのブロックチェーンをサポートするスマートフォン「HTC エクソダス」を販売することを断念した台湾の家電メーカー「HTC」が、仮想通貨ウォレットやDAppsゲームなどに対応したスマートフォンを、2018年中に発売することを明らかにしました。 ネイティブブロックチェーンを取り入れたスマートフォン HTCは、ブロックチェーン対応のスマートフォンを発売する計画を明らかにしています。同社は、販売を発表していたエクソダスをノードとするネイティブ・ブロックチェーン・ネットワークを取り入れたスマートフォンを製作する計画のようです。 HTC ViveとHTCビジネス・企業デベロップメント部門の代表を務めるフィル・チェン氏は当時、本当の意味でユーザーが自分でデータを保有し、中央が管理する必要がない製品を作るプランを持っていたようです。 しかし、ユーザー自身のアイデンティティを管理するのは将来になりそうだとフィル氏は述べています。そのため、仮想通貨ウォレットとDAppsゲームなどのアプリが搭載されているスマートフォンのみ、2018年中の販売となるようです。 HTCが仮想通貨マイニングモバイルを計画 また、モバイルを用いた仮想通貨マイニング機能を将来的にHTCが搭載する計画で、あらゆるコンセンサスプロトコルをフィル氏は確認しているといいます。2018年後半にも、プロジェクトのホワイトペーパーを発行し公表する計画だそうです。 HTCは出荷量が落ち込んでいるようで、2017年第1四半期には200万台のプロダクトを出荷していますが、2018年同期は63万台にまで下落しているようです。 スイスでブロックチェーン搭載のスマートフォン ブロックチェーン搭載のスマートフォンを発売しようとしている国は他にもあります。 スイスのスマートフォン開発業社シリン・ラブズが、2018年11月にブロックチェーンが搭載されているスマートフォンを発売することを明らかにしています。 「フィニー(Finney)」と呼ばれるこのスマートフォンは、1,000ドル(日本円で11万円)で販売する見通しのようで、アンドロイドが基盤でシリンOSを使用しているとされています。 ブロックチェーンを搭載したPCの開発 フィニーの製造は、アップルやグーグル、アマゾンの製品の大手メーカーであるフォックスコン・テクノロジー・グループが行うとしています。スマートフォンには、仮想通貨ウォレットやTCS(トークン変換サービス)、DAppsのストアがついてくるようです。 シリン・ラブズは、自社の小売店を日本やアメリカ、イギリスなど世界中にオープンする予定だとしています。さらに、スマートフォンだけでなく、ブロックチェーンを搭載したPCの開発も手がけているようで、スマートフォンより安くなる見込みとしています。 そんなシリン・ラブズは、ICOで1億5,780万ドルの資金調達を成功しており、そのうちの1億1,000万ドルは、初日の24時間で集めたと言います。 まとめ 仮想通貨やブロックチェーンは、今では企業へ参入する他、日常生活で決済手段になるほど普及しています。台湾やスイスで、これらを搭載したスマートフォンを販売予定としています。スイスに関しては、PCの開発も手がけているようです。消費の在り方が変わるのかどうか、今後世界から注目が集まることでしょう。