CATEGORY ビットコイン

ニュース

国際連合WFPがシリアの難民支援にブロックチェーン技術を活用!今後さらなる拡大へ

最近、アメリカ・イギリス・フランスがシリアへの攻撃を行ったことにより、行き詰まったシリア難民に再び注目を集めています。 2017年から、国際連合WFP(世界食糧計画)はブロックチェーン技術を用いて難民支援を行っていて、今後さらに多くの難民を支援する計画を拡大していくことを明かしています。 ブロックチェーン技術で難民支援 2017年以降、国際連合WFP(世界食料連合)によるイーサリアムブロックチェーン関連プロジェクト「ビルディングブロックス」は、ブロックチェーン技術を用いて難民を救うという革新的な取り組みを進めています。 WFPによると2017年1月に、ビルディングブロックスは新しいテクノロジーを通して、ヨルダンで生活する難民に900万ドルを送っています。そして、WFPは同プロジェクトの成功を踏まえ、2019年までにさらに50万人の支援をしようと計画を立てているそうです。 ブロックチェーンとは簡単に言えば「分散型の取引記録」です。ビットコイン(BTC)のブロックチェーンは、中央集権的なサーバーに保管されず世界中のノードにより検証されます。 これは、ブロックチェーン技術を支える匿名性を保証しつつも、他社に気づかれずに改ざんすることをほぼ不可能にしています。これにより、銀行や政府の助けがなくても世界中で膨大な資金を動かすことができます。 目の虹彩認証で決済可能 難民が隣国のヨルダンに入国すると、はじめにUNHCR(国連難民高等弁務官)が難民を登録して生体情報をスキャンします。 アイリスガードと呼ばれる生体認証技術を用いて、難民が虹彩スキャナを見ることで個人識別を可能としています。 この技術により、難民が買い物をするときはアイリスガードの虹彩スキャナを覗くだけで、決済を可能にします。取引を終えると小さなレシートを受け取り、それにはウォレットの残高や商品をどれくらい買ったかが、記されているようです。 低コストかつ安全 この技術は、ブロックチェーン上で全行程を追跡することで、金融ネットワークで送金や残高の確認を行うよりも、低コストで安全な精算方法とされています。 WFPは、ブロックチェーン技術によって月に平均4万ドルの費用負担を軽減できるようになったそうです。これは限られた資金で活動している援助従事者にとって「食料を買うために難民の手に渡らせることができる」という大きな意味を持っています。 まとめ 同プロジェクトは、2017年にイーサリアムブロックチェーンを用いて10 万人という難民支援を行いました。2019年までにさらに50万人の難民を支援することを明かしています。ブロックチェーン技術を使用すればコスト削減が可能となるため、今後さらに支援活動を拡大していくWFPに注目が集まります。

ニュース

少し違う仮想通貨とトークン 仮想通貨は自分で作ることが可能!

今では世界で1,000種類以上の仮想通貨が存在していますが「仮想通貨を自分で作ることはできないのか?」という疑問を持った方もいるのではないでしょうか。 結論から言ってしまえば、世間を賑わせている「ビットコイン(BTC)」と同じように、独自の仮想通貨を作ることが可能です。 仮想通貨は意外と簡単に作ることができる ビットコインをはじめとする仮想通貨とトークンはほとんど同じものですが、 ・仮想通貨は、ブロックチェーンの新規ブロックが作成されたときに発行されるもの。 ・トークンは、既にあるブロックチェーンから人工的に発行されるもの。 という違いがあります。 トークンというのは、既に存在する仮想通貨を元に作られているのがほとんどです。その中でも、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といったメジャーな仮想通貨ベースのトークンが多くあります。 仮想通貨を作るには4種類の以下の方法があります。 1.ビットコインなどのオープンソースを元に独自通貨を作る 2.カウンターパーティーで独自のトークンを作る 3.イーサリアムで独自のトークンを作る 4.wavesで独自のトークンを作る 1.ビットコインなどのオープンソースを元に独自通貨を作る ビットコインはオープンソースで作られていて、ソフトウェアのデータが全て無償で公開されているため、誰でもダウンロードすることが可能です。さらに、改良や再配布など自由に行うことができ、これらのソースを元に独自の通貨を作ることができます。 2.カウンターパーティー(XCP)で独自のトークンを作る カウンターパーティーとは、ビットコインのブロックチェーン上に作られているプラットフォームのことです。取引所機能や独自のトークンを発行する機能が組み込まれています。発行したトークンはウォレットを通じて取引所に上場させ、取引することができます。 3.イーサリアム(Ethereum)で独自のトークンを作る イーサリアムは、※スマートコントラクトや分散型アプリケーションのプラットフォームです。スマートコントラクトによって自動的に契約が履行されるため、改ざんを防止することができます。 4.wavesで独自のトークンを作る wavesは仮想通貨トークンに関する総合的なブロックチェーンプラットフォームで、使いやすさを重視しています。独自のトークンを作成するには1wavesを消費して、簡単に作成して配布することができます。 独自の仮想通貨でできること 独自通貨を作る理由は様々だと思いますが、「クラウドファンディング」または「サイトのサービスで利用できるポイント」が最も多いとされています。 例えば、Zaifトークンは国内の取引所Zaifが発行する株式のようなものなので、Zaifトークンを購入するとZaifの資産が上がります。 最近では、三菱UFJ銀行が日本円を電子マネーのように利用することができる「MUFGコイン」を発行しました。さらに、長崎にあるハウステンボスでは、施設内での支払いを効率よくするために「テンボスコイン」を発行しています。 他にも、コミュニティ内での送金手段として利用したり、SNSで配布するなど利用方法は様々です。 まとめ 意外と知らない方もいたのではないでしょうか。仮想通貨は自分で作って売ることもできます。アイデア次第では、できることは無限大にあります。独自通貨ができれば、ビットコインのように世界中の人に利用してもらうといった方法もあります。もしも、上場すれば価格も大きく伸びやすく、利益にも期待ができるでしょう。

ニュース

世間を騒がせるマウントゴックス事件 未だに仮想通貨市場を揺るがす理由とは

破産処理中になっている仮想通貨取引所「マウントゴックス(Mt.Gox)」保有のビットコイン(BTC)が、4月26日に1万6000BTC分送金されていることがわかりました。総額150億円以上と言われています。 マウントゴックスと聞くと、仮想通貨取引を楽しむユーザーにとって忘れられない事件が頭をよぎることでしょう。マウントゴックス事件はビットコインの取引量が世界最大を誇っていたため、世界中のユーザーが震撼したに違いありません。この出来事から4年経ちますが、マウントゴックスは未だに仮想通貨市場を揺るがしています。 マウントゴックス(Mt.Gox)事件 当時、東京を拠点としていたビットコイン取引所マウントゴックスは、世界最大の取引量を誇っていました。しかし、2014年の3月7日〜10日の4日間にかけてハッキング被害に遭い、総額115億円相当のビットコインが消失しました。これにより、マウントゴックスは顧客の払い戻しを停止し、破産を申請することになりました。 マウントゴックスのCEOが逮捕 さらに、マウントゴックスのCEOだったマルク・カルプレス氏が逮捕されます。ビットコインの消失はハッキングによるものとされていたのですが、実はカルプレス氏が顧客の口座を不正操作してビットコインを横領していたことが発覚しました。 この事件がマスコミに大きく取り上げられると、サイバー攻撃の危険性を世に知らしめると共に、世間からビットコインに対して「危険」「怪しい」というマイナスイメージを植え付けるきっかけとなりました。 マウントゴックス事件の犯人は別にいた? マウントゴックス事件でマルク・カルプレス氏が業務上横領の疑いで逮捕されましたが、新たに1人の男が逮捕されました。名前はアレクサンダー・ビニック。38歳のロシア人で、ブルガリアにある仮想通貨取引所「BTC-e」の運営者の1人です。 取り調べの中で、ビットコインがマウントゴックスからBTC-eに送金されていたことが判明し、ビニック容疑者がマウントゴックス事件に関与している疑いが急浮上しました。 裁判は現在も続いているようで、カルプレス氏は無罪を主張しています。ビニックを含むBTC-eが、組織的にマウントゴックスをハッキングしたのかどうか、未だ明らかになっていません。 未だに仮想通貨市場を揺るがすマウントゴックス 2018年に入ってマウントゴックス事件から数年経ちましたが、またもやマウントゴックスからショッキングなニュースがもたらされたことで、仮想通貨市場を揺るがしています。 それは、大量のビットコイン売りです。マウントゴックスの破産管財人である小林信明弁護士が、430億円相当のビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)を売却していたことが明らかになりました。 アメリカの大手掲示板サイト「reddit」上で、マウントゴックス・ウォッチャーらが破産管財人のものと思われるウォレットを監視していました。そして、そのウォレットの出金履歴をもとに、大体の売却時期をチャートに写したものを作ったそうです。 意に反する行為をした弁護士 そのチャートを見ると売却後にビットコインの価格が下がっていることから、相場急落の引き金をマウントゴックスの亡霊が引いたとして、小林弁護士に非難の声が殺到する事態にまで発展しました。 なぜなら、2万5000人にも達する債権者が「ビットコインでの配当」を希望していることに対して、小林弁護士は「その希望に沿う努力をする」という趣旨の発言をしておきながら、債権者の意に反して売却をしてしまったからです。 また、破産法上、仮想通貨は日本の法律だと現金という扱いではないため、破産処理を進めるには仮想通貨を売却して現金化する方法しかないそうです。 まとめ 2014年にマウントゴックス事件が起きましたが、2018年になった今でも裁判は続いています。カルプレス氏が容疑をかけられ逮捕されましたが、事件に関与していると新たにビニック氏が逮捕されました。さらに、破産管財人の弁護士が430億円の仮想通貨を売却し、マウントゴックスの亡霊が相場急落の引き金を引いたとして、避難の声が浴びています。今後、マウントゴックスはどうなってしまうのでしょうか。

ニュース

良くも悪くも影響を与える「規制」 仮想通貨市場の今後とは

値動きが激しく、常に激しい上下動を繰り返している仮想通貨市場。仮想通貨の投資家たちは、歓喜することもあれば、肝を冷やしたこともあったことでしょう。一部の専門家は、仮想通貨市場は成熟が進行し「安定期」にさしかかる可能性があると言います。 減少したビットコインの取引量 仮想通貨の元祖である「ビットコイン(BTC)」の取引量は急激に減少しています。その背景には、世界中で規制の動きが広がっていることが挙げられます。 特に中国では「ビットコイン投資」に対する警戒心を高めていると言います。また、大手SNSでは仮想通貨に関する広告は禁止され、Google検索でも、その名が検索上位ワードに入ることがなくなってきています。 1,000種以上もある仮想通貨の価格を左右するほどの影響力を持つのがビットコインです。ビットコインの価格は、2017年の末には2万ドル近くをマークしたのち、70%の大暴落しました。急成長を遂げた末の暴落は、ビットコインの存在意義を見失いつつあると言えます。 リサーチ会社「データトレック」創業者ニコラス氏は 「ビットコインには新しい物語が必要」「何らかの形で機関投資家の参加があれば、もう一段伸びる可能性はいくらでも考えられる」 と述べています。 この発言は、何かしらのきっかけでビットコイン、ひいては仮想通貨市場は依然として、伸び代があることを示唆しています。 良くも悪くも影響を与える「規制」 海外送金をスピーディに行えるのがビットコインのメリットの一つです。しかし、これはデメリットにもなり得るといいます。もしこれまで以上に規制が課せられたとしたら、そのメリットをすぐに失う恐れがあるからです。 また、「規制」は全てに対して良い影響を与えるものではありません。AmazonやGoogleなどのアメリカの大手企業の株の動きを見ると「規制リスク」が原因でボラティリティが大きくなっています。これは数年前と比較すると、現在は不振に陥っていると言っても過言ではありません。 確信が持てない市場 仮想通貨取引に関するプランを公にしている機関投資家はほぼ存在していません。それは仮想通貨の流行が、一時的なものなのかどうか確信が持てないからだといいます。しかし、アメリカの大手情報企業「トムソン・ロイター」の調査によると、金融機関の5社に1社は、1年以内に仮想通貨取引を検討しているそうです。 まとめ 「規制」と「発展」の岐路に立たされている仮想通貨市場は、安定を迎えるときは来るのでしょうか。先人たちが長い歴史の中で「通貨」を生み出し、発行者や利用者の双方の利便性を追求しながら変化を続けています。現在は、法定通貨から仮想通貨への「転換期」なのかもしれません。未だ発展途上と言える仮想通貨市場の動向に注目が集まります。

ニュース

SBIホールディングスが仮想通貨取引所を開始宣言 BCHとXRPに注力

2018年の3月SBIホールディングスは、決算説明会で配布した資料の中で「規制当局の動きを見極めつつ、本格的な開始日については2018年夏に結論を出す見込み」と言及しました。 普段決算説明会に顔を出さない全国紙やテレビ局までもが駆けつけたそうですが、用意された席数よりも上回るものとなったそうです。 延期していたサービスの開始 「本格的なサービス開始は早くて夏に結論を出し、すぐに始めるつもりです。我々の経営資源を総動員して、ナンバーワンになります。」と、決算説明会の中盤で自信満々に語った北尾吉孝社長。 SBIが考えた仮想通貨取引所は、突然に思いついたわけでは無いようです。2016年の11月に同社は、SBIバーチャル・カレンシーズという子会社を創設しました。仮想通貨交換業の登録を2017年の9月に済ませ、2018年の1月30日に一部の顧客を限定対象としてリップルが発行する仮想通貨「XRP」の試験販売を行ったそうです。 しかし、2018年の2月27日に取引所開設の時期の延期を、中国にある大手の仮想通貨事業フオビグループと、3月9日に資本・業務提携の基本合意取りやめを表明しました。 取引所は早くて夏に開始される? SBIホールディングスの事業が遅れている理由は、コインチェックでの仮想通貨流出事件や、その後の事業環境の変化などを踏まえて、正式に事業を始める時期を慎重に考えていたことが原因となるようです。 金融庁による登録済み業者を含んだ行政処分の増加や、コインチェック事件を踏まえてのセキュリティ強化、そして市場の取引ボリュームの減少など、当局の動きを見極めつつ2018年の夏までに開始日の結論を出すことを北尾社長は宣言し、「どうせ私どもがやりだしたら、あっという間にナンバーワンになる。」と余裕を見せながら述べていました。 他社との連携について、北尾社長と無二の友人の孫正義氏が率いるソフトバンクと、もう一度タッグを組む可能性を聞かれると「ヤフーのことも含め過去に検討したことはあるが、魅力的とは思わない。自社でやる」と固く決めているようです。 また、コインチェック買収の話を持ちかけられたことに対しても「自社でできるから買う気には全くならなかった」と、自社で仮想通貨事業を邁進していく姿勢を明らかにしていました。 BCHとXRPに力を入れるSBI SBIの仮想通貨取引所では、ビットコイン(BTC)をはじめイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)の4種類を取り扱っていくようです。その中でビットコインキャッシュとXRPの2種類を中心に注力していくとのことです。 「ビットコインは80%強がマイニングされ尽くし、希少資産として売る人が少なくなっている。他の用途に使えないし、決済通貨としてもしんどい。価格も高くなりすぎている。」と、北尾社長はビットコインをバッサリ切り捨てています。 反対に、ビットコインキャッシュやXRP対しては「実用性があって決済通貨に向いている。送金通貨としても有効。そして、貿易金融でも使える余地があるとみて働きかけている。」と絶賛していました。 まとめ 証券会社の中で最大手となるSBIホールディングスが、早くて2018年の夏に仮想通貨取引所を開始する宣言をしました。一度、仮想通貨事業を試みたそうですが延期となっていたそうですね。仮想通貨が絡んだ事件が日本国内外で起きているため、新しくサービスを始める時期を慎重に考えていたという理由もわかります。SBIの今後の動きを注目していきたいですね。

ニュース

ビットコインが好調!約1ヶ月ぶりとなる100万円の大台に

2017年の末には、高値をキープしていた仮想通貨市場は、今年に入ってからは軒並み下落し「氷河期」に突入したといえます。値動きが激しい仮想通貨市場は、その流れを読めない限りは、利益を得ることが難しいとされています。 そんな中、仮想通貨の元祖「ビットコイン(BTC)」は3月末頃は70万円代をさまよっていましたが、約1ヶ月ぶりに100万円代を突破しました。そして現在も堅調と言えます。 このビットコイン急騰の理由のひとつに、「米国が確定申告の通過」をしたことで、新規買いが相次いで見られることがあげられます。昨年末のような「仮想通貨旋風」をもう一度巻き起こすことは出来るのでしょうか。 2017年はわずか一年で23倍に 数千種類ある仮想通貨の中で、世界最大規模の「ビットコイン」の高騰は連日メディアなどで報じられ、大きな話題を呼びました。 昨年末ビットコインは230万円という史上最高値をマークしました。その前年の同月は10万円前後だったため、たった1年足らずで23倍もの高騰をみせたことになります。 しかし、最高値をマークしたときを境に、それ以降はビットコインの価格は右肩下がりになり、アルトコインであるリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)も1月頃をピークに下落への一途を辿りました。そして追い討ちをかけるように、日本の仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」がハッキング被害に遭い、巨額の流出事件が起こりました。 「暴落」と「事件」これらにより仮想通貨市場は怪しいもの、などと世間にネガティブな印象を植え付けることになりました。また、同様の事件は海外でも後を絶ちません。厳格なルール作りが急務とされいる仮想通貨市場。日本では、仮想通貨交換業者が加盟する「日本仮想通貨交換業協会」が発足しました。 まとめ ビットコインは3月末に70万円代にまで落ち込みました。その要因のひとつに、世界各国で仮想通貨を規制する動きを見せていることがあげられます。その後、緩やかに右肩上がりを継続していたビットコインは、ついに100万円の大台に乗りました。これに対してユーザーからは、「あくまでも一時的な回復」との見方をする声が多くあがっていて、誰もが警戒感を強く持っている様子だといいます。果たしてこのまま順調に高騰し、ビットコインは仮想通貨市場を牽引していくことは出来るのでしょうか。今後も仮想通貨市場から目が離せません。

ビットコイン

「ビットコイン」とは?初心者のために特徴や仕組みを解説 

仮想通貨の代名詞「ビットコイン(Bitcoin)」は現在、世界中から注目を浴びていて日本でもメジャーになりつつあり、CMやメディアでもその名を聞く機会は増えたように思います。「仮想」という言葉の響きも相まって「お金儲け目的の怪しい世界なんじゃないの?」と捉えている人も少なくないようです。 事実、ビットコインは短期間で儲けを狙う「投機目的」の売買が盛んに行われています。しかし、それはほんの一面にすぎません。なぜならビットコインは、単なるコインの一種ではなく、世界を変えてしまうほどの可能性を持つ仕組みや、革新的な新しい技術に基づいたものなのです。 ビットコインの購入自体は、非常に簡単に出来ますが、安易に購入に踏み切るのは注意が必要です。そこで今回は、仮想通貨初心者の方に向けて、ビットコインの概念や基礎知識を解説していきます。 仮想通貨の元祖「ビットコイン(Bitcoin)」とは ビットコインとは、インターネット上でやり取りができる仮想通貨のひとつです。「仮想通貨=ビットコイン」または「ビットコイン=仮想通貨」というイメージすら持っているかもしれませんが、実は仮想通貨は世界中に1000種類以上もあると言われています。 仮想通貨はスマホやパソコンさえ使えば、簡単に世界中の誰にでも24時間365日、個人間で送金をすることができる通貨です。 現在、世の中のほとんどがインターネットと繋がっていると言っても過言ではありません。また、スマートフォンの普及により誰しもがインターネットを使うのが常識のようになり、私たちの生活から切っても切れない関係性と言えます。 そして瞬く間に広まったのがビットコインなどの仮想通貨。インターネット上でやり取りができる「通貨」も現実世界で使える「貨幣」も、ほぼ差が無くなってきたということになります。 ビットコインは「電子決済システム」 ビットコインは「電子決済システム」でもあり、紙幣や硬貨のように実態(実物)がありません。 システムが通貨という概念を生み出しているというわけです。 ゲームの世界で使えるコインを考えてみましょう。ゲームの中では、通貨をしばしば「1G」などと表現され、例えばゲーム内でアイテムを買う時、G (ゴールド)を消費して購入することができます。 当然、実際のお金が発行されるわけではありません。しかしゲーム内で使うコインを、私たちは“コイン(通貨)として認識”しています。 日本の通貨の単位は「円」ですが、ビットコインは「BTC」と表現されます。ビットコインは物質ではないため、ゲームの例と同様に、私たちが“コイン(通貨)として認識”していると言えます。 ビットコインが通貨として始まったのは 2010年5月22日にビットコインとピザの交換が成立したのが最初の取引、という嘘のような本当の話があります。 当初ビットコインは仲間内のみでやり取りされていた「ゲーム通貨」のようなものでした。 ある時「ビットコインとピザを交換しませんか?」というメッセージを見た人が実際にピザを届けて、1万BTC( 10,000ビットコイン)と交換したといいます。これによりビットコインは初めて「現金」と同じ地位を確立し「ビットコイン決済」の始まりとされています。 ビットコインを利用する上で重要な「ウォレット」 一般的にビットコインを利用するには、インターネット上に存在する「取引所」に口座を開設し、そこに自分の預金を預け、換金をしなければなりません。 購入した後は、コインを「ウォレット」という仮想通貨専用の財布に保管をします。 ウォレットは大きく分けて2つあり、ネット上に保管する「ネットワークウォレット」(ホットウォレット)と、ネットから切り離された状態のウォレット「コールドウォレット」があります。 近年、日本でもビットコインで商品の代金を支払える、Amazonなどのインターネットショッピングや、実店舗も増加の傾向にあり、中でも有名家電量販店「ビックカメラ」ではビットコイン対応店舗は群を抜いています。もちろんこれらの支払いも「ウォレット」を通じて送金されます。 ビットコインの特徴とは ビットコインの最大の特徴は大きく分けて2つあります。 1.コンピューによる自動発行で国や銀行が関与していない 2.発行上限量が定められている 特徴-1 コンピューによる自動発行で国や銀行が関与していない 私たちが普段使っている1000円札などの「法定通貨」は、日本銀行(中央銀行)が発行元となり、その管理下で通貨を流通させています。そしてこれは世界各国でも同じことが言えます。 一方のビットコインは、円やドルとは異なり、コンピューターのプログラムに基づいて自動的に発行されていくため、中央銀行のような「発行元」といえるものが存在しません。 特定の国や銀行が関与することなく、完全に独立しているのです。「特定の国や銀行などの中央機関に依存しないお金」として存在し続けるために、ビットコインは不特定多数の「マイナー」という人々によって「発行」が行われています。 「不特定多数」と表現したのは、実はコンピューターさえあれば、誰しもがもマイナーになることができます。マイナーは自身のコンピューターで「ビットコインの整合性を保つため」の計算(マイニング)を行います。 特徴-2 発行上限量が定められている 中央銀行が発行する法定通貨の発行量は、その国の金融政策などに従って増減されますが、ビットコインは「2140年までに2100万BTCが上限」と定めています。これは法定通貨のように発行する量によってインフレを起こす心配がないということです。 上限があるものの、ビットコインが流通が増えるほど、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)と比較して、その価値を高めるという点が「投資の対象」として注目を浴びる要因のひとつと言えます。 今後の流通量については「マイニング半減期」というものがあり、4年に1度ビットコインのマイニング量が半分に減らされます。採掘作業が進みすぎてしまうことで、一度に多くのにビットコインが掘り起こされてしまい、ビットコインの価値が暴落する可能性があるからです。 まとめ 日本でも、その存在が認められてきているビットコイン。2014年に起きた大事件とも言える取引所「マウントゴックス」をがサイバー攻撃にあったとして破綻した、というニュースは記憶に新しいです。 このようにシステム自体の安全性や信頼性が疑われたこともありましたが、利便性と手数料の安さ、また投機の面など様々なメリットがあるのも事実です。そしてなんと言っても、ビットコインが様々なところで使えるようになっていることです。もしかしたら、あなたの近所の八百屋で、レタスがビットコインで買える日がくるかもしれません。また、それは 近い将来、人類の生活の一部になっていることでしょう。

ニュース

【入門編】「仮想通貨」とは?初心者のために解説

現在、様々なメディアで取り上げられ、世界中から注目を集めている仮想通貨。その名を聞いたことがあっても、それが一体どういったものなのか分からない、という人も少なくないでしょう。 さらに「仮想通貨や暗号通貨やビットコインって最近よく聞くけど実際どうなの?」「株とかFXとかと同じでしょ?なんだか怪しいし危なそう・・・」などとお考えではないでしょうか。 確かに「仮想」という言葉だけに、実在しないもの、価値のないものと考えるのも当然のことかもしれません。しかし「ブロックチェーン」などの仕組みについて理解すれば、仮想通貨は安全なものだと分るでしょう。なぜなら仮想通貨の背景には、非常に高度な技術が関わっているからです。 さて、そんな「仮想通貨」はそもそもどのように誕生し、今に至るのか。そしてどういう仕組みなのでしょうか。今回は、仮想通貨について知識のない初心者の方でも分かりやすく解説していきます。 仮想通貨とは?・・・ずばり。 仮想通貨とは、一言でいってしまえば「インターネット上にのみ存在する通貨」です。つまり私たちが普段使っている1000円札や100円玉のような物質ではないということです。 あくまでも実体のない仮想通貨は、インターネット上にだけ存在し、それらは全てシステムによって管理されています。まさに「新しい通貨」になり得るものと言えます。 仮想通貨はいつどのようにして生まれた? 「仮想通貨」という考えが世間に登場したのは、今から遡ること10年。2008年に「サトシナカモト(Satoshi Nakamoto)」と名乗る者が、インターネット上で論文を公表したことがきっかけです。 その張本人である「サトシナカモト」という人物は、一見すると日本人のような名前ですが、本名なのか偽名なのか、未だに明らかになっていません。 そしてその論文の発表からわずか3ヵ月後の2009年に、論文を見た世界中のエンジニアやハッカーたちによって幾度となく書き換えられ、作られていきました。 このようにして、世界中の頭脳とプログラム技術が集約された結果、今ではほぼ別ものになっているといいます。現在当たり前のように流通しているビットコインは、当時のプログラムから90%以上変わっているほどです。従来の通貨を脅かしつつある仮想通貨は、まさに「革命」と言っても過言ではないでしょう。 これだけは押さえたい!「ブロックチェーン」とは ビットコインなどの仮想通貨が本当に怪しいものならば、まず現在のように爆発的に普及していないでしょう。また、なぜ国や銀行を通すことなく信用を勝ち取っているのか、どのようにして管理されているのか。 その背景には、仮想通貨の根幹である「ブロックチェーン技術」によって成り立っているからです。「ビットコイン最大の発明はブロックチェーン」という声もあるほど、とても素晴らしい技術なのです。 「ブロックチェーン」とは、ビットコインの中核を担う「取引データ」技術のことを指し、取引の記録を「トランザクション」といいます。そして複数のトランザクションをまとめた「ブロック」を、鎖のように連なり保存された状態こそが、ブロックチェーンです。 「分散型」のシステムって何? ブロックチェーンの肝である「分散型」とは、銀行のような特定の金融機関を介さずに利用者同士でシステムを管理し合う構造です。簡単に言うと、銀行などにある大型サーバーで管理するのではなく、大事な取引の記録は、ユーザー同士で「分散」して、お互いに管理し合いましょう、というものです。 このブロックチェーンの仕組みであれば、大量のユーザーがブロックチェーンを共有するため、何かあっても他所ですぐに復旧できます。つまり、従来のように銀行のような中心となる存在を置かないことによって、数個のPCがハッキングや何らかの攻撃を受け、データを改ざんされたところで別の所では正しいデータが生き残ります。このように管理する権限が一箇所に集中しないことにより、システム障害に強い、というメリットがあるのです。 改ざん不可能?ブロックチェーンの安全性とは また、取引ごとに暗号化した署名を用いることが鍵となり、これによって所謂「なりすまし行為」が非常に困難になります。取引履歴データは過去のものと連鎖して保存されているため、データの1部を改ざんしたとしても、過去のデータを含め全て改ざんしなければ整合性が取れなくなります。 ブロックチェーン上に存在する取引記録は、実質改ざんが不可能です。逆に言えば、改ざんが不可能だからこそ「仮想通貨が成り立っている」ということです。それを裏付けるように、2009年にシステムが稼働し始めてから現在までサービスが提供され続けられています。まさに難攻不落と言えるでしょう。 難しくない!「P2P」とは 「P2P」(ピア ツー ピア)は「Peer to Peer」の略称で「Peer」とは、「同格の、同等の」という意味です。つまり「同格のモノから同格のモノへ」ということになります。 前述のブロックチェーンは「P2Pネットワーク」という技術を応用して作成されたものです。ブロックチェーンの理解を、ひいては仮想通貨の理解をより深めるためには「P2Pネットワーク」との関係性が非常に重要になるのでここで覚えてしまいましょう。 一般的なインターネットの仕組み 「P2Pネットワーク」と聞いて、普段パソコンやインターネットをあまり利用しない方や、仕組みについて疎い方は全く何のことか分からないと思います。まずP2Pネットワークを知るには、一般的なインターネットの仕組みについて考えてみます。 通常、インターネットには、サーバーとクライアントがいます。 クライアント=依頼者 サーバー=サービス提供者 となります。 私たちが普段、スマホやパソコン(クライアント)でGoogleやヤフーなどの検索エンジンや、メールを自分の意思で自由に使い、ネットワークを介して「サーバー」という、巨大なコンピューターに接続(アクセス)しているからなのです。 「P2P」の仕組みとは 一方で、P2Pの仕組みとは、従来のネットワークシステムの常識を完全に覆したものになります。「サーバー」を介することなく、クライアント同士でのやり取りが可能となりました。つまり、各々のスマホやパソコンが、“クライアントでありサーバーでもある”のです。 先ほどレストランの事例を挙げましたが、P2Pに関してはお互いに、牛丼屋とラーメン屋を営んでいるようなものです。 牛丼屋がラーメン屋に「ラーメン一つください」と頼み、ラーメン屋が提供します。 ラーメン屋が牛丼屋に「牛丼一つください」と頼み、牛丼屋が提供します。 これで立場が完全に対等なものとなりました。 「LINE」や「Skype」もP2P? 有名なところでは「LINE」や「Skype」もこのP2P技術を利用しています。日常的にネットを使わない方でもLINEを使用している方も多いと思います。このLINEというWeb上のサービスは数億人という単位の利用者がいます。 このように、ビットコインなどの仮想通貨を取引しようとした時、巨大な1つのサーバーに頼らず負荷を分散させたほうが、いかに安全に運営していけるかは想像に容易いでしょう。 まとめ 果たしてビットコインなどの仮想通貨は私たちにこれからどのような未来をもたらすのでしょうか。仕組みについて学ぶことによって、物事の面白さや将来性が見えてくるものです。しかし、その本質を知るのであれば「百聞は一見にしかず」これに勝るものはありません。 実際に触れることでその利便性や問題点を実感するのが一番です。幸い日本では、取引所が規制の対象となったため、比較的安心して取引を行うことが可能です。仮想通貨を知ることは世界を知ることと同等の価値があると言えるでしょう。