CATEGORY ブロックチェーン

ニュース

ブロックチェーン事業のハブにするべく中国の雄安新区がコンセンシスと提携

イーサリアム(ETH)プロジェクトの開発スタジオ「コンセンシス」と、中国の雄安新区(シンガン・ニュー・エリア)が提携したことが明らかになりました。 雄安新区をブロックチェーン事業のハブにすることを狙いとしているようです。 ブロックチェーンの革新ハブを設立するための提携 雄安新区を次世代のスマートシティにし、ブロックチェーンの主導的な革新ハブを設立するために覚書を結んでいます。同地区は、国家主席の習近平氏が主導しており、正式に2017年に発表されたビジネス地区であり、中央政府機関の核ではない機関や、北京拠点の研究機関を移管する計画が進められているようです。 コンセンシスとの提携は、初めて海外の開発スタジオから雄安新区が協力を得た案件になります。同地区が主導的なテクノロジーセンターになることに必要な最先端技術の1つとして、政府はブロックチェーンを上げています。また、これまでに国内のテック企業と提携し、同地区内の公共、民間サービスの双方向けにブロックチェーン開発を手がけています。 コンセンシスのコンサルティングは過去にも 今回、政府が関わるブロックチェーン事業をコンセンシスがコンサルティングするのは初めてではないようで、2017年にドバイのブロックチェーンアドバイザーに指名されています。スマートドバイ事業は、ブロックチェーンプラットフォームに文書やトランザクションの記録を、2020年までに移行するというものです。 最近では、サウジアラビアの通信情報技術省と提携し、3日間に渡るブロックチェーン・ブートキャンプを開催しました。他にも、南アフリカの中央銀行とも提携しており、イーサリアム基盤の企業へ向けたブロックチェーンのクォーラムを用いて、卸売決済の処理についての概念実証に取り組む銀行のアシスタントをしています。 まとめ ブロックチェーン事業のハブにする狙いから、中国の雄安新区が、イーサリアムプロジェクトの開発スタジオであるコンセンシスと提携したことが発表されました。ブロックチェーンに対して、国を挙げて積極的な中国から目が離せません。

ニュース

ブロックチェーン技術のさらなる発展に向けて中国の南京が投資ファンドを設立

ブロックチェーン技術の発展のため、中国の南京が100億元(日本円で約1,640億円)の投資ファンドを設立したことが明らかになりました。 仮想通貨資産に消極的な政府ですが、ブロックチェーン技術に関しては積極的で好意的な動きを見せています。 南京が投資ファンドを設立 南京は、ブロックチェーン企業に対して拠点を置くことを推奨しているようです。ブロックチェーンの資産管理を手掛けるUDAPファウンデーションが、最初のファンドの受け手になるといいます。産業パブリック・チェーン・サミットで、北京に本拠地を置く官民共同の研究機関、中関村ブロックチェーン産業アライアンスと共にこのファンドを明らかにしています。 また、中国共産党の幹部や、韓国政府から支援を受けているグローバル・ファイナンス・ソサイエティの会長も参加していたようで、両国間の提携について議論をしたといいます。 中国政府によるブロックチェーン促進の流れは加速しており、杭州ブロックチェーン工業団地の開所式中に、日本円で約1,700億円規模のブロックチェーン・イノベーション・ファンドの創設を発表しています。 ブロックチェーンに好意的な中国 ブロックチェーン技術を習近平国家主席が支持して以来、中国ではブロックチェーンに対して好意的な動きを見せています。 中国工業情報化部の副部長が、新たなデジタル経済のコア技術としてブロックチェーンを発展させるべく、総力を挙げて取り組むよう政府に要請しています。 また、中国人民銀行のデジタル通貨研究所が、同行の利用者が自身の取引履歴を確認できるようになるデジタルウォレットに関する新たな特許を出願しています。 まとめ 中国では仮想通貨よりもブロックチェーンに積極的で、社名にブロックチェーンという字を入れる会社が増えるほど好意的です。さらに、国家主席の習近平氏がブロックチェーンを支持して以降、中国という国がブロックチェーン技術を用いてあらゆる取り組みを行っています。今回も、同国の南京がブロックチェーン技術をさらに発展させるために、投資ファンドを設立しています。中国のブロックチェーンに対する取り組みに、世界から注目が集まります。

ニュース

MFSA(マルタ金融サービス局)が認可申請を待つ必要があるとブロックチェーン企業に通達

マルタで最近可決された枠組みが施行されるまで、ブロックチェーン企業は認可申請を待つ必要があると、MFSA(マルタ金融サービス)が通達したことが明らかになりました。 通達の中で、ブロックチェーン関連法を裏付ける新たな枠組みの計画を練っている最中のため、事業者は規制当局からの発表を待たないと認可を申請することができないと述べています。 VFAA関連のあらゆる問題をMFSAが検討 マルタ議会を通過したVFAA(バーチャル金融資産法)は、分散型台帳技術を規制するものであり、この法律によってマルタは法的安定性をブロックチェーン企業に提供する世界初の国家になると言われているようです。MFSAは、新たな規制に関する関係者の意見を数週間に渡って分析し、免許量や行政罰といったVFAA関連のあらゆる問題を検討しているといいます。 また、最近成立したてのこの法律に関する規則集についての協議も行われており、その第1章は2018年7月まで公開されるようです。さらに、VFAAの発行者とサービスに提供者に関して記されている2つの章も公開する予定だそうです。協議機関が終了するのと同時に、VFAAの最終的な規制と規則をMFSAが発表し、新たな法律を施行する運びとなります。 現在、仮想通貨に友好的な規制環境を作り、ブロックチェーン・アイランドになることに注力しているマルタには、仮想通貨取引所バイナンスやOKEx、ビットベイを含んだ複数の関連企業が、マルタに拠点を置いています。 まとめ マルタ金融サービスが、ブロックチェーン企業は最近可決された枠組みが施行されるまで、認可申請を待つ必要があるという通達を出しています。マルタ議会を通過したばかりの新たなVFAAは、分散型台帳技術を規制するものだといいます。この法律により、世界初の国家と言われているマルタに、世界から注目が集まります。

ニュース

ブロックチェーンを用いて環境都市を目指す取り組みをイギリスのリバプールが行う

気候に及ぼす影響を緩和するため、イギリスのリバプールがブロックチェーン技術を用いる予定であることが明らかになりました。 リバプール市議会は、ブロックチェーン技術を気候に及ぼす影響を低減するために採用するのは、世界初のクライメット・ポジティブ・シティになるための努力の1つだとしています。 この取り組みにポセイドン財団と提携 市議会は、リバプールが気候に及ぼす影響を110%超相殺するという目標を携え、ポセイドン財団と提携しブロックチェーン・プラットフォームのトライアルを1年間実施する予定だといいます。 オフセット110%という目標を達成するにあたって、すでに市議会ではリバプールの気候への影響を2030年までに40削減するというベンチマークが設定済みだそうです。また、街路灯のエネルギー消費を82%低減するため、市議会が2千本に1万5,000個の省エネLED街路灯を設置している最中だといいます。 リバプールが地域デジタル通貨の立ち上げ ポセイドンの技術に対してリバプールの市長を務めるジョー・アンダーソン氏は、気候変動の原因を排除するという真の解決策を提供してくれる初の技術であり、今回の提携により最先端の技術が我々の都市にもたされることに興奮していると述べています。 ブロックチェーンや仮想通貨業界と無縁だったわけではないリバプールは、2017年に地元独立起業支援グループのインディペンデント・リバプールが、アビブに拠点を置くブロックチェーンスタートアップである「コル」と提携を行い、イギリスの居住者と旅行者の双方が使用できる地域デジタル通貨を立ち上げようとしています。 まとめ イギリスのリバプールが、環境都市を目指すためにブロックチェーン技術を用いることが明らかになりました。気候に及ぼす影響を低減するために、ブロックチェーンを採用することは、クライメット・ポジティブ・シティになるための努力の1つだとしています。まず、1年間ブロックチェーン・プラットフォームのトライアルを実施していくようで、世界から注目が集まります。

ニュース

イギリスの大手銀行バークレイズがデジタル通貨とブロックチェーン関連の特許を2つ出願

イギリスにある大手の銀行バークレイズが2つの特許を出願したことを、米国特許商標庁が明らかにしました。 デジタル通貨の送金とブロックチェーンを用いたデータの保存に関するものだそうです。 バークレイズは2つの特許を出願 1つ目の特許はデジタル通貨の送金に関するもので、支払う人と受け取る人の身元を安全に認証し、公開鍵の暗号と分散型大腸技術を用いてトランザクションの記録を検証するものだとしています。 ブロックチェーンのトラストレスを用いた、安全でかつ非公開のデータ処理に関する幅広い用途について言及し、ブロックチェーン上におけるクレジットステータスと保険金請求の例を用いて、請求と認証の確認方法についての説明をしています。 このシステム受益者とするバークレイズは、個人や中央機関、企業、銀行のほか、デジタルウォレットを割り当てることができるIoTなどを想定しているといいます。データ検証を容易にするために効率を最大化し、マークルツリー構造を用いて、ブロックを保存する有益な方法について概説しています。 2つ目の特許 もうひとつの特許は特定の事業者に関するデータについて、請求の承認に焦点を当てたものとしています。重要な事例として、顧客のKYC(本人確認)のための個人情報確認が挙げられています。 仮想通貨のトレーディングデスクの開設に向けて、顧客の関心を見極めていることが報じられているバークレイズ。同行のCEOを務めるジェス。ステーリー氏は、この報道に対して否定したようですが、CMEグループやCBOEグローバルマーケットといった、デリバティブ取引所が取り扱うビットコイン(BTC)の先物取引に関して、顧客を続けてサポートしていくと明言しています。 また2018年3月イ、ギリスに仮想通貨取引所向けの講座を開設し、ウォレットサービスを提供するアメリカの大手取引所 コインベース と取引を開始しています。 まとめ イギリスの大手銀行が、デジタル通貨の送金やブロックチェーンを用いたデータの保存に関する2つの特許を出願したことを、米国特許商標庁が明らかにしました。イギリスで初の仮想通貨取引所向けの講座を開設し、ウォレットサービスを提供するコインベースと取引を初めているバークレイズから目が離せません。

ニュース

グローバルな金融グループのバンク・オブ・アメリカがブロックチェーンによるデータの外部検証システムを特許申請

バンク・オブ・アメリカが、ブロックチェーンに基づいたデータの外部検証を可能とするシステムの特許を申請していた事が、特許商標局が公表した特許申請書によって明らかになりました。 特許申請書は資源情報を追跡して、資源移転の妥当性を確認するためにブロックチェーンを用いる提案をしています。 バンク・オブ・アメリカとは アメリカのノースカロライナ州に本社を構えているバンク・オブ・アメリカは、日本では「バンカメ」といった愛称で呼ばれており、名前が示す通りアメリカを代表する金融機関です。全米50州のほか、世界35カ国以上で事業を展開するグローバルな金融グループです。 バンク・オブ・アメリカは、ビットコイン(BTC)をトラブルの元として、同行のクレジットカードを用いての仮想通貨の購入を禁止することを維持するなど、仮想通貨に対して反抗的な態度を示していることで知られています。 45件の特許を申請しているバンク・オブ・アメリカ 申請書によると、同システムはエンティティによって行われた過去の資源移転関連の集約された情報に基づいて、ブロックチェーン上に情報を記録するといいます。新たな取引が行われれば、その都度ブロックチェーン上に情報を更新していきます。 アメリカの特許商標局は2018年4月に、バンク・オブ・アメリカによるブロックチェーンデータに基づいたデータの、保管システムに関する別の特許申請を明らかにしています。 現在、バンク・オブ・アメリカはブロックチェーン関連の特許を45件申請中のようで、同銀行のCTOは多くの特許申請を行うことによって準備を整える事ができると述べています。 まとめ 一見、バンク・オブ・アメリカはブロックチェーン分野において先見性があるように見えますが、競争相手がいないわけではありません。アメリカのマスターカードが、ブロックチェーン通貨と呼ぶ物の取引を可能とする特許を申請しています。全米50州のほか、世界35カ国以上で事業を展開しているバンク・オブ・アメリカに注目が集まります。

ニュース

ブロックチェーンによる航空機向けサプライチェーン展開させるべくアクセンチュアとタレス・グループが提携

ストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズといったサービスを5つの領域で提供する総合コンサルティング企業のアクセンチュアが、フランスのタレスグループと提携した事が明らかになりました。 この提携は、ブロックチェーンを用いた航空機向けのサプライチェーンを展開するためだとしています。 アクセンチュアとタレス・グループが提携し発展目指す タレス・グループは、フランスの大手電機企業です。航空宇宙、防衛、交通システム、セキュリティーといった4つの分野での情報システムと、各種サービスを提供しています。パリ近郊のラ・デファンスに本社を構えており、ユーロネクストのパリ証券取引所に上場しています。 このソリューションはハイパーレッジャー・ファブリックをベースとしており、イギリスで行われるファーンボロ国際航空ショーで初めて公開されるようです。ブロックチェーンとタレス・グループのツールPUF(物理的複製防止機能)を用いて、航空機の素材や部品をそれぞれ監視と共に追跡する事で、本物であることを証明するとしています。 アクセンチュアの航空宇宙で防衛分野を務めるジョン・シュミット氏は「航空宇宙および防衛産業は、世界で最も複雑なサプライチェーンの1つを抱えている」と述べています。 航空防衛企業の80%がブロックチェーンを導入 また、近い将来にブロックチェーンは航空宇宙産業に大革命をもたらす可能性があると、ジョン氏は付け加えています。アクセンチュアは、2021年までに航空防衛企業の80%弱がブロックチェーンを導入するだろうといった報告書を提出しています。 タレス・グループの責任者も、今回の取り組みについて「ブロックチェーとクリプトシール、PUFが組み合わされば、信頼性の高い部品追跡が可能になる。」と期待を寄せているようです。 まとめ ブロックチェーンを用いた航空機向けのサプライチェーンを展開するために、大手のコンサルティング企業であるアクセンチュアとフランスの多国籍企業のタレス・グループが提携した事が発表されました。タレス・グループのPUFというツールとブロックチェーンを使って、航空機の部品等の追跡と監視を行う事で、本物である証明をするとしています。今回の2つの大企業が提携して取り組むことに、特に航空業界からの注目が集まりそうです。

ニュース

中国で「ブロックチェーン」を社名に入れている企業数が急増 前年比が約6倍

あらゆる可能性をもたらすと言われているブロックチェーンは、様々な企業が導入しています。中国では、社名に「ブロックチェーン」を入れて登録する企業数が急増しているようです。 2017年と比較すると、約6倍になることが明らかになっています。 過去半年間で約6倍に 現在、中国には4,000を超えるブロックチェーン関連の企業が存在するようです。ブロックチェーンを意味する「块链」が入った社名を持つ企業は、2017年の時点で555社だったそうですが、過去半年間で3,078社にまでのぼったといいます。 ブロックチェーンを事業内容に含んでいる企業は、過去1年間で1万6,600社が設立されています。このうち、登録資本金が150万ドルを上回っている企業は3,800を超えています。中国で、2017年の第1四半期に資金調達をしたスタートアップ企業の中で、約41%がブロックチェーンに関する企業だったようです。 また、中国では企業が出願したブロックチェーンに関する特許の申請数が225件という世界全体の半数以上にのぼっています。中国以外でブロックチェーンの表記を社名に持つ企業は、アメリカでは817社でイギリスでは335社だそうです。 政府を挙げてブロックチェーンを導入する中国 中国といえば仮想通貨に対して厳しい姿勢であり続けていますが、反対にブロックチェーンに関しては政府を挙げて技術の導入を進めています。MIIT(中国工業情報化部)で副部長を務めるシン・グオビン氏が、ブロックチェーン開発に対して強い支持を表明しています。 シン氏は、ブロックチェーンを新たなデジタル経済のコア技術として発展させるべく、政府に対して総力を挙げて取り組むよう要求しています。付け加えて、ブロックチェーン本来の役割を戦略的視点から理解するべきだとしています。 まとめ 中国では仮想通貨が全面的に禁止となって以降、ブロックチェーン技術には政府を挙げてあらゆる取り組みが進められています。同国では、ブロックチェーンを社名に入れて登録している企業が増えているようで、1年で6倍にまで膨らんでいると言います。ブロックチェーンに対して積極的な姿勢を見せている中国ですが、ブロックチェーン大国となる可能性はあるのでしょうか。

ニュース

カナダのLCUC(大手信用組合連合) ブロックチェーンコンソーシアムのR3に参加

カナダの16社の信用組合で構成されるLCUC(大手信用組合連合)が、ブロックチェーンコンソーシアムのR3に加わったことが明らかになりました。 LCUCは、300万を超える企業を顧客に抱えており、資産額も1,250億ドルを超えています。 R3が手掛けるコルダ 200以上の金融機関やフィンテック企業、業界団体のネットワークであるR3が手掛けているコルダは、オープンソースの分散型台帳プラットフォームです。金融分野での複雑なトランザクションを処理するように設計されています。 新技術を用いることでカナダの信用組合の競争力を、より高めることをLCUCは目指しています。以前いにも、モバイル決済と行ったプロジェクトへの参加もしています。AIやクラウドコンピューティングなどでも取り組みを進めているといいます。 コルダ・エンタープライズをリリースしたR3 2018年7月はじめ、R3は企業向けのコルダ・エンタープライズをリリースしたことを発表しています。コルダのノードと通信をしながら、プラットフォームを企業データセンター内で実行できるようにする「ブロックチェーン・アプリケーション・ファイアーウォール」を備えています。 また、R3はパートナーとなっている39の金融機関が、KYC(顧客確認)のアプリケーションを用いて、19カ国で実施され300を超える取引を完了したことを発表しています。このアプリケーションは、コルダのネットワークを通じて顧客のデータを共有する仕組みだそうです。 まとめ 300万を超える企業を顧客に持ち資産額が1,250億ドルのLCUC(大手信用組合連合)が、ブロックチェーンコンソーシアムのR3に加わったことが発表されました。新技術を用いることで、カナダの信用組合の競争力を、より高めることを目指しているようです。今後のLUUCの動向から目が離せません。

ニュース

仮想通貨ブロックチェーン技術の分野で牽引するのはイギリスか

ガーディアンが報じてたところによると、イギリスでは4年後の2022年までに仮想通貨の中核を担う技術「ブロックチェーン」および「仮想通貨関連の分野」でリーダーになる可能性があることを予測するレポートが出ていることが明らかになりました。 仮想通貨界でリーダーシップを発揮するのはイギリスか この新しいレポートとは、「DAGグローバル(DAG Global)」「ディープナレッジ・アナリティクス(Deep Knowledge Analytics)」「ビックイノベーションセンター」によるものだといいます。このレポートの分析にれば、イギリスは、数年後に仮想通貨に中核を担う技術「ブロックチェーン」開発や、および仮想通貨エコシステムの先端のハブになると予測しています。 イギリスでは、2017~2018年にかけて、ブロックチェーン企業に対して740億円相当にあたる約5億ポンド以上の投資が行われたといいます。今回のレポートは、ブロックチェーン関する業界がまだ黎明期である中、イギリスがこのような分野でリーダーシップをとっていく可能性があるとしています。 ビックイノベーションセンターのアンダーセン氏は 「政府の様々なイニシアチブを通じて、デジタル経済の加速度的な発展を支援する姿勢を示している」 とその将来性について語っています。 ブロックチェーン技術に積極的な姿勢をみせる そして実際、イギリスはブロックチェーンの導入に積極的な姿勢をみせています。オックスフォード大学の教授チームは、「ブロックチェーン大学」を立ち上げることを計画しています。 公文書を保存するため、ブロックチェーン技術を活用するプロジェクトもスタートしていくことがわかっています。 まとめ 名だたる企業たちが仮想通貨市場に続々と参入を表明しているなか、イギリスが仮想通貨の中核を担う「ブロックチェーン技術」に依然として積極的な姿勢をみせています。イギリスはこれを用いることで世界を牽引していくのでしょうか。また、この分野での確固たる地位を確立する国はイギリスなのかもしれません。今後もイギリスの動向に注目が集まります。