CATEGORY ビットコイン

ニュース

「キムチプレミアム 」消滅?現在の韓国の仮想通貨市場とは

韓国の「仮想通貨の取り引き額」は2017年には世界3位という結果になりました。韓国の人口は約5千万人ですが、そのなかでもおよそ300万人にも上る人々が、ビットコインなどの「仮想通貨アカウント」を所持していたとのデータもあるといいます。昨年からの仮想通貨ブームが進む中で、韓国における市場の相場は、アメリカよりも30〜50%も高くなりました。 韓国国内において、ビットコインが他国の取引所よりも高いレートで取引される状態、これが韓国の「キムチプレミアム」と呼ばれるようになりました。 「キムチプレミアム」と呼ばれるようになった背景 韓国における仮想通貨市場「キムチプレミアム」と呼ばれるようになった背景には、韓国では土地や株などに興味を示さなくなった投資家たちが、ビットコインなどの「仮想通貨」を新たに投資目的で選んだことがあげられます。 日本と同様にスマートフォンの普及率が非常に高い韓国で、危険を顧みないを投資家らがこぞってに資金を仮想通貨に投入した結果こそが、熱狂的なバブルの発生となりました。 「キムチプレミアム」は消滅か その後、他の国と同じくして、韓国政府は仮想通貨取引に対する規制を強化しました。2018年1月以降、「キムチプレミアム」は消滅しつつあるといいます。この一因に、仮想通貨の時価総額を表す「コインマーケットキャップ」にあるといいます。同サイトは、「韓国でのBTCの価格が他国に比べあまりにもかけ離れている」これを理由として、平均価格の算出から韓国の取引所の価格を除いたのです。 コインマーケットキャップの情報は、世界中の多くの投資家が基準とするものです。当然市場には大きな混乱となりました。突如韓国の価格だけが除かれたため、「平均価格」は暴落したようにうつり、数多くの投資家が売りに出したのです。その結果、2月上旬には、韓国のBTCの価格は約400ドルにまでになりました。 その後から現在に至るまで軟調となり、ブーム前を思い出させる「落ち着き」を取り戻しています。その一方で、大手銀行や名のある企業らは、引き続き仮想通貨及び、仮想通貨の中核を担う「ブロックチェーン」領域への投資を止めていないそうです。 まとめ 韓国の金融機関は、日本と同様の懸念を持っているといいます。わずかな間に仮想通貨市場が急成長を遂げたことを受け、韓国の金融監督管理委員会は、企業銀行口座の調査を開始し、匿名での取引を禁止、アカウントの「実名登録」を義務づけました。このようにして「キムチプレミアム」の消失しましたが、これが仮想通貨に多かれ少なかれ影響を与えたことでしょう。今後の韓国の仮想通貨市場に注目が集まります。

ニュース

カナダ大手電力会社イドロ・ケベックがマイナーへの電力提供を停止

カナダの大手電力会社イドロ・ケベックは、ケベック州の全体にエネルギーを均等に供給する義務を果たすため、仮想通貨のマイニング(採掘)を行う「マイナー」からの「電力要請」の処理を一時停止することが明らかになりました。 ケベック州政府「関心がない」 2018年3月ケベック州政府は、マイナーに低コストで電力を提供することには「関心がない」と述べていました。ケベック州最大の都市、モントリオールでの会議で、フィリップ・クイヤール州の首相は「新たにBTCを得るためにマイニング(採掘)するサーバーを所有することに付加価値を見出せない」として、経済に付加価値を生むことのない仮想通貨のマイニングは好ましくないとことを示唆していました。 今年に入ってからというもの、ケベック州は世界中の仮想通貨マイニング業者から多くの注目を集めています。イドロ・ケベック社の低コストな卸売電力を利用したいと「提携」に関する問い合わせが相次いでいるといいます。 同社は、膨大な電力が消費されることから、マイニング業者全てには供給出来なくなるとの懸念を述べています。また、マイナーに対して電気料金の引き上げも検討しているといいます。 イドロ・ケベック社の短中期的な発電能力を超える 今月7日、イドロ・ケベック社は、ブロックチェーン企業から今までに経験したことないほどの需要を受けていて、その需要とはイドロ・ケベック社の短中期的な発電能力をゆうに超えるほどだといいます。 これによりケベック州政府は、同社に対して、仮想通貨マイナーへ向けた電力の販売を停止させるようイドロ・ケベックに命じました。また、このカテゴリーの電力消費者に向けた新しい枠組みを構築していくことも発表しました。 イドロ・ケベック社は、ケベック州のエネルギー規制当局にブロックチェーン業界からの機会を逃さないために、として、選定手続きを近日中に提案するそうです。規制当局は同州にとって「経済効果の高い企業」を選ぶことになるといいます。 イドロ・ケベック社CEOフィリオン氏は 「ブロックチェーンはイドロ・ケベックにとって有望な産業と認識している。だがこの業界の発展は他の当社の顧客の電気料金の増加なしで行われなければならない。ケベック州全体でのメリットが最大化するようなガイドラインが必要。当社はエネルギー公社の手続きに積極的に参加し、ガイドラインが早急に策定されるように努める」 と述べています。 まとめ 仮想通貨のマイングにおける膨大な電力の消費は深刻な問題となっています。マイニングの報酬として仮想通貨が発行され、それを「報酬」として受け取れます。しかし、一個人がマイニングを行うには報酬という「利益」より「電気代」のほうが高くついてしまうほどです。またマイニングによる火災の危険性があるという懸念材料もあります。仮想通貨に関するエネルギーの消費と需要に及ぼす影響についての私たちはもう一度考え直す必要があるかもしれません。

ニュース

SEC委員長がBTCは証券ではないと主張しICOに対する見解を示す

SEC(アメリカ証券取引委員会)の委員長を務めるジェイ・クレイトン氏は、ソブリン通貨の代替手段として取り扱われるようになっているビットコイン(BTC)は証券ではないと主張しています。 ビットコインは代替手段 クレイトン氏は、市場における効率性を高める分散型台帳技術について「驚くべき約束をしている」とした後「ビットコインは、円やドルといったものの代替している。このタイプは証券ではない」と、仮想通貨がソブリン通貨を代替しているという考えを述べました。 BTC以外の資産に関して、これは証券であるかどうかについてクレイトン氏は言及せず 「AがBにお金を渡し、Bがベンチャー企業を立ち上げるとする。そして、お金のリターンをAに与える。これが証券だ。我々はそれを規制しており、証券の発行や取引を禁止している。」 と、デジタル資産として取り扱われるトークンは証券として扱われるという見解を示しています。 ICOに対する見解 ICOは証券か否かということについてクレイントン氏は「もしそれが証券なら、我々は規制する」としています。 アメリカでは、証券とみなされた金融商品の取り扱いはSECが許可した取引所でしかできず、もしもICOで発行されたトークンが証券とみなされた場合、上場している多くのトークンが廃止まで追いやられる可能性があるため、クレイトン氏は仮想通貨市場に対して比較的ネガティブな発言をしていました。 クレイトン氏は、ICOのためにSECは証券の定義を変更するつもりはないとし、ICOが「長い間、機能してきた証券の定義を覆すものではない」と語っています。 イーサリアムとリップルは証券扱いに拒否 2018年、2月に行われたアメリカ議会公聴会に出席したクレイトン氏は、ブロックチェーンの分散台帳技術を絶賛し、これまでSECが見てきたICOは全て証券とみなされると述べています。 また、イーサリアムとリップルが証券かどうかという議論が巻き起こっており、イーサリアムの創始者の1人であるジョセフ・ルービン氏は証券であることに強く否定し、リップルも証券に分類されることを拒否しています。 一部の投資家から、未登録の証券を販売していると集団訴訟を起こされているリップルは最近、元SEC委員長を代理人として雇っているようです。 SECが詐欺サイトを設立 現在、SECはICOに関する投資家の教育に注力しており、その一環で「Howay Coins」という詐欺ICOサイトを設立しているようです。 ホワイトペーパーからチームメンバーなど、あたかも本当のICOのサイトのように作られており「Buy Coins Now!」をクリックすると、SECの注意勧告ページに移るようなっているそうです。 さらに、トークンセールの分野に初のアドバイザーを任命するなど、ICOをよりクリーンな資金調達方法としてサポートしていく方向性を示しています。 一見、ICO市場の拡大が考えられますが、証券を発行する際の条件を満たさなければならないため、信用が低い企業によるICOは難しくなることが予想されます。 まとめ SECのジェイ・クレイトン委員長が、ビットコインは円やドルの代替手段として取り扱われていることから、証券ではないと主張しています。一方で、デジタル資産として扱われるトークンは証券とみなしています。また、今まで仮想通貨市場に対してネガティブな発言をしてきたクレイトン氏は、ICOに対しての見解を示しています。イーサリアムとリップルが証券かどうかについての議論も繰り広げられており、今後の言動から目が離せません。

ニュース

アメリカのサスケハナが仮想通貨取引へ参入 BTC(ビットコイン)先物取引から開始することを発表

アメリカの「サスケハナ・インターナショナル・グローバル」が、仮想通貨取引に参入することを発表しました。 まずはビットコイン(BTC)の先物取引から開始するとしています。 サスケハナ・インターナショナル・グローバルとは ペンシルバニア州のベラ・カヌイドに拠点を置き、世界最大の金融企業の一つとして知られており、株式やオプション取引、ETF(上場投資信託)といった金融サービスを手掛けています。 株式非公開のサスケハナは、過去2年に渡って非公開取引における仮想通貨売買のための取引デスクを形成しています。 現在のサスケハナは、顧客数が500という小さなグループに、仮想通貨を提供する計画を立てているようで、将来的にはこのサービスを拡大する方針だそうです。 仮想通貨への信頼 サスケハナの資産グループ責任者を務めるバート・スミス氏によれば、ビットコインをはじめとする仮想通貨には幅広い使用用途があると考えているようで「この流れは永遠になくならない。テクノロジーやアセットクラスといったものたちが、金融サービスの側面を変えていくと信じている」と述べています。 サスケハナは、アメリカの規制当局が有価証券とみなしている仮想通貨の取引を行うため、ブローカーディーラーライセンスを修正し、規制当局に承認されたことを確認しました。 また、サスケハナは仮想通貨を保管する独自のシステムも構築しており、秘密鍵はコンピュータシステムと接続されないオフサイト設備にあるデバイスに保管されるため、ハッカーからの攻撃にもより抵抗力があるとされています。 金融企業の参入相次ぐ また、同国の大手投資会社であるフィデリティ・インベストメントが、パブリックおよびプライベートの仮想通貨取引所の開設のために人材採用に取り組むことを発表しています。 2兆を超える資産を管理するフィデリティの顧客は、金融資産に加えてビットコインを保有することができます。 そして、仮想通貨取引所開設のため社内で求人を出し、DevOpaシステムエンジニアを探していると通知しているようです。 フィデリティは仮想通貨を直接的に扱う金融企業の1つとして、仮想通貨取引所の開設に向けて作業を進めています。 まとめ 仮想通貨取引に参入する金融企業は増えてきており、アメリカの金融企業サスケハナが仮想通貨取引への参入を発表しました。同社はビットコインをはじめとする仮想通貨への信頼性が高く、金融サービスの側面を変えていくと信じているようです。また、同じ金融企業のフィデリティ・インベストメントも、仮想通貨取引所の開設のため人材採用に取り組むことを発表しています。金融業界の今後の動向に、世界から注目が集まります。

ニュース

リトアニア「コレクション用仮想通貨」の発行をする計画が進行中

ヨーロッパ・バルト三国のひとつである「リトアニア」は2018年、独立100周年を迎えます。リトアニアの中央銀行が、世界初となる計画をしているといいます。それは「コレクション用の仮想通貨の発行」をすることです。 このため、世界中からIT企業やブロックチェーンの専門家らを募っています。6月2日、リトアニアの首都・ビリニュスで、技術者たちが集合しプログラムを開発するイベント「ハッカソン」を開催しました。 リトアニア「ハッカソン」開催 このイベント「ハッカソン」で、見事優勝したウクライナのIT(情報技術)開発者チーム設計の試作品は、既存の仮想通貨の中核を担うブロックチェーンに基づいたものではなかったそうです。仮想通貨ビットコインなどの取り引きを支える「P2P(ピアツーピア)」の特徴である「分散型」はひとつの場所で管理を不可能としています。しかし、これに対しリトアニアの中央銀行は、一層プライベートかつ管理し易いシステムの導入に積極的な姿勢をみせているといいます。 今回の開催されたイベントで審査員を務めた、貨幣学者のユリュス・ヤンカウスカス氏は 「今回のプロジェクトは実体のある通貨とつながった仮想通貨を発行することが狙い」と説明したうえで「購入者はこの仮想通貨を買って、複数回売却することができる。もしも銀行で実体のある通貨と交換すると、仮想通貨の価値は失効する」 と述べています。 「コレクション用仮想通貨」発行の実現なるか リトアニア中央銀行は、2018年中に仮想通貨や金種発行日について決定する予定だそうです。今回の「仮想通貨発行」は、100年以上が地図上から無くなっていたリトアニアが、1918年に再び独立国家となってから今年100年を迎えることを記念するイベントの一環と位置付けられています。 リトアニアをはじめとするバルト三国の政府は、仮想通貨の中核を担う「ブロックチェーン技術」などを用いて、金融サービスをより良いものにしていく、という協定をすでに結んでいます。 つまり、今後 ブロックチェーン技術が今以上に進化を遂げ、商業銀行が承認しざるを得ないほどのレベルの安全性が確保されることで、リトアニアの仮想通貨に関連するサービスが一気に普及していくこともかもしれません。 まとめ 今年リトアニアは、オーストラリアや中国とタッグを組み、「Blockchain Centre Vilnius(ブロックチェーン・センター・ビリニュス)」を開設し、ブロックチェーンの活用からベンチャー企業の事業を促進するのが目的だといいます。また、エストニアとリトアニアの首都には「ビットコインATM」が設置されています。このようなことからも、リトアニアはビットコインなどの仮想通貨に対して積極的な姿勢をみせていることが分かります。次に仮想市場に大きな影響を与えるのはリトアニアの言動かもしれません、今後も注目が集まります。

ニュース

もう1人のApple創立者スティーブ・ウォズニアック氏「BTC(ビットコイン)が唯一純粋」

Apple創立者であるスティーブ・ウォズニアック氏が、ビットコインについて「純粋なデジタル・ゴールド」と述べました。 スティーブ・ウォズニアック氏とは Appleの創立者といえばスティーブ・ジョブズ氏が真っ先に頭をよぎりますが、実はもう一人のカリスマ的存在であるスティーブ・ウォズニアック氏はご存知でしょうか。 スティーブ・ウォズニアック氏はスティーブ・ジョブス氏の旧友であり、2人がいるからこそ今のAppleがあります。 ウォズニアック氏は、自己主張が強いジョブズ氏と対照的に温厚な性格で、初期の「Apple Computer」の技術面を引っ張っていた天才エンジニアとして知られています。 Apple Computerを退社すると、小学生にコンピューターを教えるなど教育活動に専念し、天才エンジニアという名声や人柄から、ウォズアニック氏を崇拝する者は未だ多いと言われています。 唯一純粋なデジタル・ゴールド そんなウォズニアック氏は、2018年6月4日の※CNBCとのインタビューの中で「BTC(ビットコイン)のみが唯一のデジタル・ゴールドだ」「今僕は、1BTC(ビットコイン)と2ETH(イーサリアム)を持っている」と述べました。 大体の仮想通貨を売却しているウォズニアック氏ですが、ビットコインへの信念を改めて表明しています。 また、ウォズニアック氏は 「BTC(ビットコイン)だけが唯一純粋なデジタル・ゴールドだと信じている。完全に分散化され中央のコントロールを持たなければ、他の仮想通貨は全て諦めるだろう。最初だからこそ、ビジネスモデルを持つために諦めなければならない。」 と述べており、ビットコインは他の仮想通貨とは違うと見ているようです。 ウォズアニック氏の純粋な思考 オランダのアムステルダムで行われたMoney 20/20のカンファレンスの場で、ウォズニアック氏はTwitterのCEOであるジャック・ドーシー氏の「ビットコインが世界の単一通貨になる」というコメントを買い取ったとしています。 ドーシー氏は、講演したイベントで2028年までにビットコインが国際通貨になるという見解を披露しています。 ウォズニアック氏は「僕はそうなって欲しいと思っているから、ジャック・ドーシーが言ったことを買うよ。それを信じているわけではないけどね。純粋な思考だよ。」と説明しています。 まとめ もう1人のApple創立者であるスティーブ・ウォズニアック氏が、ビットコインが唯一純粋なデジタルゴールドとしており、大体の仮想通貨を売却しながらも、改めてビットコインへの信念を表明しています。現在は、教育活動に専念しているようですが、1BTCと2ETHを保有していることから、再び仮想通貨を買い戻すことはあるのでしょうか。

ニュース

独銀行の調査で明らかに ドイツ国民が仮想通貨に対する意識とは

郵便貯金銀行にあたるドイツの「Postbank(ポストバンク)」の調査によると、ドイツの国民の大半がビットコインなどの仮想通貨の取引を行う「仮想通貨市場」に対して積極的な関心を持っているといいます。2017年のピークに比べると、今年に入ってからというもの市場は軟調をみせている中、 ドイツ国民はビットコインをはじめアルトコインに対して前向きな姿勢だそうです。 ドイツは仮想通貨に対して積極的な姿勢 ドイツでは、2018年3月に財務省は「決済手段のみであれば、合法の決済手段と同等とみなされる」と発表しています。あくまでも「決済手段」として仮想通貨を利用する場合なれば、課税の対象としない決定を伝えるなどと、ドイツでは仮想通貨に対して好意的な一面を見せています。 今回「Postbank(ポストバンク)」による意識調査の内訳分析とは、性別や世代別によってビットコインなどの仮想通貨に対してどういった興味を示しているかようかなどのデータも提供しています。例えば、仮想通貨に関心がある理由のひとつに、女性からの回答の60%は「規制がなされている」を挙げています。 その一方で、男性かの回答のおよそ半数は「利益が得られる可能性」を挙げ、「規制と高利益率」と答えたのは、女性は36%男性で51%という結果になりました。 ドイツでは18〜34歳の世代からの支持 世代として仮想通貨の人気は、18〜34歳の間の若い世代からの支持を得ていて、この年齢層のおよそ半分の46%が仮想通貨による投資に興味があると答えています。 また、そのうちの6%がすでに投資を開始しているといいます。「ポストバンク」のデジタル部門の責任者であるトーマス・マンゲル氏はプレスリリースの中で、2018年に入ってから数か月間の価格の下落は仮想通貨人気に影響していないようだと述べています。 その一方で仮想通貨が「投資対象」として利益を得れるチャンスとリスクに関する知識が不足しているためだとして警鐘を鳴らしています。 トーマス・マンゲル氏は 「あらゆる魅力があるにもかかわらず、若い投資家たちは、確立した銀行システムから提供されている物事を忘れてはならない。すでに証券投資をしている人も、高いリスクを伴う仮想通貨には決して投資するべきではない。このタイプの投資はきわめて投機的だ」 と述べています。 まとめ 金融サービスの提供する企業であるドイツの取引所「Deutsche Börse AG」は、にビットコインなど仮想通貨に関連するサービスを提供することを検討していることが先日明らかになり、ドイツは仮想通貨に対して積極的な姿勢をみせていることがわかります。チャンスとリスクが混同するのが仮想通貨市場です。日本でも「億り人」などともてはやされ、まさに「一攫千金」を掴んだ人は確実に存在します。しかしその裏には、資産を失った人も多数います。安易に投資を行うのは大変危険な行為と言えます。正確な情報を身につけてから参入するべきでしょう。

ニュース

価値が上がる?ロシアワールドカップが仮想通貨市場に与える影響とは

世界有数の情報誌・米フォーブス誌によると、2018年6月14日よりロシアで開催されるサッカー「2018FIFAワールドカップ(W杯)」で、さまざまな国からのサポーターが、宿泊費などでビットコイン(BTC)などの仮想通貨による支払いが増えることが予想され、ビットコインをはじめとする仮想通貨全体の値上がりが促進される可能性があるといいます。 ロシアで高まる仮想通貨市場への意識 アメリカは2014年に「制裁」を発動したことで大手クレジットカード「VISA(ビザ)」と「Mastercard(マスターカード)」が一部のロシアの銀行顧客が持つカードを凍結しました。これにより、両者は「電子決済」をするなどして制裁から迂回する手段を探っているといいます。 そんな中、ロシアのホテルや航空会社や飲食店の一部では、ビットコインなどの仮想通貨による決済を受け入れる動きを見せています。そのため海外から訪れるサッカーファンの一部は、便利に利用できる「仮想通貨での決済」を選ぶとみられているといいます。 このように、さまざまな国からロシアへサッカーファンが足を運ぶことが予想されているため、ロシア政府の方針も仮想通貨を、より合法的な取引として認める方針に進んでいるため、企業側が我先にと、導入をスタートしている模様です。 また、ある調査結果によると、ロシア国民の過半数がビットコインについてある程度の知識があるとしています。さらに、他の調査では『Биткоин(ビットコイン)』という言葉が、ロシアのソーシャルメディアにおいて人気のあるキーワードであるとも発表されているそうです。 FIFAワールドカップ(W杯)が仮想通貨市場に与える影響 現在、仮想通貨市場はピークに比べると軟調であると言えます。前述のように、W杯が開催されることが影響し、仮想通貨ビットコイン(BTC)使用する件数が増えたとすると、当然価格の上昇が期待されます。アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)市場もビットコインに追随するように、全体的に価格が上昇する傾向が復活する可能性があるといいます。 最近ロシアの都市の一部で、ビットコイン(BTC)関連のサービス提供が増加している傾向にあります。ロシアは「仮想通貨取引」を合法化させる法案を今夏に通す見通しとなっていますが、それに先駆け、一部の企業は決済導入を開始または検討しているといいます。 ホテルや航空会社や飲食店をはじめ、現にロシア南部の都市でタクシー会社が仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash/BCH)による決済の受け入れを開始しています。 仮想通貨へ対するの意識の背景にはW杯 プーチン大統領は仮想通貨へ積極的な姿勢をみせている? 一部スーパーマーケットに「ビットコインATM」が導入されているようです。このビットコインATMは、ロシアの法定通貨「ルーブル(RUB)」という現金はもちろんのこと、現地で使用されている多くの電子決済方法を受け入れています。さらに仮想通貨ビットコインの購入も可能とのことです。 やはり、このような背景にはロシアで開催される「2018FIFAワールドカップ(W杯)」があります。世界中から詰めかける海外からの訪問者により20億ドル相当の流入があると期待されています。その流入の一部は「仮想通貨による決済」になることでしょう。 ロシアのプーチン大統領は 「ブロックチェーンテクノロジ-の開発や発展に遅れをとってはならない」「ブロックチェーン技術が必要である。石器時代が終わったのは、石の欠如のためではなく、新しい技術が登場したため。このブロックチェーンテクノロジー競争の後半には、先駆者に完全に依存することになる」 と、述べています。 このように、仮想通貨に対して積極的な姿勢をみせています。 その一方で、プーチン大統領は、ビットコインなどの仮想通貨の「価値の保存の機能」について懸念の色を示しています。 まとめ 前回2014年に開催されたワールドカップ(W杯)のトーナメントでは、世界中で32億人以上が視聴したといいます。FIFAの発表によると、今大会の分配金は史上最高額となる7億9100万ドル・900億円相当となったそうです。また、開催国であるロシアでは、ワールドカップの運営をしていく上での経済効果として、およそ1〜4兆円の経済効果が見込まれているようです。 W杯のために世界中のサッカーファンたちがロシアの国を訪れ、ビットコインなどの仮想通貨による決済を行うことにより仮想通貨全体の値上がりが期待できるかもしれません。今後仮想通貨対してプーチン大統領はどのような規制と発展をみせるのでしょうか。言動に注目が集まります。

ニュース

リップルCEO「ビットコインが仮想通貨市場へ与える影響力はいずれ減少する」

仮想通貨市場は「ビットコイン建て」でアルトコイン(BTC以外の仮想通貨)が取引されているという理由からも「ビットコインの価格が下がると他の仮想通貨も下がる」とされています。仮想通貨の「基軸通貨」であるビットコインが市場に与える影響力は相当なものと言われています。 そんな中、ニュースメディアCNBCによると、Ripple(リップル/XRP)のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、ビットコインが与える仮想通貨市場の価格への影響力はいずれは減少すると考えているそうです。 10年後99%の仮想通貨が無くなる?リップルCEOの発言 今年に入ってからというもの、依然として軟調が続く仮想通貨市場ですが、情報サイト「コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)」によれば、仮想通貨市場の時価総額は、ピーク時と比較すると、50%以上も減少しているといいます。 リップルCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は下記のように述べています。 「この業界はまだまだ初期の産業です。まだ投機的な動きが市場を支配しておりますが、人々がさまざまなユースケースをよく理解していけば、それが終わるのも時間の問題でしょう。」 現在、ビットコインおよびアルトコインは1,500種類以上が流通しているとされています。しかし、ブラッド・ガーリングハウス氏は、仮想通貨を「新興産業」と例えていて、実にその99%が今後10年で無くなる、と指摘をしています。 「ポンプアンドダンプ(風説の流布)」が広まっている仮想通貨市場 実際に、大半の仮想通貨は具体的なユースケース(活用事例)を持っていないと言えます。「詐欺ICO案件」が横行していて世界各国で問題視されています。仮想通貨およびICOは完全に禁止している国もある程です。 SEC(米証券取引委員会)は、価格を故意に操作する目的で偽の情報を流す「ポンプアンドダンプ(風説の流布)」が広まっているとして、仮想通貨投資家に注意喚起をしています。そして実際に多くの決済が停止されています。 最近ではアメリカとカナダの当局が連携し「仮想通貨一掃作戦」を開始しています。これは詐欺の疑いがある仮想通貨企業やICOを捜査しているといいます。また米証券取引委員会は、仮想通貨における事業に対する捜査を3月に開始しています。 まとめ 仮想通貨市場はまだ若く、法的な整備が追いついていない状況だと言えます。仮想通貨ブームにより、仮想通貨投資の初心者投資家が急増していて「ポンプアンドダンプ(風説の流布)」の威力が高まってる中、リップルは、その実用性の高さからも、今後の展開が期待されている送金システムです。その性能を最大限に活かすことができる仮想通貨がXRPは、ビットコイン(BTC)の値動きに左右されることもなくなるかもしれません。

ニュース

取引所「Bittrex(ビットトレックス)」が米ドル建てで行える仮想通貨取引を開始

アメリカを拠点とする仮想通貨取引所「Bittrex(ビットトレックス)」は5月31日に、米ドル建てで行える仮想通貨取引を開始したことが明らかになりました。ビットトレックスで交換が可能となる仮想通貨は、BTC(ビットコイン)、USDT(テザー)、TUSD(トゥルーユーエスディ)の3種類といいます。 ワシントン州、カルフォルニア州、ニューヨーク州、モンタナ州の法人ユーザーに限ってのサービス開始となるものの、対象となるエリアと顧客を拡大していく予定であると伝えています。 「Bittrex(ビットトレックス)」がついに米ドル建てに対応 アメリカの仮想通貨取引所「Bittrex(ビットトレックス)」は、取り扱っている仮想通貨の種類が多いという特徴があります。2018年6月1日時点では、実に284種にも上ります。また、取引を可能としている通貨ペアも豊富ですが、これまでは、「法定通貨建て」での取引には対応していませんでした。 ビットトレックスは世界に約300人を超すユーザーがいるといいます。今回、米ドル建てで行える仮想通貨取引を開始したことで、取引量と顧客の増加が見込まれます。しかし言語は英語のみで、日本円(JPY)は入金は出来ないため注意が必要です。 一部の取引所で法定通貨建てでの取引の実現が困難 大手である金融機関は顧客の「本人確認」や「資金洗浄(マネーロンダリング)」に対する厳重な規制の影響を受け、匿名性が高く、犯罪に利用されるリスクが高いとされる、仮想通貨事業者との提携に警戒する動きをみせる傾向があります。 このような背景により、一部の仮想通貨取引所は、ビットトレックスの「米ドル建て」のような法定通貨建てでの取引の実現が困難だといいます。大手情報サービス会社「ブルームバーグ」 にれば、今回のビットトレックスが法定通貨建ての取引が実現した背景には、アメリカ「シグニチャー・バンク(Signature Bank)」との提携が大きく影響しているそうです。 「Bittrex(ビットトレックス)」のCEOであるのビル・シハラ(Bill Shihara)氏は「信頼を勝ち得た」と述べていています。 まとめ 大手仮想通貨取引所「Bittrex(ビットレックス)」は多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。日本の取引所の取り扱い数の平均は5種類程度なので、その種類は相当なものだということがわかります。さらに今回ユーザー待望となる米ドル建てを実現したことにより、さらに発展していくことでしょう。 また、今年3月に同取引所での取り扱う仮想通貨80銘柄の廃止することを発表したことで注目が集まりました。これはネガティブな一面だけではなく、ユーザーはより安全に取引所を利用できるようになったと言えるでしょう。今後も「Bittrex(ビットレックス)」に目が離せません。